David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

栃若の言葉~読売新聞「編集手帳」より

2007-10-06-Sat
本日(6日)の読売新聞の編集手帳は「耳で相撲を取る」という言葉を紹介しています。
  → YOMIURI ONLINE:「編集手帳」(10/6)

現役時代、横綱栃錦(元理事長)は「耳で相撲を取る」と言われたのだそうです。相手の吸う息、吐く息を聴き分け、吐いた瞬間をとらえて技を仕掛けたというということを言っているのですね。そして、耳が大切なのは土俵上だけではなくて、どんな組織も世間の呼吸音に耳を閉ざせば、「常識」という名の土俵を割ると続けています。もちろん、今回の時津風部屋力士急死問題についての対応のまずさを指摘しているのです。

同感。全く持って同感です。朝青龍問題のときもそういうことを強く感じたのですけれど、どうも相撲協会に、骨というか、組織として大切な何かがに思えてならないのです。例の杉山氏の取材証の剥奪騒動もそうでした。

「編集手帳」は「きのう、兄弟子たちの暴行を黙認していたとして時津風親方を解雇したが、事件から3か月、文部科学省に言われるまで親方から事情を聞きもしなかった」と書いています。わたしがずっと気になっていたのはこの点です。世間の声に対して聞く耳もないし、本人の声に対しても聞く耳がないのです。

あるいは事なかれ主義がはびこっているのではないかとも思えます。公務員の社会を「親方日の丸」と言って揶揄することがありますが、「国技」として、文部省の公益法人として、他のプロスポーツに比べて特権的な立場を与えられているわけでして、危機意識や自浄能力という点で、公務員社会にも通じるぬるま湯的な意識があるのではないかと思います。

そして、悪いことに「伝統」という名前の上にあぐらをかいた、もっと恐ろしい状態があるのかもしれないと思います。「無理へんに拳骨と書いて兄弟子と読む」という言葉が角界にはあって、兄弟子がそうなら親方はなおそうであって、理事会もいっそう無理が通るんですよね。縦社会というか、封建的というか、前近代的まさに武士の世界なんですね。

そんな無理を力で押し通せる組織が文部省の公益法人になっちゃてるわけなんですよ。

「編集手帳」は、栃錦と栃若黄金期を築いた横綱若乃花(前理事長)が「踵(かかと)に目がある」と言われたことを紹介し、相撲協会に対して「踵に目を、耳に呼吸音を、忘れてもらっては困る」と言って結んでいます。

確かに、土俵際だと思いますよ。考え時です。曲がり角です。根本的に組織改革をするときなのかもしれません。組織だけでなくて、力士の教育制度とかそういうことも見直せたらいいのかもしれませんけど、それはそう簡単にはいかないでしょうけど。ま、わたしもそこまで相撲に詳しいわけではないので、こうしてなんとなく書くだけなんですけど。

最後に、「編集手帳」の中にあった、不祥事が起きたときに語るべき三つの言葉を、後の参考として引用させていただきます。

 〈1〉初めて聞いた、驚いた
 〈2〉事実とすれば大変だ
 〈3〉すぐに徹底調査する

どれも、今回の力士死亡事件では相撲協会になかったことに、今更ながら思い当たりますね。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ

COMMENT



今こそ栃若?

2007-10-07-Sun-03:00
ボクが相撲を見始めた頃は元栃錦の春日野理事長も健在で…
子供の頃だから「印象」なんですけど、
春日野も二子山も厳しかったと思います。
でも、なんか頼りになった。

北の湖さんが理事長になったとき、「なんか青いなぁ」って思った。出人さんの言葉を借りれば骨がないというか。

今いちど、相撲界全体に必要な厳しさについて考えてもらいたい。

栃若が若手の時代には、羽目板ギリギリに立たされて四股を踏まされたのだそう。身体が前傾した四股は楽で回数もこなせるらしいけど、正しい姿勢の四股はそうはいかないらしい。
で、苦しくなって前傾になると兄弟子にぶっとばされたという(おそらく武器使用アリ)

大鵬や北の富士の時代…以前に比べて上の人間の稽古量が少ないという記事が雑誌大相撲に載っている。

大鵬ですら、栃若に比べれば稽古量が少なかった。しかし、それでも今より多かった。

ただ、回数が多ければ、時間が長ければいいというもんでもない。今プロレスラーだってスクワット1000回やったりしないらしいし。科学的に筋肉をつけたいのであれば、効果的ではないようなので。

でもきっと、そんなだから今のプロレスはつまらないんです。

相撲に必要な厳しさってなんなんでしょうね。
前時代の代表とも言える花田勝治さんには、改革のための委員会とかできたらぜひ入ってほしいんだけど、痴呆の気があったりするんでしょうかね…

ごめんなさい。まったくまとまってない散文ですが、思っていることの一部を書かせていただきました

☆mimuraさん

2007-10-07-Sun-07:47
「心」「技」「体」ってありますね。

今回の時太山急死事件の背景には、「心の鍛え方」があると思うんですね。mimuraさんも、不幸な「戸塚ヨットスクール事件」をご存知だと思います。さまざまな理由で不登校になった生徒を戸塚さんはあずかって、多くの子どもを立派に送り出しました。

海の中では自分で自分を助けるしかない、そういう緊迫した状況にあって子どもの精神力が強くなるという理論は、ある意味正しいんです。

今度もそうで、なにも親方(が指示したということになってるようなんで)は、殺したくて「暴行」(ビール瓶でなぐるなど)したのではないと思うんですね。もちろん、「体」(筋肉)や「技」(技術)を磨くのが目的でもなくて、「心を鍛える」ための一つの方法だと思っていたと想像します。

わたしは、「心」ってのは、精神力だと思っていて、それは、力士の場合は闘争心であり、根性であると思っています。朝青龍はこの点、抜群だと信じています。その上で、フェアな精神でもあり、時に乱れない心だとも思うこともありますが、この平成の世の中で、まず、継続する闘争心を持つことが難しいと分析しています。

2007-10-09-Tue-00:15
>あるいは事なかれ主義がはびこっているのではないかとも思えます。

それが「相撲文化」です。
外人力士批判で良く「相撲文化を守れ!」という声を聞きますが、彼らが言っているのは要するに「ぬるま湯であれ!」なワケ。
「体質」と言い換えても良いかもね。
「文化」というのは団体の構成員の思考・行動様式の事なんですから、
>世間の声に対して聞く耳もないし、本人の声に対しても聞く耳がないのです。
というのはどうでしょう?
ちゃんと相撲協会は「相撲文化を守れ!」という世間の声に耳を傾けて、「相撲文化」を守ってきたじゃありませんか(笑
その結果(かどうかは知らないが、少なくとも朝青龍批判をしていた連中が言った通り、「文化」は守った)がコレです。

更に言えば、「相撲の伝統」とは、興行が続いてきた、つまり客が途切れる事無く居続けた、日本人の生活の中にあり続けた、という事です。
ならばこの悪しき「文化」が「伝統」の域に達した原因のひとつは、間違い無く角界の関係者では無い日本人(現在では日本人以外にも好角家が増えているから彼らも含む)にもあります。


ちなみに今回の件、
> 〈1〉初めて聞いた、驚いた
> 〈2〉事実とすれば大変だ
> 〈3〉すぐに徹底調査する
なんて言ったら直ちに、
1 昔からあった事だろ
2 お前の部屋でもあったじゃないか、想定内の出来事だろ
3 何故今まで対策を練ってなかったんだ
と突っ込まれて終わりでしょう。

☆滑稽本さん

2007-10-09-Tue-06:53
ま、そうなんですよね。「コトナカレ主義」は別に相撲界だけの伝統でも、公務員の専売特許でもなくて、日本の古くからの伝統なんでしょう。いや、日本に限ることなくて、なんだろ本能というとあれですか、誰しもが持ってる心理的一面なんでしょう。

ただ、今の日本の状況は角界に限らず、たとえば肉屋とか、ケーキ屋とかもそうだったと思うんですが、そういう昔ながらのやり方が行き詰まってきてるんですね。各種業界は製品に問題が発覚するとマスコミに取り上げらて対応に失敗すると命取りです。ま、その波が相撲界にもきてるんですね。そういう意味では、なにも相撲界だけのことではないと思うんです。

ただ、相撲界は「伝統文化を守る」という使命を、言わば公然と担わされているわけなんです。企業や公務員制度のように「とにかく近代化、時代に即したものにすればいい」と言うわけには行かないんです。そこに非常に難しく、時間のかかる要因があることを理解しないといけません。

「伝統文化」のもとに、なんでもかんでも残す、封建的で前近代的な部分をあえて受け継ぐというわけにはいかなくなってきたということなんでしょう。

「国技」を標榜するゆえに国民の意見を聞かないというわけにもいかないでしょぅし、まだまだこれから大変そうですね。

コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/1766-b9536ceb

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。