David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画:「ナイトミュージアム」~コロナで

2007-04-16-Mon
秘密と謎とスリルがいっぱい!~「ナイトミュージアム」を見てきました。映画は基本的に平日の昼間、一人で行くのですが、今日はたまたま家族で出かけ、こういうファミリーものになりました。ま、くだらないですが、おもしろいです。

小説 ナイト ミュージアム
L. ゴールドマン ホンヤク社
講談社 (2007/02/16)
売り上げランキング: 96680
おすすめ度の平均: 5.0
5 面白い!


主人公ラリーは離婚し、仕事を何度も変えています。尊敬できない父親は子どもにふさわしくないと別れた妻に言われ、きちんと仕事を続けないともう合わせてもらえないという状況に追い込まれているのです。そこで、やけっぱちで見つけたのが自然史博物館の夜の警備員でした。ところが、どういうわけか、そこでは夜になると展示物が生きているかのように動き出すのです。凶暴なテラノザウルスの骨格標本やマンモスや野生動物が歩き出し、大統領の蝋人形が馬に乗ったまま駆け回り、カウボーイやローマ帝国の兵士たちのミニュチュア人形は大騒ぎ……、モアイ像がガムを噛みたいと大声でいい、エジプトのミイラはここから出せ~とばかりに棺を中から踊らせる……。当事者にしたらたまらない、見ているだけではとってもとってもおもしろい一夜が始まるのです。

もちろん、それだけの映画ではありません。そこには、深刻なアメリカの家庭問題、失業問題、老人問題、教育問題の陰がうかがわれ……るには、うかがわれますが、ま、そこはコミカルに明るく展開されます。いちおう、どうして展示物がそんなふうになってしまっているのかということも、ま、一応説明されて、その陰謀を暴き無事解決することで、ダメダメ父ちゃんのラリーの父親復権のファンタジーが展開されるということになっています。

ま、家族むけですね。ばかばかくてくだらない。ぜひ、声をあげて笑って見て欲しいです。笑うのは子どもばかり。若者よ、大人よ、おもしろかったら声をあげて笑え……と思いながら、ちょっと浮き気味で笑ってみてました。おもしろかったら笑うのは常識というか、一種のマナーだと思う。

にほんブログ村 映画ブログへ

COMMENT



どうも!

2007-04-16-Mon-16:03
本当に日本人は笑わないですよねぇ~
コメディ映画行ってるのに笑わないなら、何をしに行ってるんでしょうね?

これは本当に子供も楽しめますね。
でも大人の目線で見ても面白いので良かったです。

個人的に展示物の動き出しをもっと観たかったです。
T-REX以外の最初の動きが観たかったなぁ

☆ジグソーさん

2007-04-16-Mon-22:53
ま、おもしろくもないのに合わせて笑う必要はないのですが、自分がおもしろいと思ったところは、ぜひ、正直に笑って欲しいと思います。

うん。いろんな動き出しって、確かに個性が出ておもしろそうです。

コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/1491-95c5b8b6

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。

「ナイトミュージアム」

「ナイト・ミュージアム」(2006)《みんなみんな、動き出す!》3/11新宿バルト9・スクリーン5での先行上映にて観賞。introduction監督・製作:ショーン・レヴィcastベン・スティラー、ロビン・ウィリアムズ、カーラ・グギーノ・・・&オーウェン・ウィ....
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。