David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Xmasに密かに楽しむ、無限プチプチブログパーツ

2007-12-25-Tue
Xmasですね。メリークリスマス~!イブはいかがでしたか? 

ところで、今年改めて「X’mas」が誤記で、「Xmas」が正しい表記であるということをしりました。いつもはカタカナで書くので気にもしてなかったのですが。

X’masの表記に日本在住キリスト教徒が違和感

クリスマスを前に、街のあちらこちらで特別セールやクリスマスグッズのコーナーが見られる。日本では一般的な「X’mas」という表記だが、実は日本独特の書き方なのだという。

正式な場では省略は避けられるが、正統な省略形は「Xmas」と、アポストロフィなしであるという。そもそも「クリスマス」は、「キリストのミサ」を意味するChrist+masであり、「Xmas」という書き方は、「キリスト」の部分を「救世主=メシア」のギリシャ語クリストスの頭文字で表現したもの。つまり、もともとは頭文字は「エックス」ではなくギリシャ語の「X(カイ)」である。
 → アメーバニュース:X’masの表記に日本在住キリスト教徒が違和感

では、どうして「アポストロフィ」がついたのかというと、この「’」について、中学の時に「アポストロフィ+s=所有格」みたいなことを習った覚えがあるのですが、もう一つ基本的な用法として「省略を表す」ということがあるのですね。つまり、「X」が「Christ」の省略形だという考えがどこかにあって、このような表記をするようになったと考えられるわけで、記事にはこんな記述があります。

 「日本人は、なにかを省略していることを表したくなってアポストロフィをつけたがるのではないか」と、日本在住の英会話教師は分析している。「でもその考え方をとるならば、Xの文字のあとに何かを省略しているわけではなく、Xはキリストを完全に表している。省略を表すためにアポストロフィをつけるとしたら本来は文法的に間違いである」という。


文法的に間違っているというよりも、むしろそれ以前の「X」が「Christ」の省略であるという考えが間違いだと思うのですが、ま、「X」が省略形ではないので「’」をつけると文法的にも間違いということになるのかもしれません。

さて、みなさん「X'mas」には、このプチっとした「’」を消さねばなりません……。だから、ここでプチプチつぶしをして……って、ちょっとこのプチっつながりは、無理があるかな~。

satokotoさんところで紹介されていた、「無限プチプチつぶしブログパーツ(ブログピタット)」です。

by blog Pitatto!

なにか、クリスマスに独り寂しくプチプチつぶしなんて考えると、わびしくなってきたりしますが、日本人の英語表現の誤りを正すという信念を持ってやれば、なにかこう、熱いものがこみあげてきませんか?


って、きませんよね。^^;



ブログランキング・にほんブログ村へ

COMMENT



コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/1877-ec39f6d6

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。