David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画:「屋根裏の散歩者」~DVD

2007-12-17-Mon
江戸川乱歩原作の映画です。「ザ・スノウ」と一緒に借りてきました。本当は「椿三十郎」つながりで黒澤明「椿三十郎」を借りて来たかったのですが、たぶん今は他の人に借りられてるとは思ったのですが、ま、なくても「七人の侍」を借りたかったのです。というのは、わたしの知り合いに、織田裕二の「椿三十郎」を見たと言ったら、他の作品はともかく「七人の侍」だけは必ず見ろ!と言われたのです。ま、しかし、そいつもやっぱりなかったので、どうかなと思っていたのですが、ふっと、実相寺昭雄の「屋根裏の散歩者」がみたくなりました。ま、映画としては黒澤の方が評価は高いかもしれないのですけれど、わたしは、こっちの方が好きかも(笑)
屋根裏の散歩者〈完全版〉
ジェネオン エンタテインメント (2005/02/25)
売り上げランキング: 12684
おすすめ度の平均: 4.0
3 エキセントリック・ますみ。
5 故実相寺監督作品
5 是非とも!

ほぼ原作どおりなんだと思います。乱歩の変態趣味、のぞき趣味、女装趣味、浮世絵趣味、性的なSM、心理的推理、論理的推理、幻想、幻視などがいろいろ盛りだくさんで、また、カタツムリや紫煙などもムードが出ていて、とっても満足できます。ただ、明智小五郎が嶋田久作ってのが、ちょっとイメージが違うのです。ま、それはそれでおもしろのでしょうけれど。

これに対して、現代風にアレンジした、一種のパロディが、「エロチック乱歩 屋根裏の散歩者 完全版」です。これはまだ見ていないのですけれど、Amazonの説明を読むと「亡き画家・郷田三郎の取材で彼が屋根裏が好きだったことを知った編集者の奈緒子は、実際に郷田が登った屋根裏に自分も上がってみることに…。 」ということで、屋根裏に上るのは原作では男でしたが、こんどは女ということになっています。そのあたりを注目して見るといいのかも~。
エロチック乱歩 屋根裏の散歩者 完全版
アートポート (2007/11/21)
売り上げランキング: 17733
おすすめ度の平均: 1.5
2 セミヌードで魅力もない
1 期待はずれ

これと前後して同じく「エロティック乱歩 人間椅子」なんてのも出ています。こっちもAmazonの評価は辛めです。まだどちらもまだ見ていないので、なんとも言えないのですが、「エロティック乱歩」なんて言葉をつけてしまったがために、よくも悪くも余分なイメージが重なり、余計な期待がはたらいて、いたずらに評価を下げてしまっているような気もします。
エロチック乱歩 人間椅子
ジェネオン エンタテインメント (2007/10/24)
売り上げランキング: 14794
おすすめ度の平均: 2.5
2 タイトル
3 異常性愛…




にほんブログ村 映画ブログへ

COMMENT



アニメ<SAMURAI7>はトホホでしたが…

2007-12-18-Tue-10:00
<屋根裏の散歩者>は未読ですが<人間椅子>は10代初め頃に読んで怖かったし大いに感心しました(二段落ちのトコロ!)
内容だけでなく手紙の文体そのものがエロティックだった記憶があります。

スゥ。も黒澤明には全然間に合っていないのですが<七人の侍>だけは再映の機会を捉えて劇場で観ました。
あったりまえの感想すぎますが…面白かった!
NHK大河<新撰組!>で山本太郎の演っていた原田佐之助のモデルこの時の三船だったのか~なんて具合に後の映画ドラマへ受け継がれた沢山のモチーフを逆に見て取れるのも興味深いものでした。
タイミングよくレンタルできればゼヒ。

☆スゥ。さん

2007-12-18-Tue-11:16
コメントありがとう。寒いですね。風邪など召していませんか?

乱歩は大好きでして、ほんとお馬鹿なくらい好きでしたから、今でも、少年探偵団シリーズとか、マジで欲しくなってしまって、いや、もう、置く場所がないからと自分を騙しています。

黒澤を見たのは「乱」と「羅生門」くらいしか記憶になく、たぶん、そうとは意識せずに、もう何本かは見てると思うんですけどね。ま、せっかくですので、この機会に、見たいと思っています。

コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/1527-9232c426

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。

『屋根裏の散歩者 <完全版>』(1992)

1920年代の半ば、東京市のとある下宿館。そこに住む郷田三郎は、退屈な日々に倦んでいた。 「こんな世の中に生き永らえるよりは、いっそ死んでしまった方がまし」と考える彼だったが、ある日偶然に押入れから屋根裏へ出ることが出来ることに気付く。 屋根裏を徘徊し、他...
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。