David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画:「椿三十郎」~劇場で

2007-12-07-Fri
ちょっと時代劇の、あの坊ちゃん頭の織田裕二ってのがなんとなく違和感で迷っていたのですが、コブタさんが「脚本がいい」と書いていらっしゃったので「椿三十郎」を見てきました。不満のある人もいるだろうけど、ま、けっこう楽しめるだろうというような言葉も参考になりました。そして、その通りでした。ま、普通におもしろかったです。
 → コブタの視線:「●椿三十郎(2007)
椿三十郎OFFICIAL BOOK (ぴあMOOK) (ぴあMOOK)

ぴあ (2007/11/16)
売り上げランキング: 1765

  → 映画「椿三十郎」公式サイト

織田裕二のファンの好きな人はともかく、そうでない人は、とりあえずあの、織田裕二の椿三十郎をどう感じるかでしょう。わたしは、ちょっとオーバーな感じが少し気になりました。ま、それでも、ギラギラした抜き身の感じは一応出てましたね。同じくギラギラ派の豊川悦司の方はもう少しインテリっぽく、また大人という感じです。それに対して織田裕二の方は悪ガキの匂いを残してるという感じで、ま、この二人がさまざまに対峙するシーンがあり、いずれもみどころです。また、コミカルなシーンもたくさんあっておもしろいですね。押し入れの中の侍(佐々木蔵之介)なんてもう最高です。

ちょっと本筋から離れたところで興味深かったのは、「馬よりも顔の長い狸」というふうにたびたび語られる城代家老を誰がやっているかってことでした。これが、最初から「叔父」という形で松山ケンイチに語られ、また、奥方の中村玉緒からも一筋縄ではいかないというふうに言われ、実際敵方の小林稔侍たちも苦労するわけでなんですけど、ま、そういう作りなんでしょう(この辺りも本がおもしろいとコブタさんがいうところなんだと思うんですけど)、ちっともスクリーンに登場しないんですね。で、誰がやってるんだろうって楽しみにしながら見ることになるんですが、さてさて、どんな形で登場するか、ま、ネタバレはしないというのが、ま、わたしの主義ですので、ここは書きません。

時代劇というと、最近では「武士の一分」やちょっと前では「座頭市」を思い出します。人間ドラマとしては「武士の一分」、展開の速さ、爆発的おもしろさとしては「座頭市」でしょうけれど、なかなか楽しく、のどかで、安心してみていられるのは「椿三十郎」というとこでしょうか。オリジナルは、黒沢明監督で椿三十郎が三船敏郎、室戸(豊川悦司の役)に仲代達也という配役でした。オリジナルも見てみたいですね。

椿三十郎<普及版>
椿三十郎<普及版>
posted with amazlet on 07.12.07
東宝 (2007/11/09)
売り上げランキング: 301
おすすめ度の平均: 5.0
4 果たしてリメイクする必要があったのか?こっち見ればいいじゃん
5 黒澤映画で 最も好きな作品
5 緩急取り混ぜた絶妙のテンポで楽しませてくれます




にほんブログ村 映画ブログへ

COMMENT



気に入っていただいたようで良かったです

2007-12-07-Fri-22:50
椿三十郎って、オリジナルの方は出来がいいため今見てもまったく遜色がなく古くさいって感じが全然しないんですよね!

モノクロ映画に関わらず、白い椿 赤い椿といわれても、違和感なく伝わってくるところが流石という感じでした。

城代家老オリジナルでは伊藤雄之助さんがされていたのですが、こでがまた秀逸で画面に出てきた途端に笑いがこみ上げてくるくらいのインパクトがあります。

是非オリジナルも楽しまれてください!
ついでに、用心棒もセットでみると、三十郎がどういう人物なのかがよく分かると思います!
コチラでも何故か仲代達也が同じような位置にいる対決する敵として登場します。
コチラはより艶のある演技があって、三船さんは同じ三十郎役とその違いがまた面白いですよ!

☆コブタさん

2007-12-08-Sat-00:23
コメントありがとうございます。

もちろん見ようと思っています。コブタさんの記事読んだときからそう思ってますよ。

それにしても、伊藤雄之助、久しぶりに聞いた名前です。懐かしい。むしろ悪役って感じなんですけどね~。

白黒なのに色が見えるって、なるほどと思います。楽しみです。

コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/1857-6b1ce78a

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。

『椿三十郎』鑑賞!

『椿三十郎』鑑賞レビュー!織田裕二×豊川悦司×森田芳光監督が贈る!お正月映画最大の話題作!名匠・黒澤明の傑作時代劇を同作の脚本をもとに森田芳光監督がリメイクこの男、時代を超えて生きている。2007年/日本公開日::::2007年12月1日(土)上映時間::::119m

●椿三十郎(2007)

椿三十郎のリメイクを作ると聞いたときに、「えぇぇぇ、凄い勇気ある行動だな~」とかなり驚いたものです。あの黒澤明監督の大傑作でいて、三船敏郎、仲代達矢を始め数々の面々...

『椿三十郎』

□作品オフィシャルサイト 「椿三十郎」□監督 森田芳光&nbsp; □原作 山本周五郎(「日日平安」ハルキ文庫刊) □脚本 菊島隆三・小国英雄・黒澤明□キャスト &nbsp; 織田裕二、豊川悦司、松山ケンイチ、鈴木杏、中村玉緒、佐々木蔵之介、村川絵梨■鑑賞日 12月2

映画:「椿三十郎」(黒澤の)~DVD

やっと見た。 椿三十郎posted with amazlet on 08.01.08東宝 (2007/11/09)売り上げランキング: 429おすすめ度の平均: 「軽くて明るい」異色の黒澤作品 この...

映画:「七人の侍」~DVD

先日、「椿三十郎」(織田裕二の)を見たと同僚T()に話しましたら、黒澤の作品をほとんど見てないようだから、「七人の侍」を見ろと薦め...
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。