David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中華料理店の閉店

2007-09-02-Sun
先月の26日か27日のことである。

3人でやや遅い夕食を食べに出た。もう遅いから、そばかなにかあっさりとということになったのだが、どういうわけか、うどん屋もそば屋も8時を過ぎると閉店モードなのだった。

ある店に入ると「8時まででご注文受付を終わっておりますので、今からはちょっと」といわれ、別の店では店頭でオーダー8:15というのを確認して入っても「そばはあと一人前しかありませんけれど……」と断られた。別に、そばが一人前でもうどんがあればそれでもよかったのだけれど、なにか、そうして閉店モードの店に時間を気にしながら入る気にもならなかったので、別の店を探すことにした。

もし、中華でもよければ近くにちょっと落ち着いた店があるけど……、とクルマを走らせながら言うと、この際そこでいいかということになった。うどん屋そば屋では記憶にないが、遅くまで開いているラーメン店ならいくらでも知っている……。わたしは頭の中で、どうして、中華系というか、ラーメン中心の店も含めて、中華系はかなり遅くまで、それこそ深夜までやっているのに、うどん、そば系はせいぜい8時そこそこに閉店してしまうんだろうかということを考えていた。ファミリー向けということが関係あるのか、文化の違いなのか、飲酒などと関係があるのかなどと思いを巡らせていた(正直に書くと、何を食うかというよりも、こういうことを考えてる方が好きな面倒くさいタイプなんである。おっつけ、同席する人たちは料理の味とかよりも、その手のどうでもいい議論に付き合わされることになる

そうして、たたずまいも看板も落ち着いている、その個人の中華料理店に入ることになった。わたし自身も1年ぶりだ。時間を入り口で確認した。9時半まで。ああ、充分だな……。まだ、一時間以上ある。あっさり系の冷麺でも頼めばいいだろうと思って、入った。

そうしたら、そこも閉店モードだった……。

閉店のお知らせ

30年間ご利用ありがとうございました。今月末で閉店させていただきます。今まで長いあいだありがとうございました。

                   店主


お知らせ

事情により本日で閉店させていただくことになりました。今までありがとうございました。

                   店主

正確な文句は忘れたが、色画用紙にマジックで書かれた二枚の貼り紙が並んでいてた。

何食わぬ顔で席について、予定通り、つけ冷麺を頼んだが、なんとなくしんみりとした気分になった(たとえてみると卒業式というような晴れやかな気分はなく、お通夜って感じに近い気持ちになった)。

:「……なんかあれだね」
:「ね」
:「……」
:「……この店は前にと、2~3度きたことがあって……」
:「そう。わたしは初めて」
:「……」
:「あっさりしていて、落ち着いていて、いい感じなんだけど……」
:「そうだね」
:「……」
:「……今日で閉めるんだね」
:「今月末って書いてあるのにね」
:「……」
:「味はいいんと思うんだけど。ちかくにマンションもあるし……。」
:「うん。いろいろあるんだよね」
:「……」

厨房の奥で店主らしい男が電話で話すのが聞こえた。電話の相手は「大将」と呼ばれていたので、他店の店主かなにかなんだろう。月末までやるつもりだったけれど、材料がそこそこ終わったんで、思い切って今日でやめるということにしたというようなことを言っていたが、そもそもなんで今月でやめることにしたのかは聞こえてこなかった。

後継者の問題とか、体調の問題とかいろいろあるのだろう。でも、基本的に儲かっている店なら閉めることはしないで、いろんな形で続ける、または続くものだと思う。本格派のラーメン専門店が近くに続々とできたり、飲酒運転に対する罰則の強化とか、いろんなことがボディブローのように効いてきてるんだろうなと思う。あるいは、うどん屋やそば屋が早々に店を閉めているのに、遅くまで開いているという中華系の体質が経営を圧迫しているのかもしれないと、そこでも思ったりもした。

:「サラリーマンやってると、自分で辞めようと考えることなんかあんまりなくて、定年ってのが来るんだけど、こういう人たちは自分で決めるんだなぁ」
:「いろいろあるんだろうね。喜んで閉める店なんてないと思う。いろいろあるよ……」
:「……あそこにさ」
:「うん?」
:「……?」
:「……あそこさ、あの駅の裏の坂あがった角のとこ」
:「……」
:「……駐輪場のとこ?」
:「うん、あそこ、20年くらい前はうどん屋で」
:「……ああ、あそこね」
:「へぇ~、知らなかった。うどん屋だったんだ」
:「宝くじが当たったから、店やめちゃったって話だよ……」
:「(うひょ)」
:「へぇ、宝くじ。大きいよね」
:「うん。噂だけどね、1億円がね、当たったらしいんだ……」
:「……」

食事の話題は明るいほうがいい。

ちなみに、うどん・そば系と中華・ラーメン系の閉店時間については、まだ結論が出ていない……。単に立地条件なのかな。

・「30年間お疲れ様」>店主さま



ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング

COMMENT



凄い事ですね

2007-09-06-Thu-12:12
最後の日になんて凄い偶然ですね。なんだか何かのお話しみたいです。
宝くじもそうだしなんだかもっと呑気な感じでやめるんだっても良いですよね。何となく飽きちゃったとかw
そんでですね、確かに夜中お腹が空いたらうどんじゃなくてラーメンが食べたくなります。

☆あふろやんさん

2007-09-06-Thu-22:01
ああ、確かにそうですね。

で、やっぱりそっちもで、うどん・そば系より、中華・ラーメン系の方が閉店が早いでしょう。特に、深夜なんて時間帯、俄然ラーメンですよね。なぜなんでしょう。

「お客の需要があるから」ってことで、ま、あふろやんさんは、「そっちが食いたくなるから」だとおっしゃてるんだとは思いますが、何が違うのかなって思います。

コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/1717-046423ea

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。