David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

観劇:「ドン・キホーテ」~無名塾公演

2007-11-04-Sun
演劇の市民サークルに入っています。先日、仲代達矢主演、劇団無名塾公演の「ドン・キホーテ」を見てきました。
don.jpg


この現代で「ドン・キホーテ」というと、小説よりディスカウント・ストアを思い浮かべるのですが、その店の名称ももとより、この小説に由来すると思われます(そのくせ「ドンキ」と略すのは、ちとどうかと思ったりします。ま、ドンで切ったらちとわからないのでやむをえないのでしょうけれども)。

Wikipedia(「ドン・キホーテ」)によると、「聖書の次に世界的に出版されており、正真正銘のベストセラー小説・ロングセラー小説でもある。2002年5月8日にノーベル研究所と愛書家団体が発表した、世界54か国の著名な文学者100人の投票による「史上最高の文学百選」で1位を獲得した」そうです(わたしは、聖書につぐベストセラーは「シャーロック・ホームズ」シリーズだと聞いたことがあります。シリーズと単独ものの違いなのかもしれませんけれど、どうなんでしょう?)。

さて、これほど有名な小説であるわりに、わたしは名前こそ知っていましたが、一度も読んだことがありませんでした。これまたWikipediaの受け売りなんですけれど、

主人公の自意識や人間的な成長などの「個」の視点を盛り込むなど、それまでの物語とは大きく異なる技法や視点が導入されていることから、最初の近代小説ともいわれる。年老いてからも夢や希望、正義を胸に遍歴の旅を続ける姿が多くの人の感動をよんでいる

とありまして、団塊の世代の大量退職が問題になる現代にふさわしいテーマを持つ作品と言えるかもしれません。

今まで、仕事と趣味というような形で人生を駆け足で生きてきた男たち、そしてその妻たちが、生きがいとは言わぬまでも、それまでの人生のメインテーマの一つであった仕事から引き離されて、自分の時間を大量に与えられるわけです。自分の生き方を根本的に問い直されるといってもいい。そんな退職者たちが、若いものに迷惑にならないように遠慮して生きるのか、自らの人生の夢やテーマに、半ば狂人であるかのようにそしられながら挑んでいくのか、ま、そうしが現実に立つものには、参考になり、勇気を与えられた作品だったかもしれません。

ま、しかし、わたしにそういう気持ちに共感しろというのは、まだ幾分早いような気がしました。

公演に先立って、仲代が文化功労者に選ばれたというニュースも入りました。「おめでとうございます!」>仲代達矢
 → サンスポ:「文化功労者に仲代達矢「命果てるまで演じていきたい」



ブログランキング・にほんブログ村へ

COMMENT



ドン・キホーテ志摩スペイン村では犬だけどね(笑)

2007-11-05-Mon-22:42
“「ドンキ」と略すのは、ちとどうかと思”うのに同意。
んで<ラ・マンチャの男>公演中に生まれたからって
娘に“紀保”って名付ける松本幸四郎も如何なものか?
“自らの人生の夢やテーマに、半ば狂人であるかのようにそしられながら挑んでいく”は未だしも思いっきりロートルしかも男性キャラなのに~
仲代達矢といい天下の名優達が競って演じる遣り甲斐のある役なんでしょうけど。
ちなみに昨今の流行以前からメイドや執事なぞ忠義者の立場が好きだったスゥ。は当然サンチョパンサに感情移入。志摩スペイン村では針鼠だけどね(笑)

☆スゥ。さん

2007-11-05-Mon-23:06
ども。

「メタボ」ってのも似たような区切り方なんですが、こっちはこっちで意外に気に入っていたりします(笑)

よっぽどドン・キホーテが気に入ったんですね<幸四郎

コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/1796-749be693

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。

感激ドンキホーテ

池袋の東京芸術劇場で無名塾の公演「ドン・キホーテ」を観劇して感激して帰ってきました。 つまらない親父ギャグではなく、僕は24才なので、つまらないお兄さんギャグだと思ってください。 また、タイトルを見て、激安の殿堂「ドンキホーテ」と勘違いされた方は、「...
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。