David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

休日の踊り場で~「踊り場」語源

2007-05-04-Fri
先日「ブログの死亡率」って記事を書いたときに、ちょっと気になる言葉がありました。「踊り場」です。メディア・パブってブログの「ブログの成長に陰り,踊り場説が浮上」という記事に「ブログの世界もそろそろ踊り場にさしかかっているようだ」と書かれていたのです。

goo辞書によれば、

踊り場【おどりば】
(1)踊りをおどる場所。
(2)階段の途中に,方向転換・休息・危険防止のために設けた,やや広く平らな所。
(3)景気や技術競争などで,成長が一時小休止している段階。
   ※三省堂提供「デイリー 新語辞典」より

と書かれていて、ま、メディア・パブの筆者は「ブームでさえあったブログの世界もちょっと伸び悩んでいるようだ」くらいのことが言いたかったわけですね。今後さらに人数を増やしていくか、右肩下がりに転じていくかはともかく、一時期の加速度的な伸びはなくなり、たしかに踊り場に来ていると、わたしも思いますので、そういう指摘自体に異論はありません。

気になったのは「踊り場」という言葉そのものです。つまり「踊り場」の語源ですね。

記事の冒頭で紹介した「踊り場」はgoo辞書の(3)の意味で使われているのは言うまでもないでしょう。そして、おそらく(3)の意味は(2)の「階段の途中に,方向転換・休息・危険防止のために設けた,やや広く平らな所」に由来するのであろうと思われます。そこまではいい。

では、「階段の途中のあの平らな部分」をどうして「踊り場」というのだろうか? 誰が、どんな踊ったのだろうか? ま、そういう話なんですね。

インターネット時代は便利なもので、検索さえすればすぐ答えが出てきます。わたしも見つけました。ま、結論から言うと定説はないってことになってくるんです(有力な説はあります)。一応、クチコミなどでちゃんと調べてくれてるページがあありました。
 → ウィふり調査団:「踊り場の語源は?」

ここ読むと、古来、わが国の階段には「踊り場」がなく、出来たのは明治になって西洋建築が入ってからということですね。戦国時代の大きな城などでもあんな急な階段(というかはしご段か)で階を結んでいるのですね(もっとも一層一層はそんなに高いモノではありませんが)。ま、要するに江戸時代までは階段というと真直ぐな階段か梯子段しかなかったのです。

だから、「踊り場」という建築法は輸入なんです。しかしながらその一方で「踊り場」という呼び名は輸入ではありません。たとえば英語では「Middle Floor」と言っています。「踊り場」というような言い方をするのは日本独特の表現らしいのです。

つまり、実態を輸入したものの、その名称は直訳などで輸入せずに「踊り場」と日本語名をあてたのですね。そこで、なんで「踊り場」って呼ぶようになったのか? ってことなんですね(これ明治の文献を探していったら、最初の使用者はともかく、現存するもので最も古いものは見つかるかもしれませんね~。どなたかやってみます?)

さて、ウィふり調査団:「踊り場の語源は?」の中でも紹介されている中で、代表的なのは次の二説だと思われます。
1)西洋建築の社交場の階段などで貴婦人たちが方向転換をするときに、豊かドレスが揺れ踊っていたように見えたことから。
2)階段の先にある板の間で、実際に踊りを踊ったことがあったことから。

これは語源由来辞典でも有力な二つの説として紹介されています。

それ以外にユニークな説としては、
・階段の「段差」が「ダンサー」に転じた。
・階段を一気にあがると心拍数が上がる、つまり心臓が踊るんで、途中で休むために設けられたところを「踊り場」。
・「踊り場」では、実際に足を軸にして向きを変える。あれは踊りのターンの動作そのもの。だから、誰でもが踊るというわけ。
・「人々」「時々」などの「々」を「踊り字」という。同じ字を繰り返す記号。上下の段に進まず同じ段のままだから。※この説は秀逸です!
・演劇などの舞台では、実際この階段の途中の位置で踊っていた。
などがあります。これは要約というか、抜粋でして、元のページではそれぞれの言葉で語られていておもしろいんで。

さて、わたしの説です。いわば「ステージ(stage)翻訳説」。

階段の一段一段の段(ステップ)でもない、かといって1階2階というようなフロアー(床)でもない、じゃなんだろうと考えて「ステージ」って言葉が浮かんだんじゃないかと、そしてstageといえば「舞台」なんですけど、これじゃそのまんま演台みたいな感じなんで、「踊り場」としたのかなぁ
と、ま、思ってみたりするのですね。

どう? え、別に根拠があるわけではありませんよ。例によってsmart assなはったりですんで。

今日は5月4日。祝日法の変更で今年から「みどりの日」になりました。昨年までは、憲法記念日とこどもの日に挟まれた、国民の休日(→Wikipedia)」だったのですけど、これも、なんとなく、休日の踊り場みたいな感じがしませんか。



ブログランキング・にほんブログ村へ

COMMENT



そうなんだ。。。

2007-05-05-Sat-18:25
私、なぜだか演劇関連で「踊り場」と名前がついたのだと思っていました。根拠は全くなかったけど、勝手に能とか歌舞伎とかそういった日本伝統の演劇からの由来かと...。勉強になりました。

☆Wakanaさん

2007-05-05-Sat-22:35
そうですね。

演劇とか、ミュージカルとかで、よく、ああしたところで、踊ったり歌ったりしますからね。

踊るって言うのも、舞うわけじゃなくて、跳ねるみたいのを踊るともいいますからね、身体の動作をいってるのかもしれません。

コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/1523-65822c15

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。