David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花まつりが仏滅のこともある

2007-04-08-Sun
今日4月8日は「花まつり」です。古くは「灌仏会」と言って、仏教では重要な日です。

釈迦(ゴータマ・シッダッタ)が陰暦の4月8日に生まれたという伝承に基づく。降誕会(ごうたんえ)や仏生会(ぶっしょうえ)、浴仏会(よくぶつえ)、龍華会(りゅうげえ)、花会式(はなえしき)、花祭(はなまつり)の別名もある。釈迦誕生の時に、龍が天から飛来して、香湯(ソーマ、アムリタ)をそそいだという故事に基づくものである。本来は旧暦で行っていたが、近年は新暦で、又は、それに近い日曜日に行われることが多くなってきている
   → Wikipedia:「灌仏会」より

 (ちなみに、ブッダはインドではなくて現ネパールで生まれです。→ 釈尊ご降誕の地~ネパール・ルンビニ

こちらにもありますように、そもそも陰暦が正式で、ああ、それで長野では5月5日に「仏都花まつり」なるイベントをするのかと思って、ちょっとカレンダーを見てみましたが、今年の5月5日(新暦)はまだ3月で、旧暦の4月8日は5月24日(新暦)にあたります。平日よりも、みんなでお祝いできる日にしようということで、GWにやるものと思われます。さすが、慈悲深い。このくらいでないと、仏都とは言えません。しきたりだの、伝統だのと古いものばかりに意固地にこだわってると、「ほんならあんたたちだけでおやりなさい」ってことになっちゃいますから。ついでなんですが、全くついでにみただけなんですが、な、なんと、今日は仏滅であることに気づいてしまいました~。ああ、なんか灌仏会が仏滅って因果応報じゃん~(意味あってる?)。

さて、なんで「花まつり」なんでしょうか? もう少し言うと、この「花」というのは何の花なんでしょうか?

古来日本では花といえば桜のことでありました。ちょうど今、「携帯」といえば、携帯ラジオでも携帯灰皿でもなくて、携帯電話のことだけを特定して言ってしまっています。それは日本語の一つの特徴なんでしょうけれど、大げさに言えば「言語にみる島国文化的特徴」ってことになるのでしょうが、別に最近の悪しき風潮ということでもありません。花といえば桜、車といえば牛車(ぎっしゃ)、「まつり」といえば葵祭なのだと、ま、古典の先生が言ってたわけで、その証拠に「花見」と言うのは桜で行うものなのです(別に、チューリップやパンジーでやるってのならご自由に)。

それじゃ、この「花まつり」ってのも、やっぱり桜なの? 4月だしって思うのですが、どうやら桜じゃなくていいようです。

いろいろな花で飾った小さなお堂(花御堂)の中に、甘茶の入った水盤を置き、あかちゃんの姿のお釈迦様の像(誕生仏)を祀ります。ときにはこの花御堂を白い象にのせて練り歩きく場合もあります。お参りの仕方は、誕生仏の頭からひしゃくで甘茶をそそいでお参りします。
  → 飛不動:やさしい仏教入門「花まつり」


桜限定で「花まつり」ってんなら、「いろいろな花で飾る」ではなくて、「桜で飾る」とすると思いますのでね。また、こちらの「花まつり」の説明では「仏教の灌仏会と、民間行事の花祭りとが合体してできた」という説が紹介され、

民間行事の花祭りは花の日とか春山入りとも呼ばれ、この日にお墓参りをしたり、山に登って花(石楠花が多い)を摘み、それを長い竹の先につけて庭に立て、これによって山の神様を里に迎え入れるとします
  → 花見と花祭り:「花まつりとは」

と、「石楠花」(しゃくなげ:写真→「季節の花」)だと言っています。いずれにしても、桜のように枝にある花を観賞するのではなくて、摘んで来て飾り付けるのにふさわしい花ということで、「花見の花は桜だが、花まつりの花は桜ではない(なくてもいい)」と言えそうです。

そうなんだぁと思いつつ、ん、花まつりに使う甘茶は歯周病に効くのか~、おお、これぞ釈迦の思し召しと思ってみたりするのであります(笑)。南無~。


 
ブログランキング・にほんブログ村へ

COMMENT



2007-04-08-Sun-22:20
潅仏会は覚王山日泰寺に出掛けてきました。
本堂前に花々で飾られた小さな釈迦像が甘茶の池の中に安置されているだけ。
お姿に柄杓で注ぐだけの穏やかな行事。
先週の春祭の賑やかさとは雲泥の差です。

Xmasもキリスト教圏では静かな催しと聞きますからソレが本当なのかもしれませんね。

☆スゥ。さん

2007-04-08-Sun-22:39
お、日泰寺ですか。わたしは行ったことがありません。
なんだかとっても落ち着いた暮らしぶりをなさっているようですね。

そういえば、今日は、イエスの復活祭でもあるらしいですよ。

覚王山のススメ

2007-04-09-Mon-09:48
復活祭は“春分の日の後の最初の満月の次の日曜日”だとか。
子供の頃イースターエッグを拵えたことがあります。
玉子の底を突付いて小さな穴から中味を吸い出すのが面白かったけど…たくさん作りたい時は大変じゃないかしら?
<ロッキー>で話題になったとき驚いたけど合衆国の文化では生卵を食べないようですし。
ゆで卵で構わないのかもしれませんね。

名古屋に引越して来てから1年ちょっと。
大須も今池も好きだしオアシス21やアスナル金山にも出没しますが覚王山カナリ気に入っています。
去年は<夏祭>と<参道ミュージアム+クリエーターズ秋祭>へ。
今年も<やまのて音楽祭>を聞きに行って東山給水塔に昇り<春祭>を冷やかし弘法大師の御縁日には2度ほど足を運びました。

きのうは悉達多太子像に甘茶を掛けたあと覚王山アパートでアクセサリーを買って<チムチムチェリー>を弾いていたアコーディオン奏者の女の子に投げ銭をしながらディック・ヴァン・ダイクが出ているからと<ナイトミュージアム>鑑賞を勧め参道横の店でお好み焼きを食べて帰ってきました。
初めて歩いて行ってみたら片道小一時間かかりましたが往復の道で桜が綺麗でしたよ。
ちっとも“落ち着いた暮らしぶり”ではないんですが(笑)
まだまだ観光客気分なのかもしれません。

http://www.kakuozan.com/top.html

弘法大師の御縁日は毎月21日にあります。
土日に当たった時しか行ったことがありませんが地下鉄の駅から上がる階段にギッチリ詰まった爺様婆様(婆様率高し)には圧倒されること請け合い。
参道見上げると黒々してるもの(笑)
でも市の商品が安くてイイんだ~(野菜とか乾物とか。やっぱり年寄り向けの品揃え)
対してアート系のイベントがある日はカラフルで音楽に溢れ…
奇抜な服装の人が横を通ってギョッとさせられるのも楽しい。
いろんな肌や髪の色の人達が上手に和服を着て歩いてたりしてインタナショナルな光景も見受けられます。

日泰寺は“どの宗派にも属していない超宗派。各宗派(現在19宗派が参加)の管長が、三年交代で住職を務めている←Wiki”ってとこもカッコイイなーと思っています。

(あああ、またヨソ様で長文のコメントを~ゴ、ゴメンナサイィ)

☆スゥ。さん

2007-04-09-Mon-10:58
おお、長文。歓迎ですよ。

ま、ブロガーはこのくらいのコメントになると、トラックバックを選択する人も少なくないようです。わたしは、そんなの決まりはなくて、好きなようにしたらいいんだって思ってますけどね(ただ、技術的にというか、コメントの文字数に上限のあるブログサービスがあるようなんですわ~)。

そういえば、金山か神宮前の名鉄沿線にも、大きな象の像がある寺があったような。名古屋や愛知は戦国まで遡れば、いくらでも伝説の地、歴史の舞台はあると思うんで、ちょっと、そういうところ回りたいですね。

そんな気持ちを込めて、「あいち・みかわ」ってカテゴリ作ったんだけれど、やっぱり、どこかこう、出不精というな、インドア派で~。(笑)



コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/1478-25e2cb8e

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。