David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「御中」の使い方

2007-05-20-Sun
先日知人K(以下。ちなみにわたしは)が何かの拍子にこんなことを言った。

:「出人さん、宛名書くときに会社の下に御中ってつけるって知ってました?」
:「(当然という顔をして)常識ですよね」
:「それが、ある人に聞いたんですけど、会社の中のある人に宛てて出すときには、人の名前には『様』を書くけれど、その隣ににも会社名の下には御中と書くんだそうです」
:「(当惑)んぁ?」
:「知らなかったでしょう~。こないだわたしもはじめて知りました」
:「人の名前は『様』とか『殿』ですよ。原則。で、会社とか係とかが『御中』です」
:「そうですよ。わたしもそれは知ってます。ただ、○○会社の、××さんに出すときには、『○○会社御中、××様』と書くのが正式なんだそうです」
:「(意外)えぇ~?」
:「わたしも初めて知って~。知らなかったなぁ」
:「それ間違ってますよ」
:「だって、その人、自信ありそうに『おい、Kくん。君間違っとるぞ。こうやって書くものだ』って、教えてくれましたから~」
:「う~む」

わたしは、自分の方が正しいと思うのだけれど、果たしてK()の言うことが、絶対的に間違っているというだけの知識はなかった。ただ、わたしが知っている常識とは違った。自分のやり方(会社や係に宛てて出すとき、つまり個人の名前を書かずに組織宛に出すときには「御中」で、個人の名前を書いたら「御中」は使わずに「様」もしく「殿」と書く)というのがたぶん一般に通じるという自信はあったが、だからといって、K()の言うことが絶対的に間違っているという自信もなかった。ひょっとしたら、そういう書き方も認められるのかも知れないと思ったのである。

:「だったら、○○会社の××係▼▼さんあてに書くときは、『○○会社御中 ××係御中 ▼▼様』と『御中』を2回つかうことになるんですか?」
:「いや。知らんけど……。その人はそういうこときのことは言わなかったから」
:「(おい。もう論駁完了かよ~)えぇ。だってそうなりますよね。そんなのは変でしょ」
:「あ、じゃ、その人間違ってますか?」
:「たぶん。組織の次に個人名や役名を書くなら、『御中』とか使わずに、『様』や『殿』を使えばいいはずだから~」
:「え~。俺、謝って損しちゃったなぁ。その人自信満々だったんで、自分の書き方が間違っていたと思って、謝っちゃった~」
:「あ~。たぶん間違ってますよ。それ」
:「そなんだぁ」
:「でも、一応調べておきますね」

というわけで、今日の記事ができた。検索した。
 → 年賀状・暑中見舞いドットコム:「はがきと手紙の豆知識」

○正しい例
○○株式会社 △△部 部長 葉書大介様
○○株式会社 △△部御中
○○株式会社御中

×間違った例
○○株式会社 △△部 葉書大介部長様
○○株式会社御中 葉書大介様
○○株式会社御中 △△部御中

ああ、あったあった、そのものズバリの例が。この「×間違った例」の2番目のやつが、このK()が言ってる書き方ですよね。

いったい、どこをどうしたら、そんなデタラメが通用するものでしょうか?


ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事はうちのブログの人気記事の一つなんですが、その後、「御中」でなくて、「御内」という遣い方があることを知りました。

より丁寧に言うならば、

~学校御内 企画御担当者 様
~学校御内 イベント御担当者 様

がよろしいかと思います。

注意
「御中」ではありません、「御内」(おんない)です。
その学校のウチの・・・という丁寧な言い方です。
 → HatenaQuestion:「中学校、高校、大学宛てにDMを送りたいと……

これで思い出したけれど、若い頃、この例で書くと、

 ~学校内 ご担当者様

と「御内」など使わず、ただ、「内」と書いてました……。これは、どうなんだろ。こういうものを書くのは、事務用なんで、今でもあんまり違和感がないのだけれど。

そう思って冷静に考えてみると、Kさんも、「御中」のことでなくて、「御内」のことを言っていたのかもしれませんね。わたしがさんの質問を聞き間違えたのか、さんがご指導を受けた時点ですでに間違っていたのかはわかりませんけれど。

ご参考まで。




さらに追記です。

相変わらずこの記事はうちのブログの人気記事なんですが、どうも最近、この「御内(おんうち)」の使い方はおかしいのではないかと、最近思うようになりました。

「この」というのは、「HatenaQuestion:「中学校、高校、大学宛てにDMを送りたいと……」の解説です。

「御中」ではありません、「御内」(おんない)です。
その学校のウチの・・・という丁寧な言い方です。

とあるのですけれど、辞書などに「御内」は「おんうち」として載っています。

おん‐うち 【御内】
手紙の脇付(わきづけ)の一。相手の妻、または家族全体にあてる場合に用いる。
 → コトバンク:「御内」


つまり、「脇付」ですから、「宛名の横に書き添えるもの」です。ちょっと横書きになってしまいますけれど、

山田太郎様
    ご令室様


山田太郎様
    ご家族様


みたいに書くところを、

山田太郎様
     御内


と書くのが脇付です。読み方は「おんうち」です。「脇付」には「机下」「侍史」などの伝統的なものがあって、これは辞書などにも載る、正当な書き方と言っていいでしょう。現代的であるかどうか、いくぶん微妙な点はありますが、なくなることはないと思います。

一方で、「おんない」というのは、辞書などにもありません。辞書に載っているかどうかはすべての判断基準ではありませんが、代表的な国語辞典にないような言葉は、少なくとも、「知らないと恥ずかしいマナー」ってことまではならないと思います。

ということで、

~学校御内 企画御担当者 様
~学校御内 イベント御担当者 様


の「御内(おんない)」については、どの程度認知されているのか? 逆に言えば、一般的なマナーになっているかは、現時点では正直疑問です。「マニュアル敬語」という言い方があるかどうか知りませんけれど、そういう形で今後広がっていくかもしれませんけれど、現時点の国語辞典には「御中(おんちゅう)」「御内(おんうち)」は記載があるが、「御内(おんない)」なんて言い方は載ってないということです。

COMMENT



さっき、木蓮さんの記事のコメント欄に書いたのですが、

2007-05-21-Mon-10:17
「○○御中 ○○様」が正式なのかと思って、焦ってしまいましたw
「○○(団体) ○○(あて先)様」でよかったのですね....
ほっとしました。

☆葉桜さん

2007-05-21-Mon-11:22
こんにちわ~コメントありがとうございます。

うん。K(v-15)というか、その知り合いがとにかく信じているようで、布教して回っているようで、もう、困ったもんだと思っています。

こういうのって、案外、間違ったものが通用し出しますからね、ま、そういう言葉の揺れぐあいを観察する一つの材料にはいいって言えばいいと思います。

ちなみに、今揺れていて、わたしが注目しているのが、「そのとおり」「今までどおり」の「とおり」の表記です。「とうり」に乗っ取られつつあります。

また、わたしが、揺さぶっているのが(?)、「こんにちは」「こんばんは」などを「こんにちわ」「こんばんわ」と改めさせようということです。(笑)

むふふv-17

ふんっ。

2007-05-22-Tue-08:59
そう簡単に、揺さぶられないわよ。

☆sugarさん

2007-05-22-Tue-23:43
そう、力まなくても~v-17

やだわ

2007-05-31-Thu-23:28
私いつだって「こんにちは」ってもしかして「こんにちわ」だっけ?って悩むんですよ。そんな事を書かれるとホント、もっと悩んで困ります。
って具合に人からちょっと聞いてしまうと刷り込まれてしまいますよね。ほんとやだわ~。

☆あふろやんさん

2007-06-01-Fri-00:27
こんばんわ~。

わたしは承知で使ってますけど、そうでないと無意識ですからね。
「こんばんは」「こんにちは」の「は」って、絶対に助詞だとはおもえないのですけどね、どうも助詞らしい。

こんにち♪

2007-06-01-Fri-08:15
以前「助詞を省略して話すのが…」ってニュースでしていました。

助詞ですか。へぇ。良い事聞きました。これで「は」って忘れずにいられそうです。
「てにをは」が助詞ですよね?え?これも今急に不安になってきました。やだわ~。

☆あふろやんさん

2007-06-01-Fri-08:38
そうですよ。「きょうはいいお天気ですね」というようなかんじで、「こんにちは、おひよりもよく」とか、「こんにちは、いづくへおでかけですか」とか、「こんばんは、いまおかへりですか」、「こんばんは、ひえますね」などと言っていたのが省略されて、「こんにちは」とか、「こんばんは」とかになった。だから、助詞の「は」なので、「君は死んだ」とか「花は散った」の「は」と同様に、「は」として残しているのです。

ただ、わたしは、それは成り立ちの話で、今はもう、それ、一語だろうと思っているので、「こんにちは」より「こんにちわ」の方がよかろうと、屁理屈を言っているのですね。

2011-12-11-Sun-11:56
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

☆履歴書の封筒さん

2011-12-13-Tue-10:24
どうもありがとうございます。
よろしく、履歴書の封筒には「御内」はいらないのでしょうか。
こんどいらしたとき、教えてくださるとありがたいです。

コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/1553-3b8f1473

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。

「様」と「御中」

出人さんの記事『「御中」の使い方』を読んで、あ~~!わたしも同じこと言われたあ!と思い出した。わたしは、何度か転職を経験しているので新人時代を幾度も経験している。なかなか個性的な先輩や上司もいて、こちら
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。