David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画:「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」/劇場

2007-06-01-Fri
先日、やっと見てきましたよ。やっとって言っても、まだ、公開して1週間だと思うんで、遅くはないと思いますが。

 → 公式サイト

上映時間はおよそ3時間です。長い。3時間という時間の長さは感じさせません。つまり、冗漫ではなくて、ぎっちり詰まっています。だから、充実した3時間です。ただ、そうはいっても長いことには変わりなく、ちと長いって感じはします(笑)

それから、いろんな人が出てきますから、おさらいしていって正解でした。特に「2」は必要でしょう。この上映時間の長さも、それなりのおさらいがあって長いのかなと思っていましたが、全然ありません。テレビのバラエティなどでは、わずかに1分足らずのCMを見せてもずいぶんおさらいをしてくれることがありますが(時間の無駄だと思いますけど)、そういうことは全くありません。

作品の感想ですが、細かなところまでよく作られていると思いました。小ネタというか、ちょっとしたギャグもちりばめられていて、そういう意味では楽しいです。また、スパロウの「あの世」での暮らしぶりも、シュールで異質な感じがしてよく撮れていました。ああした世界に送られても、絶望するわけでも、腐るわけでもない、飄々とただ飄々としているスパロウはすごいというか、人間を超越しています。それにくらべたら、タコ頭の異形のデイビー・ジョーンズがどんなに人間的な野心や苦悩を、愛憎を持っているか。好対象です。

「海賊長会議」みたいのがあるわけですが、どうもそれがちょっとあれですね。そのリアリティを出すために、シンガポールの海賊サオ・フェンのエピソードを入れたのだと思います。それはそれでおもしろかったのですが、9人の海賊長を見渡すと、なんだか、残りの海賊がみんなちょっと、見るからに変で(笑)、滑稽でさえありました。ま、娯楽作品なのでこれでもいいのでしょうが、ちょっと、日本人のきまじめさには合わないかも。

アクションですが、さすがに3作目となると、初回作品ほどの新鮮さはありません。第1作はただマストロープにターザンよろしくぶら下がって飛び回るだけで、もうおもしろかったですから。ただ、だからダメってことはありません、スピーディだし、大がかりだし、小ネタもあるし、トリッキーでおもしろいです。

テーマはそれぞれにありますが、共通しているのは、「自由」「戦い」「愛(恋愛)」「信頼」「親子」そんなところになってくるのですね。ま、そもそもが複数形の「パイレーツ」で、ま、主人公を一人あげるとすれば、やはりメインはキャプテン・スワロウとうことになってくるのでしょう。ジャック・スワロウを中心としたアドベンチャーだと。

ただ、ファンタジーとして見るとどうなるか。ファンタジーの王道は、一人の少年がさまざまな困難を、勇気を持って乗りこえて行き、成長する物語であるという観点に立つとき、ターナーとエリザベスがその資格者たるにふさわしいと思われます。そして、最も劇的に成長し、1作目から3作目まで、ストーリーの中心にいたのは、エリザベスだと思います。これは、エリザベスを中心としたファンタジーと言うこともできるでしょう。

あ、そうそう。まだ見ていらっしゃらない方に、重要なことをお伝えしておきましょう。ま、このシリーズの第1作からのお約束なんですけど、エンドロールが終わるまで席を立ってはいけません。おさらいで、DVDを見る場合も、1作も2作も、ちゃんとエンドロールの終わりまで楽しんで下さいね。で、そこから、もし続編があるとしたら、スピンアウトってことなんだろうなぁって思うかもしれませんけど、どうなんでしょうか。



にほんブログ村 映画ブログへ

COMMENT



ようやく 記事を仕上げることができまし(--

2007-06-03-Sun-13:37
なんか 手抜き記事に関わらず ブログに来てくださってありがとうございました~

いや~やや長かったですね!
前半はもう少し切ってもよかったのではいのかな?思ってしまいました。

場面場面はいいのに、脚本がやや雑なのが残念でしたが、シリーズの終わりとしては良かったかなと思いました(^^)

☆コブタさん

2007-06-03-Sun-15:02
ども。長いですよね。どこをどう切るのかわたしはちょっとあれですが、海賊長会議関連の話が必要なのか、必要なら必要で、戦闘にももう少し関係させろとは、ま、思わないでもありません。

いろんな人にスポットライトがあたっていて、それはそれでいいとは思ったのですが、切るところ切らないとしまらないですよね。メリハリがないというか。

1作目が、思わず大成功で、こりゃ2匹め、3匹めと思ったんでしょう。総合的には大成功だったのでしょう。3作品の中では、「1」がいちばんいいだったと思います。

見たーっていう充実感のある作品でした

2007-06-06-Wed-19:52
久しぶりにお邪魔します。

確かに第1作は、驚きと感動でした。
3作めもかなり粘ったつくりで個人的には満足してます。

あのエンドロール後の隠し映像は、これがオープニングの子供と関連があるとしたら、今度は過去と未来がメビウスの環状態につながったりして、またしてもてんやわんやのストーリーができるかな~と思ったりしました。

☆やくさん

2007-06-07-Thu-06:25
お久しぶり

ときどき読みにうかがっていたのですが、なかなか映画作品が重なることがなくて。今回の着眼はよかったので、というか、自分もなんか似てるとは思ったので、便乗させてもらいました。

ほんとうは、メタボの方でお世話にならないといけないのかもしれません。

コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/1584-87807fa5

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。

映画「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」ブログパーツ

「スカル」「ジャック・スパロウ」「ウィル・ターナー」「エリザベス・スワン」「サオ・フェン」「バルボッサ」ついに公開されたシリーズ3部作目「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」!(2007年5月25日)ちょっと遅れましたがFANサイトからのブログパーツ6

●パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド (Pirates Of The Caribbean At Worlds End)

待望のパイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド 見てきました~。2のデットマンチェストでのガッカリ度の低さから観る前からかなり不安はあったのですが。2よりかは明らかに面白かったです。br cle

内輪ウケ~パイレーツ/ワールドエンド

 パイレーツ・オブ・カリビアン~ワールド・エンド。 http://blog.with2.net/link.php?431723 えーと、これは、あの名作映画のパイレーツですか??? パイレーツのキャストと舞台を借りた別のお話なので

「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」これって文句...

「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」★★★☆ジョニー・デップ、オーランド・ブルーム主演ゴア・ヴァービンスキー監督ディズニーマークで始まる映画、ワクワクしたり、声が思わず出るような笑いのシーンが少なかったのが意外だった...

☆『パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド/PIRATES OF THE CARIBBEAN: AT

5月25日の公開から遅れること2週間、ようやく待望の『パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド』を観に行って来ました~~・・・・・・・がっ期待してたのと、かな~り違うxxxx『呪われた海賊』 、『デッドマンズ・チェスト』の時とは違ってジャックは...

映画「パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド」

 公開初日の夜に見てきました。昨年同様withあやん。 パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド。以下、略してAWE(At World\'s End)。 1作目は単純にPotC、2作目はDMC(Dead Man\'s Chest )。デトロイトメタルシティではありません。 見てきたのは新宿に新
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。