David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先の見えない話~韓・中・日・台の漢字の字体統一

2007-12-18-Tue
先日こんな記事を見つけました。

韓・中・日・台が漢字の字体統一へ

漢字文化圏に属する韓国、中国、日本、台湾の4カ国の学者が、5000−6000字の常用漢字について、字体を統一した「標準字」を定めていくことで合意した。
  → ライブドアNEWS:全文を読む……。

ふ~んと思って、う~むと唸りました。
 ※ライブドアニュースのが消えてしまったので検索し直しました。
  → 朝鮮日報:「韓・中・日・台が漢字の字体統一へ

大学のとき教授に「仮説を立ててそれを実証しようとするのは一つの方法だ」と言われました。だから、この学者たちの行動は、研究としては意味がなくはないと思います。同じ漢字文化圏の国々が、なにかこうして、字体統一の試みをする仮定で、文化や思想の共通点や相違点の再確認になるかもしれません。それは有意義なことだと思います。だから、学問の自由と申しますか、一見無駄に見える試みが何か有意義な結果を見出すこともなくはないので、わたしは「やめろ」とは申しませんが、そうしてできた統一字体を、強制的に普段使うようになるということについてははなはだ迷惑であります。

それでなくても、「啄木の啄」や「鴎外の鴎」など、なにが新字体で、何がJIS字体なのか、混乱し迷惑をしている現状さらに、統一字体なんてものが登場したら、不便この上ない。たとえば、北朝鮮と韓国のように同じ言語を違う表記しているのならば、表記を統一することによって大きなメリットが生まれると思うのですが、言語体系そのものが違うのですから、すでに半世紀以上にわたって定着してきている現在の漢字の新字体の体系に、新たなる字体の体系を持ち込むことなど混乱の方が大きいと思うのですね。

とりあえず、

韓国、中国、日本、台湾で使用されている漢字の「比較研究辞典」を作成し、段階的に各国で使われる漢字の字体を統一していくことを決めた

とあって、この前半は大いに賛成なんですね。比較研究辞典はけっこうです。で、この後半に「段階的に各国で使われる漢字の字体を統一していくことを決めた」ってあって、それってどういうこと? って感じですね。学者が勝手に決めてもだめでしょって。

ま、おもしろい実験するってのなら、興味半分に見届けてもいいけど、「エスペラント語」の二の舞になりかねませんよね。

ちょっと思い出したのが、わたしの知り合いMとの大学時代の会話です。どんな流れで話されたのか忘れてしまいましたが、「わたしの祖母の名前は変体仮名で書くのが正式なんだ」って。読み書きが楷書体がスタンダードの時代になりながらも、「正式な名前の表記は変体仮名」ってことがあり続けるんですよね。さすがに今では変体仮名の方はごくわずかなんでしょうけれど、姓などでは異体字(別体字)が残っているわけですね。たとえば「嶋と島」とか「峰と峯」とか。あるいは「渡辺、渡邊、渡邉」とか。これだって統一できないでいるのに(軽々に統一できるとは思っていませんけれど)、そこに持ってきて、国際的に字体を統一するなんてことができるものなのでしょうか? たとえば、「辺という字を別の字体にする」と仮に決まったところで、どのわたなべさんも、その字体に変更しないのではないかと思うのですよ。

比較調査はけっこうです。「国際的な字体の統一のための基礎調査」というようなスローガンがあったほうが、あるいは予算がとりやすいってことならけっこうなんですけど、ま、できたら、「なかなか困難」という、調査しないでもわかっている結論に達していただいて、いたずらに扱う文字種が増えて混乱するというような、悲しい事態ひきおこさないでほしいと願っています。



ブログランキング・にほんブログ村へ

COMMENT



言語という巨大な生き物を

2007-12-18-Tue-10:42
人が御するなんて無理な気がします。
昔は占領国の国民や強制労働のために拉致してきた奴隷から母語を奪うような政策が実行されたりしましたが逆に云えば非常な強権をもってしてしか叶わないことでしょう。

世界中が1つの国になったら戦争もなくなっていいのにとか思っていたのは無論こどもの頃。
国も言語も文化も多種多様であることが豊かさなのだから統一なんて言語と文化が貧しくなるだけだし仮に一度統一がなされたとしても時間が経てば端々から必要に応じた変化が起こってしまうでしょう。

出人サンのおっしゃるように比較研究辞典は面白そうです。
あと欲しいのは完璧な翻訳ソフト。
Googleの翻訳つかう度に脱力してしまうので~。

耳に突っ込んだら何語でも母語にしてくれる機械とか出来ないかなー?
たすけて~ドラエモーン!

☆スゥ。さん

2007-12-18-Tue-11:30
完璧ってのは、言葉が相手じゃなくても、なにごともなかなか難しいんですよ。人がすることですから。ただ、日本語の場合、ある程度「標準語」の体系化に成功していることは事実です。いったい、言葉の標準なんてのを誰が決めるんだなんて言う人もいるのですが、ある程度ですが、教科書の言葉と、新聞の言葉と、テレビやニュースを読む言葉とが、相当程度一致してきているの、ま、これが日本語の一つの正書法という、標準的なスタイルができつつあるかなと思います。

そんな調子で漢字もと思ったのかもしれませんが、ちょっと無理っぽいですね。実際事態だけでなくて、文化や生活と関係してくるわけですからね。

うちのブログも英語化しますよ(笑)
 → http://smartass.blog10.fc2.com/en/

英語苦手なんでよくはワカラナイけど…

2007-12-19-Wed-00:12
なかなか頑張ってるけどカナリ可笑しなことになってるみたいですね?

ところで…スゥ。さっき“残虐に殲滅”されちゃったんですけど?

☆スゥ。さん

2007-12-19-Wed-00:20
がんばってるでしょ。

わたしががんばってるんじゃなくて、FC2ブログなんですけどね。もちろん、イタリア語とか、フランス語とか、中国語にもなるんですよ~。

ところで、「残虐に殲滅」ってなんのことですか? 見当もつきません……。


残虐に殲滅

2007-12-19-Wed-16:58
ここんちのブログ開いたらイキナリ素早いものがビュビューンと動いたなーと思った途端に画面一面に黒い飛沫が飛び散って「you died」かなんか宣告されちゃいました~^^;

あんまり急で何が起きたのかヨク分からなかったんですがサイドバー下<AVP2>のブログパーツに殺られちゃったみたい…

次は負けないぞ!と覚悟して再来したんですがスゥ。は既に同定されていて奴にとっては最早骸認定らしく今回は何のイベントもなし。

「残虐に殲滅」はねー<AVP2>ブログパーツの説明文にあったの。

そんなわけで<AVP2>のパーツ貼られているうちは出人サンちでスゥ。幽霊かゾンビ扱いな模様~(TT)ウェーン!うらめしやぁ~

☆スゥ。さん

2007-12-19-Wed-22:17
ああ、そうなんですね。

ブログパーツを設置してない方が、初めて訪問されると反応するかもしれません。わたしは自分で見てもそうならないので、わかりませんでした。

ちょっとうっとうしいといえばうっとうしいですね。

管理人のみ閲覧できます

2010-08-05-Thu-10:46
このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/1807-586452b6

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。