David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

K-1PREMIUM2007Dynamite!!~TV観戦感想

2008-01-01-Tue
いちおう見たんで、感想書きます。

全体的には、なんというか、所謂「かみ合わない」というか、力関係が一方的みたいな、そんな対戦ばかりのような感じですね。本家対アマチュアあったり、本家対他種目みたいな試合ばかりという感じで。ま、全部じゃないのですけれど、試合前からなんとなく、こういう展開でこんな決着かなと思えて、ま、ひょっとしたら違う展開があるかと期待するというようなそんな組み合わせが多いという感じ。

それと、ま、真剣勝負ってのはそうなったらそれで勝った選手がすばらしいわけなんだけれど、KIDの相手の寝技世界一の選手の寝技が一つも見られないって。つまりこれはKIDが相手の土俵に乗らなかったってことなんですけど、なんか、逆にそれがもったいなくて(笑)。一方で、武蔵は相手がたいしたの経歴のない選手だからできたんあけど、相手を全部引き出そうとしたとは思うんだけど、そこでなにか、武蔵の凄さが伝わらなかったんですよね。そもそもないものは引き出せないから、逆になにもたもたしてるんだって~(笑)。なんかそういう感じがしましたた。ま、批判的に書くのは簡単で、実際みんなが満足するのって難しいのでしょうけど。

じゃ、一言感想。

○桜庭和志vs船木誠勝●
両者覆面をかぶっての登場で、期待感はもりあがります。昨年(今となっては一昨年)の秋山戦の方が、緊張感もテンションも高かったと思いますね。ま、船木は船木でいいのですが、どれくらい準備期間があったのかわからないけれど、ちょっともう少し、所謂試合勘を取り戻してからやってほしかったですね。こしてみると、昨年(今となっては一昨年)秋山はやっぱり凄かったと思います。ま、昨年に続いてのゴタゴタでは、TBSもK-1もかなわないので、今年は、クリーンでフェアで、年末年始らしい感じにしたのかもしれません。これはこれという感じですか。

○山本“KID”徳郁vsハニ・ヤヒーラ●
ある意味予想どおり、山本KIDが立ち技で制したというところ。ハニ・ヤヒーラのパンチが、意表をついたということでしょうが、以外にKIDにあたってました。ああして振り回すと当たるということは、ああいう総合的な立ち方というか、ああいう低い前傾同志ではあるということなのでしょう。せっかく、アブダビコンバットのチャンピオン連れてきて、彼の寝技が全く見られないというのは、残念な気もしました。ま、そこがプロレスとは違う所なんですけどね。

○ボブ・サップvsボビー・オロゴン●
予想どおり、ボブ・サップはボビーが怖くもなんともないので、ガンガン行けました。結局、ボブ・サップってつながっていくんですよね。「IWGPチャンピオン」って紹介はおもしろかった。

○魔裟斗vsチェ・ヨンス●
魔裟斗は「パンチで倒す」などと言いながら、ローキックなど多用してましたね。現役が他競技の元世界王者連れてきて、自分のルールでやってるのですからね。

○ニコラス・ペタスvsキム・ヨンヒョン●
外国人同士ですが、ま、親日家のペタスの人気が出るような番組構成でした。キムはチェホンマンより、ちっともすごくない(笑) 技のある小さい選手が木偶の棒みたいな選手を倒すと、ま、盛り上がりますね。

○武蔵vsベルナール・アッカ●
アッカって意外にやるじゃん、次も見たい……という作りなんでしょうか? 1Rは、武蔵にしたら見ていったと思うのです。そして、3Rで見せたように「打ち合えばいつでも勝てる」というのも、やる前からわかっていたと思いますしね。最初から本気でやったら大人げないと言われるとは思うのですけど。武蔵もおもしろくないでしょう。でも、こんな、役回りしかなくなったのでしょうか?

○田村潔司vs所英男●
はい。ま、こんなものなのでしょう。「所が勝つ」というシナリオはまだ書けません。え、まさか、ひょっとして? ってなことにもならない。ウェートや身体が大きいだけでは、ペダスvsキムみたいなこともあるからわからないわけだけれど、それ加えて競技経験も田村の方が上。「所が勝つ」というのは、イコール田村引退くらいでしかないわけで……、全然そんなことないし。

○ズールvsミノワマン●
ズールが勝ったんですね。ミノワマンがマラソン戦法(わたしがつけました)で。プロレスとは、自分がプロレスしたくても、相手にその気がなければダメっていうしてそういう見本なんでしょうか。ズールはまた見たい。ミノワマンは新日に来い。

○メルヴィン・マヌーフvs西島洋介●
洋介山の打撃が出せませんでしたね。もうちょっとやらしてもらいたいところです。ま、マヌーフのセンスの勝ちというか、反応力の勝ちというか、思ったより早かったけど、こんなものだろうとは……。

●宮田和幸vsヨアキム・ハンセン○
ハンセンうまい!下からの攻めが速い。

○立川隆史 vs 井上由久●
元プロ野球選手、しかも一軍の四番ってのは凄いんだって思いますね。井上さん、なんかとってもお気の毒……。今後、どうしていくのだろう。

■K-1甲子園U-18日本一決定トーナメント
・1回戦●久保賢司vs雄大○
・1回戦○HIROYAvs才賀紀左衛門●
・決勝戦●HIROYAvs雄大●
の3試合を放送。こういう若い選手のK-1ルールは、それなりにおもしろい。決勝戦はお互い大事に行ってしまった感じで、内容的には1回戦のHIROYAvs才賀、特に才賀がおもしろかった。たくさんはなくていいけど、こういう試合もあっていいかと思った。

○エメリヤーエンコ・ヒョードルvsチェ・ホンマン●
ホンマンはよくやった(笑)。ホンマンもっと練習して、キム・ヨンヒョンとともにコリアンパワーを見せて欲しいです。

○三崎和雄vs秋山成勲●
まず、秋山へのブーイング。あれはマジなブーイングですね。へそ曲がりなわたしは、今からでも会場に行って、秋山に声援を送りたくなりました。たしかに桜庭戦の時の秋山はしてならないことをしたと思いますし、あのときはわたしも桜庭に立って、ヌルヌル秋山を責めましたが、認めたし、謝罪したし、責任は果たしたかなと思いました。試合は、三崎の大逆転という感じでした。わたしは、もう一度、ゼロから秋山にはい上がって欲しいと思いました。

にほんブログ村 格闘技ブログへ

COMMENT



2008-01-01-Tue-21:43
う~ん、各コメントが核心をついてなくて、つまらん(笑)
格闘技は、各選手が背負ってきた背景を含めて観客が、
お互いの選手を応援して、戦いを見ている。
表向きだけではないですよ。

2008-01-01-Tue-21:44
・・・・

☆もう少しだねさん

2008-01-01-Tue-21:58
早々にコメントありがとうございました。

ご期待に添えず、つまらなくて申し訳ないです。ま、わたしはTVで見ただけですのでね。

もう少しだねさんが、その核心をついたってところをわかるように書いて下さって、わたしのいたらぬ点を補って下さるとたいへんありがたいです。

観客がお互いの選手の背景を知って応援してきているというのは喜ばしいことですね。確かにそういうお客さんもいらっしゃるとは思います。しかし、すべての客がそうであって、それでないと感想としては不十分というのは、ちょっと都合がよすぎるかなと、素朴に、そう思います。

コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/1885-b9d3014b

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。