David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画:「シルバー假面」第壱~参話~DVD

2007-11-25-Sun
実相寺昭雄の「シルバー假面」です。三部作というか、全3話からなる、ちょっと趣向の変わった作品です。
シルバー假面 1〈初回限定版〉
ジェネオン エンタテインメント (2007/03/02)
売り上げランキング: 14969
おすすめ度の平均: 3.5
1 がっかり。
3 シルバー仮面というよりカリガリ博士のリメイク?
1 これはキツイ…

わたしはこの大正時代に匂いが大好きなので、この第壱話「はなやしき」のムードはとても気に入りました。「シルバー仮面」なんて、ほとんど関係なくて(笑)、もう、江戸川乱歩とカリガリ博士の話なんですね。「陰獣」だの、「一寸法師」だの、「火星の運河」だの、もう乱歩を踏まえた小ネタがごろごろしていて、趣味ものぞき趣味あり、からくりあり、見せ物ありと、なかなかの乱歩三昧という感じでした。所謂天然色のパノラマ活劇を見せてもらってるという感じで、レトロ(といっても最近流行の「昭和」じゃありません。「大正」ですよ)な気分を満喫できます。

第二話のタイトルは「於母影」です。「於母影」ってのは森鴎外の訳詩集なんですね。読んだことはないですけど。ただ、舞台は鴎外の世界というよりは、どっちかというと宮沢賢治の「銀河鉄道」を思わせるわけなんですが……。
シルバー假面 2
シルバー假面 2
posted with amazlet on 07.11.25
ジェネオン エンタテインメント (2007/04/04)
売り上げランキング: 26165
おすすめ度の平均: 3.5
3 これはちょっと・・・
4 少し、物足りなかったかな。

江戸川乱歩が本名の平井太郎として3話とも出てくるわけですが、どっちかというとワトソン役みたいな感じなのに対して、もう少しメインの役所が森鴎外です。なんせ、シルバー仮面は鴎外の娘が変身するんですから。って、この部分だけ読んでも、見ていない人にはなんのことやらちんぷんかんぷんでしょうけど~(笑)。ま、鴎外の「舞姫」が、後半の一つの重要アイテムになっているんです。鴎外というか、舞姫の主人公豊太郎がドイツに残してきたエリスの娘が、父を訪ねて日本に来るという設定が入っているのですね。で、なぜだか、彼女がシルバー仮面なのですわ(笑)

そして、第参話「鋼鉄のマリア」。ちと、このタイトルがなんの本歌取りなのかわかりません。シリーズ最強の敵、鋼鉄のアンドロイド・マリアが登場し、シルバー仮面はピンチの連続です。鴎外が活躍し、乱歩がデビュー作「二銭銅貨」を完成させます~って、ワケワカメ~死語(笑)
シルバー假面 3
シルバー假面 3
posted with amazlet on 07.11.25
ジェネオン エンタテインメント (2007/04/25)
売り上げランキング: 1853
おすすめ度の平均: 5.0
5 さすらいの戦士、シルバー仮面
5 意外な拾いもの!

ウルトラシリーズ永遠のマドンナ「セブン」のアンヌ隊員役のひし美ゆり子が登場するのは一つの見どころです。

 → 「シルバー假面」公式ページ
 → ひし美ゆり子のブログ

ちなみに「シルバー仮面」(1971-72年・TBS系)のリメイクです。
シルバー仮面 DVD-BOX
シルバー仮面 DVD-BOX
posted with amazlet on 07.11.25
ジェネオン エンタテインメント (2006/09/22)
売り上げランキング: 35521
おすすめ度の平均: 4.0
4 当時は主題歌しか記憶がなかった
3 あの問答無用の強さが好きでした
5 無事、帰還してくれ!シルバー仮面よ永遠に・・・

 → テレビ放送時の第1話、オープニング(YouTube)

にほんブログ村 映画ブログへ

COMMENT



メトロポリスぢゃないかな?

2007-11-27-Tue-05:10
>「鋼鉄のマリア」。ちと、このタイトルがなんの本歌取りなのかわかりません。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%9D%E3%83%AA%E3%82%B9_%281927%E5%B9%B4%E3%81%AE%E6%98%A0%E7%94%BB%29
こないだ休館しちゃったロボットミュージアムでも
メトロポリスのマリアには項目を割いて説明つけていましたよ。
それにしても“シルバー仮面は鴎外の娘が変身する”には吃驚。
いっしゅん「茉莉が?杏奴が?」と目がテンでした~
豊太郎とエリスの娘なのね。
この世界の大正も<サクラ大戦>の太正みたいなものなのね。

☆スゥ。さん

2007-11-27-Tue-10:13
ああ、「メトロポリス」。ドイツ映画ですね。

そう言えば、第1話から通して出る敵はカリガリ博士でして、そこに鴎外(ご存じドイツ留学)ときて、第3話は「メトロポリス」なんですね。

検索してたらここに、載ってました。
 →  http://blog.livedoor.jp/ld_anime02/archives/50792207.html

「舞姫」はもちろん鴎外の創作ですが、鴎外が帰国後、ドイツから実際女性(エリスのモデル)が訪ねてきて、鴎外の一家が対応して帰国させたというようなことを聞いたことがあります。そういう意味で、どこまで小説のようなことがあったのかはわからないのですが、それを踏まえています。なので、映画には鴎外が登場し、「舞姫」にモチーフがあったとして、そのモチーフにおける鴎外とエリスの娘がシルバー仮面になるという、虚々実々なところなのです(笑)

だから、ま、この「シルバー仮面」は本歌取りの手法を存分に発揮しているのですね。

こう書いていて気づいたのですが、そもそも「シルバー仮面」なんてタイトルは、あまりにも単純すぎるのであれですが、そのまんま、「黄金仮面」(乱歩)から発想したものじゃないかなって。

そして、いまだ作家修業中の乱歩がワトソン役のように登場し、第3話の最後で、デビュー作「二銭銅貨」の載った「新青年」を、本郷大尉(男性主人公)に渡して、ま、映画は終わるわけですが、この後数々の探偵小説を発表するわけですが、その中に「黄金仮面」もあるわけということになってくるという趣向ですね。

観たくなっちゃった。

2007-11-27-Tue-11:30
こーゆー背景すきなんですよー。
ふくやまけいこ<東京物語>とか前述の<サクラ大戦>とか

本郷大尉って本郷義昭なんですねー。
生島治郎<黄土の奔流>森川久美<南京路に花吹雪>なんか面白かったなー。

でもコノ手のDVD借りるの家人の同意は得られるかどうか(笑)

☆スゥ。さん

2007-11-27-Tue-11:37
DVDを借りるのに、誰かの同意が必要とは、なんとご不自由な。~(笑) レトロなご家庭でいらっしゃいますね。

では、いい案をお教えしましょう。

まず、そやつと一緒にDVD売り場に行くか、あるいは、Amazonの画面を見るなどして、「これ見たいから買おうかな。レンタルするの恥ずかしいから」と言ってみましょう。そやつに「え~? まさか。俺が借りてやる」と言わせましょう(笑)。

で、いっしょに見る!

妙案ありがとう。

2007-11-27-Tue-20:49
でも違うんです^^
ただ一緒に観たいだけなんです。
アレとコレを別々に、じゃなくて同じものを一緒に観たいのね。
それも出来れば我慢して付き合うんじゃない形で。
いつも大体無理なく意見はまとまっているんですが<シルバー仮面>はどうかなー?って思ったもので。お騒がせしました~。

☆スゥ。さん

2007-11-28-Wed-00:10
「同意」というのは、「許可」とか「承認」というのではなくて、
「同調」ってことなんですかね。「共感」というか。

心から楽しくいっしょに見てもらえるかってことを心配なさってるのですね。さぁ~、ま、見てみると変わるかもしれませんしね。

わたしは、「メトロポリス」さがさないと~。

コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/1845-be59dd15

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。