David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

段ボールで肉まんの具かぁ~

2007-07-13-Fri
中国人というのは、よくもわるくもとんでもない人たちだと思います。

なんせ、漢字を発明し、万里の長城を築いたのが中国人です。わたしは中国人=悪だなどと決して思いませんが、しかし、なんというか、やっぱり中国には、とんでもない人はいるんだと思います。

北京テレビの記者が、ヤミ食品工場に潜入取材し、その実態を生々しい映像とともに報道した。ヤミ工場関係者の説明によると、古い段ボールを水酸化ナトリウムに浸し、溶かしたあと、40%の豚肉とネギをまぜ、豚肉味の香料など調味料で味付け、肉まんにして毎朝街角で売っていた。

色といい、食感といい、本物との見分けはつかず、このヤミ工場では、毎日1000元(約1万6000円)分前後の肉まんを売りさばいていたという。関係者によると、全国の肉まんヤミ工場が、このニセ肉まんの作り方を知っているとされる。
   iza:「そこまでやる…!肉まんの原料は「段ボール」」の全文を読む


いろんな理由で笑っちゃいました。ミートホープ社なんてかわいいもんでしょう(笑)。他の動物の肉を混ぜて牛肉として売っていたんでしょう。

こっちは段ボールですから。「本場中国の肉まん」なんて言葉にお目にかかったら、これからは段ボールを想像しないではいられませんね~。

 色といい、食感といい、本物との見分けはつかずと、そこまで完璧ならば、きちんと材料の所に「段ボール」と明記して、安全で衛生的な工場で作ってもらえれば、「おいしい低カロリー食」として歓迎されるかも知れません。おいしいダイエット食なんて大歓迎でしょう、今の日本なら。「段ボール」の表記が悪いなら、「セルロース」でもなんでもいい。ウソがあったらだめだけど、成分を書くのならむしろ望ましいくらいでしょう。

でも、わたしの笑った最大の理由は、もうちょっと別です。

時々、思い出したように検索されたり、参照されたり、どこかで紹介されてアクセスが増えるわたしの過去記事にこんなのがあります。
 → 「シナチクは割り箸でできているのですか」
 その関連記事 → マイブロブーム:「割り箸」

これは、わたしがジョークで「メンマは割り箸からできる」って記事を書いたのですが、なんと、実際中国では、段ボールで肉まんの具を作っていたわけで、あるいは、割り箸からメンマ、どこかでは実際やってるかもしれないぞゾと思ったわけです。

中国恐るべし!

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング

COMMENT



2007-07-13-Fri-22:04
きっと次は椅子入りの肉まんを製造しますよ。
「みろ! われわれは全ての4本足の物を食うのだ!!」

☆えっけんさん

2007-07-13-Fri-23:00
ほんと、中国人恐るべし!ですね。

こんなコメントしてると、国際問題になるかな~。

コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/1646-e7c0a833

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。

中国料理世界チャンピオンのお店 横浜中華街皇朝

以前肉まんと餃子、シュウマイのセット品をお取り寄せしておいしかったので2回目の紹介ですがまたまた紹介したいと思います。【横浜中華街のある皇朝】なんと中国料理の世界チャンピオンがシェフをしています。期間限定なんと8種類入り!【世界チャンピオン欲張りセット】..

段ボール肉まんは「やらせ」かぁ~

先日、「段ボールで肉まんの具かぁ~」で「中国人恐るべし」と書いたのだけれど、どうやら、アルバイトスタッフの「やらせ」だったというので、何のために? と思うのと同時に、ちょっと安心。ああ、中国人は普通だった
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。