David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画:「バベル」~コロナで

2007-05-10-Thu
ブリューゲルの「バベルの塔」を宣伝の一部に使った映画「バベル」を見てきました。

バベル
バベル
posted with amazlet on 07.05.10

おすすめ度の平均: 4.0
4 菊池さんの演技に、星1つプラスです。
2 うーん・・・・
1 菊地倫子さんの演技は文句なしですが


個人的には「バベルの塔」エピソードをよく知らないので、映画の中でちょっとわかりやすく教えてもらえると、なんというか、どうしてこういうタイトルにしたのか、映画のテーマとの関連はみたいなことがもうちょっとわかってありがたかったかもしれません。というわけで、とりあえず、本編中に直接「バベル」や「バベルの塔」に関する説明は一切ありません。

いちおう旧約聖書創世記に載っているバベルの伝説はとは、ま、簡単に言えば「ノアの洪水後、ノアの子孫であるニムロデ王が、自分の力を誇示するために天に届くような高い塔(バベルの塔)を築き始めるのですね。神はそれを見て、その驕りに怒り、人々の言葉を混乱させて塔の建設を中止させるわけですね。こうして世界中にかくもさまざまな言語が生まれることになった」というような話です。ま、そんなことはチラシなどにも書いてあるわけですが。

また、機会があれば書きたいのですが、わたしはブリューゲルが好きです。この「バベルの塔」も好きですし、「ネーデルランドのことわざ」や「子どもの遊び」のようなものづくしみたいな絵も好きです。こうした作品は、ちょっと「ウォーリーをさがせみたいな」要素がありまして、ま、見ていて飽きません。

あと、ボス(ヒエロニムス)に近い宗教的な、ちょっと地獄図絵みたいな絵も好きなんですけど、ま、わたしのお気に入りは「雪中の狩人」だったりしますが、ま、こんな話が長くなるのもあれですから。

さて、映画です。いろいろ話題になっていました。菊地凛子がアカデミー賞ノミネートされて受賞を逃したとか、実は「ゲリラ撮影」だったとか。あるいは、ポケモンと似た点滅効果で気分を悪くする観客が続出してるとか。こうしたニュースを見聞きしながら、予告を見たりしていったいどんな作品なんだろうって思っていました。

そして、実際見てみましたが、う~む、「おもしろい」というのでしょうね。実際、スクリーンから目を離すことなく、集中して見ていましたから。ほとんど笑ったりなんかしませんでした。モロッコの銃撃事件。他愛もない銃の試し打ちがとんでもない事件に発展していくのです。また、アメリカとメキシコの間に関わる不法就労や不法入国の問題。これもまた、他愛もない結婚式への参列なんですが、こどもたちにとっても楽しみでありまた驚きでもある展開へとつながっていきます。そして、日本。聾者の女子高校生の孤独と苦悩、ストレスがまわりの人を巻き込んでいきます。

きっかけはたいしたことではないのですが、なんでしょう。いつの間にか複雑な事象へと展開していきます。そうしたなかで、そのたいしたことでない背景に、孤独と断絶、共感を求める心の叫びと無理解という、ま、「バベルの塔」の崩壊とともに人類に課せられた、不十分な意思の疎通が問題となってきます。これだけ情報機器が発達し、さまざまな意思疎通の方法が開発されていながら、学問科学が進歩して、国際化の社会になっていながら、また、社会的弱者の立場や障害者の立場への理解が進んでいながら、そういう、科学とは文明の発達とは無関係の、むしろなにか、もっと根本なところでの人と人との繋がりという点についてに、家族の結びつきについて、かえって大きな断絶がおきているような気がしてきます。かつて神が「バベルの塔」に怒り、人類の言葉を寸断したように、この20世紀の後半から21世紀にかけて、人類は別のバベルの塔を築き、そして神の怒りを買い、今度は言葉の寸断でない別の断絶、つまり、心の結びつきの断絶をあたかも原罪のように負わせられることになっている、ま、そんなことを表現しているのではないかと、考えながら見ていました。

いわゆる娯楽作品でなく、映画の力を発揮するすばらしい作品だと思います。



にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキング

COMMENT



どうも!

2007-05-10-Thu-22:37
最近は内容意外ばっかり話題になっちゃってますよね。

言葉が繋がっても心が通じ合えていないと言う意味でのバベルだったのかぁと感心しましたね。

確かに【映画の力】だけで言えば今上映中の中では1位だと思いますね。

ジグソーさん

2007-05-11-Fri-00:27
コメントありがとうございます。

ほんと、いろんな話題が。

聴覚障害者が、聾の者を扱ってる割に配慮がない(字幕がない)というような抗議を展開していたとも聞きますしね。

いい話題作りと、そうでないのと両方ありましたが、いずれにせよ、話題はそれなりに宣伝効果があると思います。わたしは、ポケモンとよく似た点滅効果の話題で、見に行きたい気持ちが強くなりましたから~。

コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/1536-f4211471

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。

「バベル」

「バベル」(2006)《届け、心。》4/27新宿アカデミーでの先行オールナイトにて観賞introduction本年度アカデミー賞【作曲賞】受賞監督・製作:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ castブラッド・ピッ...

「バベル」それでも希望はある、傑作まではもうひとつか。

「バベル」★★★★ブラッド・ピット、菊地凜子ほか出演アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ 監督神話の世界で神に近づこうとした人間は別々の言葉を与えられ世界に放たれた。同じ地球上の別々の場所で人はそれぞれ同じ時間を過ごしている。...

バベル

今回、紹介する映画は、現在公開中でブラッド・ピット主演のこの映画です。バベル この映画は見終わってから考え込むタイプの映画ですね。時間軸が前後したりするし、多数のカットをつないで群像劇の構築をしているので映画館で一回観ただけでは解りづらい部分が多いと思い
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。