David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インターネットに大洪水の危機~「エクサフラッド」

2007-11-28-Wed
「近い将来ネットに大洪水が起こる!」--そう言われて何がどういう状態になることか想像がつくでしょうか? 洪水と言われたら水の氾濫のわけですから、ネットの洪水と言ったデータが氾濫することなんでしょうか? ま、現状でもすでにそういう状態だと言えなくもないわけですが。

溢れんばかりに増えるデジタルメディアをインターネットが支えきれなくなるかもしれない、と新しい調査研究が警告している。

調査会社 Nemertes Research が実施し、非営利団体 Internet Innovation Alliance (IIA) が配布している同調査研究よると、2年余りのうちに北米および世界の両方で、一般消費者と企業によるインターネット利用がネットワーク容量の限界を超えるおそれがあるという。

数年内にインターネットでデータ大洪水が発生?(JapanInternet) - goo ニュース

もうすっかり当たり前になったブロードバンドと呼ばれる現状のインフラでさえ、最近とみに増加している動画データや、今後のさまざまなデジタルメディアによって起きるだろう多量なデータの交信を、近い将来支えきれなくなる、つまり、ネット上のデータの大洪水が起きるというのです。この現象は「10億ギガバイト」を意味する「エクサバイト」から、「エクサフラッド」と命名されているようです。
  → 「エクサフラッド」でググる

具体的には現状では2010年にパンクするという分析も出ているようですね。

Nemertes Research Groupでは、バックボーン・プロバイダーが数十億ドル規模の投資を行い、インフラを強化しなければ、動画をはじめとする大量のWebコンテンツにより、2010年にはインターネットが使い物にならなくなると予想している
  → OpenTechPress:「限界に近づくインターネット回線のキャパシティ、2010年にはパンク状態に

ま、現実的には、それに応じて少しずつ対策を立てていくだろうって予測もありますけれど。現実のクルマ社会では、事故でも工事でもないのに高速道路が全然高速に走れないみたないことも起きてるわけでして、そういうことがネットに起きるってことなんでしょうね。

ま、そのうち浸透してくるかもしれません。「エクサフラッド」。

ブログランキング・にほんブログ村へ

たとえば、こういうのが、ゆくゆくは大洪水の一因になるのかもしれません。いや、このようにきちんとインフラ業者とタッグを組んでちゃんと手当てしながら進んでいくというのは、むしろ、「エクサフラッド」にはいたらないいいやり方なのかもしれません。

Wiiと「フレッツ光」でネット機能を楽しんで──任天堂とNTT東西がタッグ
Wiiとフレッツ光の接続促進へ、任天堂とNTT東西が手を組む。サポートセンターの共同運営や、6800円の「おまかせパック」提供を通じ、4割にとどまるWiiのネット接続率引き上げと、フレッツ加入者増を図っていく。
  → ITmediaNEWSで全文を読む……

COMMENT



コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/1847-4e02fcfa

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。