David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画:「ハンニバル・ライジング」~DVDで

2007-10-14-Sun
久しぶりのDVD映画です。PS2は某戦国ゲームが入っておりまして、一日に何度も無双しておりました。傭兵モードで。

レンタル店の棚にも、だいぶ見てない作品が溜まってきました。とりあえず、レクター博士シリーズの「ハンニバル・ライジング」です。ビギンズものですね。

ハンニバル・ライジング スタンダード・エディション
GENEON ENTERTAINMENT,INC(PLC)(D) (2007/08/24)
売り上げランキング: 1667
おすすめ度の平均: 4.0
5 三部作とは別物と考えると星五つ以上かも
3 気がついたら 自分がハンニバル
3 単なる復讐劇


見ようと思っていて、もっと長く掛かっているだろうと思っていたら以外に早く公開されなくなってしまった印象があります。でも、見逃しても当時はそれほど残念って感じはしませんでした。前評判はよかったのですが、公開後の評判はそれほどでもなかったように思いますけど、どうだったでしょうか?

で、レンタルで見ての感想ですが、おもしろい作品です。ただ、レクター博士のカニバルの動機が復讐劇であったということが、どうなんでしょう、ちょっと陳腐だったって感じでしょうか。ま、陳腐と言っていいかどうかはともかくとして、なるほど現実的かもしれないが、なんだろちょっと違うかなって感じもします。また、自らもスープを口にしたことを知ったあとのハンニバル青年の心理というか、葛藤をもう少し描いてほしかったと思いますね。(ネタバレを避けるため白字のフォントを使っていますの間をドラッグしてください)。

残虐な犯罪を平然と犯すレクター博士誕生の背景には、悲惨な戦争があった。レクターだけがその被害者でなく、戦争孤児となったレクターを助けるレディー・ムラサキもそうだし(原爆で家族を失ったということになっている)、幼き日のレクター兄妹を襲った略奪兵グループもまた、戦災から生き延びるために必死だったのです。そういう意味では、根底には反戦という思想もあるのかもしれません。でも、なんかそういう戦争の時代がレクターを生んだってのはちょっとがっかりでもあります。

Amazonのコメントでも触れてますが、これが、あのレクター博士の話でなかったら、それなりにいいできだと思うのですが、レクターの過去だというから、どこかに一抹の期待はずれ感が生じてしまうのかもしれません。なにか変ですが、そんな感想です。話はいいが、イメージが違うというか。

あとですね、レクター青年とレディ・ムラサキが、剣道をするシーンがあるのですが、ま、面をつけたあとの掛かり稽古(?)が代役なのはいいとして、素面で竹刀を持つレクター青年は、もう、そこそこの腕になってるはずなのに左右の手が逆でした。演出かと思ってみていましたが、代役(面をかぶってます)はもちろん右手を上に持ってましたんで、ま、ミスだと思います。

以上あげあしとりでした。



にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキング

COMMENT



コメントありがとうございました!

2007-10-19-Fri-01:03
これ、、「あの!!」レクター博士の若い頃とするには、色々足りないですよね、、

もっともっと 只者ではない所をみたかったです。

☆コブタさん

2007-10-19-Fri-15:07
もの足りませんよね。

で、もう1~2作ぐらい、年代的にいけるかなとも思うのですけどね、だんだん尻つぼみになるような~。

コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/1773-b20d513a

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。

● ハンニバル・ライジング (HANNIBAL RISING)

今日は夫婦の日ということで、オオブタさんと二人で2000円という素敵な日でした。夫婦の日に相応しく?、「ハンニバル・ライジング」を鑑賞!コチラの作品 、説明するまでもないベストセラー作家トマス・ハリスの生
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。