David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これも「プロ」ボクシング~内藤vs亀田戦

2007-10-12-Fri
久しぶりに亀田兄弟の試合を見た。

大相撲を語るときに、国技、スポーツ、興行などさまざまな視点があるのと同じように、プロスポーツには、真剣勝負とファンサービスという側面がある。ま、そして加えて言うなら、生計を立てるという側面もあると思う。豪邸を建てられるかどうかはともかくとして、それでも、家族を養うくらいはしたいと思うものではないだろうか。

「苦節の貧乏チャンピオン」vs「稼げるほら吹き新人」みたいな顔あわせの内藤vs亀田戦だった。

競技としての「ボクシング」は、もう、明らかに内藤チャンピオンの勝ちであった。試合前後のインタビューなどを見ても、地味で、まじめな、普通の大人の発言をしている。その発言にホッとして、やっぱりそれでいいんだと思って安心する。あんな、確かに腕っ節は多少強いかもしれないが、技術的にには未熟で、パフォーマンスやはったりばかりが目立つ悪ガキボクサーに、負けていいわけがない……。そういう当たり前の思いが、当然のようにTV画面上で起きて、ま、見るものは安心したし、納得したのだと思う。その結論に、全く異存はない。

ただ、プロとしてはどうなのか? どっちが客を呼べるだろうか? ま、そういうこととなるといささか話は違ってくる……。ここできっと、ビーチバレーやバドミントンや、あるいはプロゴルフや、某ハンカチ投手のことを引き合いに出したら「一緒にするな」と叱られるに違いない。もちろん、全く一緒なんてことはない。ただ、亀田選手も、実績が全くないわけではなくて、それでも世界ランク14位ではあったのだ(どの程度の意味があるか実はピンとこないのだが、そこそこには強いのだろう)。少なくとも地方大会の優勝レベルではないはずだ。

そして、TBSとの協力ということもあるのだろうけれど、パフォーマンスによる集客力、視聴率の稼ぎ方。もちろん、今までのような外国人マッチではそうもいかない、それは世界チャンピオンの内藤選手だからこそ注目されたのだろうけれど、なんというか、プロディースの力というのか、そうしたものは、内藤よりも亀田兄弟の方が数段上のように思える(方針というか、方向性に賛成しているのではありません)。

もちろん、わたしが会場にいたら、内藤選手を応援しただろうし、実際テレビ(録画。しかも結果を知っていたけど)の前でも、内藤を応援していた。しかし、同時に亀田の気持ちにもなっていた。18歳でここまできた。それは確かに大変な苦労だったと思う。周りのいろんな力もあっただろうけれど。それが、こんな感じでテレビの前で、ダーティ・ヒーローというよりは悪役的に扱われる。なんて残酷なんだろうと思った。

もちろん、最初から言わなければよかったのだが、切腹発言。ほかにもさまざまな挑発があった。内藤は「最初から切腹しないと思っていたから~ねちねち言いたくない」みたいなことを言っていた。優しいし、それが普通なんだ。ボクシングを愛して、ボクシングで苦労して、チャンピオンになった人の言葉という気がした。

そして反則。ボクシングというには本当にお粗末だった。タックルからの投げなんて、幸い内藤選手に怪我がなかったからよかったものの、あれでチャンピオンが腕や肩でも傷めたりしたら、亀田大毅は二度とリングに上がれなくなっていたかもしれない……。内藤もちょっと頭にきて、ちょっと反則をした~あのまんま両方暴走したりしたら悲惨な展開だったが(それはそれで映像的にはおもしいかもしれないけど)、ま、内藤も減点された。

なんかプロレスみたいだなぁと思う。技がじゃなくて、構成が。ボクシングの技術部分以外で注目されて、試合が雑で、遺恨とか、パフォーマンスが目立って。今まで日本のボクシングってあんまりそういうことがなかったので、わたしは、実は亀田兄弟を全面的に否定してるわけではない(もちろん、全面的に賛成してるわけでは、断じてない)。

ただ、なにかこう、試合以外の部分でショーアップしたり、演出したりして、注目を浴びたり、話題になったりするものがないと、なかなか、ボクシング単独ではチケットが売れないだろうし、それは、選手の側にもジムの側にも、プロモーションをする側にも不幸なことだと思う。

今回、ボクシングの完敗に加えて反則連発、切腹の公約も果たせないという、ま、ボロボロになった18歳の若者は、ここから、どんどん落ちて、泥まみれになって這い上がってきて、さわやかおっさんチャンピオンになれたりしたら、ま、それはそれでいくらか人気が出るかもしれない。そういう息の長い再チャレンジストーリーにテレビ局がつき合ってくれるかどうかはしらないけれど。

おめでとう、内藤! がんばれ、亀田!

※izaは「神話崩壊、罵声の嵐…大毅弱かった、投げ技及ばず 」なんてタイトルにしてますが、神話なんてあったんですか? あったとは思いませんけど……。



にほんブログ村 格闘技ブログへ

COMMENT



コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/1771-93e1c70f

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。

WBC世界フライ級タイトルマッチ

内藤が大毅下し初防衛に成功<プロボクシング:WBC世界フライ級タイトルマッチ12回戦>◇11日◇東京・有明コロシアム王者・内藤大助(33=宮田)が世界初挑戦の14位・亀田大毅(18=協栄)を3-0の判定で下し、

プロボクシング世界タイトルマッチ:内藤大助vs亀田大毅

当ブログでボクシングの亀田戦を採り上げるのは、2/26(月)以来… この間、長男・興毅は3試合、次男・大毅は2試合を戦ったにも関わらず、 実に7ヶ月半ものブランクが空いたのは、マッチメイクに対する疑問と 兄弟&父・史郎トレーナーの言動への不快感が原因だったんで

実力と話題力〈内藤vs亀田次男〉

 平成19年10月11日、WBC世界フライ級王者:内藤大助が同14位:亀田大毅(亀田三兄弟・次男)を12回判定で下し、初防衛に成功。 実力と話題力。  内藤が亀田次男...

内藤大助VS亀田大毅

先日行なわれた、WBC世界フライ級タイトルマッチ 内藤大助VS亀田大毅の試合での反則行為に対して 亀田大毅さんにはJBCが15日に倫理委員会を開き、 ファイトマネーの没収やライセンス停止などの 重い処分の可能性を検討されるらしいのですが、 亀田興毅さんに
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。