David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝青龍は二場所出場停止で「謹慎」

2007-08-02-Thu
「横綱として極めて軽率だった」ということで、朝青龍に「二場所出場停止、九州場所の千秋楽まで謹慎」という処分が下りました。

日本相撲協会は1日、東京・両国国技館で臨時理事会を開き、「腰の疲労骨折」などとする診断書を提出して夏巡業の休場を申し出ながらモンゴルでサッカーに興じていた横綱朝青龍(26)=本名ドルゴルスレン・ダグワドルジ、モンゴル出身、高砂部屋=に対し、9月の秋場所、11月の九州場所の出場停止処分を下した。また監督不行届として師匠の高砂親方(元大関朝潮)にも、4カ月、30%の減俸処分を科すことを決めた。
  iza:「朝青龍は2場所出場停止 “仮病疑惑”に厳罰」の全文を読む……



正直、長いか短いか、重いか軽いかはわかりません。「厳しい処分」と報じられているので、ま、厳しいのでありましょう。スポニチ(「朝青龍 2場所出場停止&減俸処分」)によると北の湖は「妥当な罰則だ。横綱は常に自分の行動が多くの人に見られているということを自覚してもらいたい。朝青龍本人はがっかりしたかもしれないが、気を取り直して(もう一度)雄姿を見せてほしい」と語ったそうで、わたしはいいコメントだと思います。さすが横綱経験者! 平易な表現ながら含蓄のある言葉です。横綱経験者は横綱の辛さをよく理解していると思いました。朝青龍にはこの言葉をよくかみしめて、まさにもう一度雄姿を見せて欲しいです。

ただ、ちょっとおもしろくないのは、次のお二方の言葉です。素直に耳を傾ける気にならないのは、わたしの不徳の致すところなのでしょうね。

巡業部長の大島理事(元旭国、旭天鵬の親方)は「厳しい判断がなされた。これで全体が引き締まればいい。朝青龍には横綱として模範になるよう、これから気を付けてほしい」(スポニチ同記事)なんてコメントです。さすが、先日旭天鵬を謹慎によって立ち直らせた親方らしい言い回しです。横綱が処分される前に、自分の弟子の不祥事の時に、全体が引き締まるように振る舞ったらよかったのになどと、嫌みなことを書きたくなってしまいますです。これも、ま、わたし自身が先日の「朝青龍処分めぐり内部抗争ぼっ発か…緊急理事会(iza) 」というような報道に影響されているからかもしれません。

巡業部長ですから、そんな私怨なんてことはないと信じていますが、巡業部がいち早く「来なくていい」などというまずい対応するから騒ぎが大きくなったということを、ぜひ自覚してほしい。勧進元やファンに迷惑をかけているのは、ろくすっぽ事実確認もせぬまま、マスコミの報道を鵜呑み西、感情的に紋切り型の対応をした巡業部にもあることを自覚していただきたいです。

また、海老沢勝二・横綱審議委員会委員長(あ、委員長でしたっけ? げげッ!)のコメントも載ってます。海老沢委員長は「朝青龍関の今回の行動は軽率で遺憾。委員長の立場から日本相撲協会に対して厳正な処分を要望しました。朝青龍関は謙虚に反省するとともに、全力士の模範となるよう、伝統ある相撲道に一層精進し、再起を期待しています」(スポニチ同記事)と……。あのですね、あなた様に言われたくありませんことよ(笑)

「厳正な処分」なんて言葉いつ覚えたの? 「エビジョンイル」と呼ばれるのは理由のないことだったのでしょうか? 自分がどんなに見苦しい辞め方をしたのか、お忘れか? 横綱に謙虚だの、反省だの、精進だの言えるの?って聞きたくなりますね。もう、自分のことは棚にあげて。あ~、もう、この人のコメント読んでると、自分が嫌いになりそうです。悪態ばかりついて……。とほほです。

いろんな記事読んでも「二場所出場停止」という言葉があって、「謹慎」という言葉があまりありませんが、わたしがテレビニュースで見たら、伊勢ノ海親方(だったと思う)が「二場所出場停止。11月場所の千秋楽まで謹慎です」とはっきりと言ってました。高砂親方は「謹慎」というのをきちんと朝青龍に教えることができるのでしょうか? 「二場所出場停止」と「11月場所の千秋楽まで謹慎」とはニュアンスが全然違いますから。またそんなところで足元をすくわれないようにしてほしいです。

そうして、朝青龍には初場所に全勝優勝してほしいです! ガンバレ、朝青龍!

あとですね、ちょっと気になる記事があったので、書いてみたいです。

北の湖理事長「ピンポン!」に激怒!!

日本相撲協会がTBSの昼の情報番組「ピンポン!」に抗議した。朝青龍を診断した三重県の病院が30日に広報部を通じてリリースした補足説明書を紹介した際、同番組は説明書を「日本相撲協会が修正した」と伝えたため北の湖理事長(元横綱)が激怒。TBSサイドは「修正したとの言葉が誤解を招いたかもしれません。対応は協議中」とコメント。同番組はハニカミ王子・石川が出場した関東アマでもトラブルを起こしている。

8月1日つけのスポニチです。30日の補足説明とはこの「所見」ってやつに該当するのだと思うのですが、これを「修正」と受け取った「ピンポン!」は、それならそれまでどういう報道をしていたのかってことなんですよ。

「肘と腰」と報道していたのなら、「修正」とは受け取らず、「補足」がすんなり入ってくるはずなんですね。まさか、スポニチみたいに「ヒザ」と報道していたなんてことはあるとは思いませんけど、でも、多くのメディアがそうであったように、あたかも「腰の疲労骨折」と腰だけであるかのように報道していたんじゃなかろうかと思います。そういう報道をたれ流して、なんというのかな、市民感情に働きかけていたわけですよ。

今回の処分は「ファンの納得」、「ファンの怒り」が大きく関係したたと思うのですが、そもそも、そのファンが納得いかなかったり、ファンが怒ったりしている状態は、繰り返し述べてますが、マスコミの恣意的な報道と、相撲協会(主として巡業部)の対応によって増幅していったのです。

たとえば「朝青龍、やはり症状軽い? 入院せず通院治療に」(iza)なんていう言葉が出てくるのですが、「手術の可能性」を言ったのは病院ですが、「入院させます」と言ったのは病院ではなくて、高砂親方でしたよね。それも、批判逃れの苦し紛れで~。その言葉が逆に「入院するほど悪くはない→仮病」という論調に、再び結びついていったりするのですね。

朝青龍にも非はあったし、親方のにも、もっとしっかりして欲しい点が少なからずあったと思います。それはもちろん認めています。同時に、相撲協会にもおかしな対応があったし、マスコミの報道にいたっては、果たして公正に報道したのだろうかと疑問に感じるふしさえあって、とっても後味が悪いです。

ですが、ま、いつまでも不満を口にしていたのでは、前に進めません。朝青龍自身にも考え直し、見つめ直して欲しい点はあるのですから、どうぞ、この機会にしっかりと振り返り、反省し、また、身体も治して、初場所を好成績で乗り切ってほしいと思います。ガンバレ! 朝青龍。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
ブログランキング



もう、これで終わりにしようと思うけど、どうしても知りたいことがある。

それは、どうして朝青龍がサッカーをやったのかということ。
誰のためにサッカーをしたのかでもいい。

モンゴル政府に頼まれたチャリティサッカー。
世界のヒデとできるサッカー。
朝青龍はそれをしたかっただけなのか?
単に、サッカーを楽しみたかったのか?

誰かそれを聞いて、報道してた?

子どもたちのためだったのか?
それとも、英雄だったからか?

ああそうだ。きっとたぶん、英雄だったから。
日本の大相撲の横綱という英雄だったから。
子どもに夢を与える英雄だったから。

いい気になっていたのかな? オレは英雄だって。
そういうのもあるかもしれない。正直。

だけど、そうじゃないと思うんだ。今回は。

英雄というのは断れないんだよ。
特に子どもには。

「肘が痛くてサッカーができなんだ」なんて、
  どこの大人が子どもの前で言えるものか(笑)
横綱が、肘が痛くてサッカーができないなんて言えないんだよ。

横綱はサッカーもすごいんだって、
朝青龍は見せたかったんじゃないかとと思うけどな。
横綱は英雄なんだって示したかったんだと思うんだ。
それって軽率? 本当に? 

わたしが朝青龍なら、そこで逃げたくないけどな。

どこかで誰か聞いて、書いててくれないかな。

COMMENT



2007-08-02-Thu-04:36
TBSはいんちきボクシングを放送するくらいだから,何でもする。ピンポンはまたあのインチキアナウンサーが泣いて誤れば済む。
それより大相撲は朝笑龍はもう一度やるから,念書を取っていなくても最終的には引退に追い込むべきである。

妥当な措置

2007-08-02-Thu-07:51
情状酌量して執行猶予をつけたようなものじゃないですか。
次やれば、番付効果か解雇しかない。

蟄居閉門されたと同じことだから、様子見しましょうよ。

☆もう一度さん

2007-08-02-Thu-08:49
はい、もう一度しそうです。TBSも朝青龍も。

TBSはそれで、謹慎とか、二場所営業停止とかしましたっけ? わたしが知らないだけで、社内ではやってるかもしれませんね。

朝青龍は、とりあえず、全勝優勝で復活して欲しいです。とりあえずそこで、うぉーっ、どうだぁと吠えて、苦しかったと泣いて、ま、それからですね。

☆名無し(07:51)さん

2007-08-02-Thu-08:52
コメントありがとうございます。

どうしても萎縮しますよね。あれはいいの? これはどうの?って、なんかそうしたら弱くなっちゃうかもしれません。そんなのはイヤだなぁ。

憎いくらい強い朝青龍を、待望の若手が倒す!というシナリオほどおもしろいものはないと思っています。マスコミが、インチキで倒しても、くだらないと思います。

こんにちは

2007-08-02-Thu-17:06
出人さん
暑中お見舞い申し上げます(^-^)
先日も早速有難うございました。翌日見に来ました(^-^)
サポートメールも入ってきてその前にツールも開いてチェックも確認して・・・なので、昨日・今日は調子がいいのですが・・・そうですね~時間のある時にまた何かあったらそのようにしますね。

> 「厳正な処分」なんて言葉いつ覚えたの? 「エビジョンイル」と呼ばれるのは理由のないことだったのでしょうか? 自分がどんなに見苦しい辞め方をしたのか、お忘れか? 
笑ってしまいました(^-^) 新聞より面白いかも(*^m^*)

☆ノエルさん

2007-08-03-Fri-00:40
FC2ブログは、今、裏で大工事していますんで、いろいろ不調なんですよ。

エビジョンイルが横審の委員長で、品格だの、厳正だの、公正だの言っても説得力ないって感じですね。聴視料の不払いがすごく増えましたからね。

私もそこが知りたい

2007-08-03-Fri-23:29
>それは、どうして朝青龍がサッカーをやったのかということ。
>誰のためにサッカーをしたのかでもいい。
私もそれを知りたいです。

朝青龍は「モンゴル政府に依頼されて」と答えたそうですが。

もし、我々が同じような状況で「政府」に依頼されたとしたら…

無理しちゃったのかも知れませんね。
彼なりの「サービス」のつもりだったのかも知れません。
ただ、やりかた、進め方を間違えたのでしょう。

怪我をおして政府の依頼を受け、挙句の果てにこの騒動とは…

サッカーのこと、怪我のことと同時に言っていれば…

☆miracleさん

2007-08-04-Sat-10:14
ま、モンゴルへ帰国することが内緒だったらしいから、事前に言うことはできなかったようなんですけどね。そういう手続きとか、きまりごとみたいのには、確かに、鈍感力というか、気にしないようだから。ま、それがナメてるというか、懲らしめてやれという発想につながってると思うのですけど。

そのあたりのことも、いくらかわかるんで、「身から出た錆」みたいな論理もわかるのです。ただ、わたしは知りたいんですよ。朝青龍がどう思ってサッカーやったのか。そのとき彼が横綱の自覚があったのか、なかったのかが。

わたしは、横綱として、英雄として、怪我を押してサッカーの依頼を受けたという可能性もあると思ってます。そこが伝わってこないから、知りたいです。

コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/1683-7ead510d

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。

朝青龍に特別休暇

さすが平成の大横綱、朝青龍である。「左ひじ内側側副靱帯損傷、左尺骨神経障害、急性腰痛症、第5腰椎疲労骨折で約6週間の休養、加療を要する」の重症にも関わらず、母国モンゴルでのボランティア活動の為、長距離フライトに耐え、チャリティーサッカー大会に参加そのチャ
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。