David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画:「トゥモロー・ワールド」~DVD

2007-11-22-Thu
少子高齢化社会と言われて久しいです。日本だけのことではないと言われています。少し前のページですがこんな記述を見つけました。

このエライこっちゃの少子化傾向ですが、別に日本だけの話ではないというのはよく指摘されています。
 実際のところどうなんだろと思って調べてみたら、内閣府政策統括官(共生社会政策担当)のホームページの少子化高齢化対策が比較的データーが揃っておりました。そのなかの「平成16年版少子化社会白書」国際比較の項目を見ると、一番新しいデーターでの出生率の世界平均は 2.69 でありました。個人的に思ってたより全然少ないです。日本は少子化か人口減少とかいってますが、地球規模では人口が爆発的に増えるのが大問題と言われてますから、出生率もガンガンに凄いのかと思ってましたが、2.7くらいだったら比較的おとなしい数字に感じます。

 実際、戦後の1950-55年の世界平均の出生率は、5.02もありました。5以上の出生率がわずか半世紀で約半減しているのですから、少子化は地球規模での傾向であるといっていいと思います。
  → シドニー雑記帳/今週の一枚:「ESSAY 213/少子化とメィティング環境

世界的な規模で見ると人口爆発が心配されるのですが、所謂先進国では少子化傾向にあるようですね。

だから、この映画の設定である「子どもが誕生しなくなった世界」というのが、所謂先進国ではあるいはいくらかのリアルさをもって受け入れられるかもしれません。ことに日本のような「少子高齢化」が切実な話題になっている国にはことにリアルに感じられるかもと思うのですが、逆に、所謂発展途上国では、まだまだ飢餓の問題や貧困が切実な問題だと思うのです。

トゥモロー・ワールド プレミアム・エディション
ポニーキャニオン (2007/03/21)
売り上げランキング: 3240
おすすめ度の平均: 4.0
5 リアル過ぎて吐く
3 あれ〜〜(^_^;)
4 みらいに残すものは・・


ま、18年間新生児がまったく生まれないという設定もさることながら、これが未来の話として、世界観としては明るい科学万能の未来ではなくて、一部の中枢都市を除いては科学文明が破綻して、モラルハザードを起こし、テロと暴力が支配するような、所謂世紀末的な世界になっているのが、気になるというか、不気味でして、日本も地方と都市との格差が広がっていますが、首都圏や都会が、どんどん21世紀型の「未来都市」に変貌していくなかで、地方は地方のまんま、過疎は過疎として、いわば20世紀のまんま時の流れをとめているような感があります。

映画とそっくり同じ光景ではもちろんないのですが、地方の過疎の混乱は、日本においても、あるいは一種のテロというか、ぶちこわしというか、一揆というか、そういうなにか不穏な要素に発展することはないのだろうかと、ちょっと思ってみたりする作品です。

ちょっと意外な展開もありますが、ま、そうだろうなと納得するところもあります。

……あの、ピンポン球のキャッチボールって難しそうだな。



にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキング

COMMENT



コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/1835-b073f481

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。