David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画:「蒼き狼~地果て海尽きるとも」~コロナで

2007-03-05-Mon
「蒼き狼~地果て海尽きるとも」を見てきました。

蒼き狼 地果て海尽きるまで ナビゲート ~史上最大の帝国を築いた男 チンギス・ハーン~
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ (2007/02/16)
売り上げランキング: 1208
おすすめ度の平均: 5.0
5 超大作!


チンギス・ハーンの一代記を撮った映画です。

う~む。先日「アレキサンダー」を見たときとよく似た印象を持ちました(→関連記事)。なにかもの足りないんです。それなりに迫力はあったんですが、なんだろう、「事実は小説より奇なり」などという言い方もありますが、なんだろ、「歴史は創作に及ばない」ということがあるのではないでしょうか。

少年時代に非常に苦労して、やがて歴史上最大の帝国を気づくようになるわけです。その過程で、やっぱり、いろいろえげつないこともやっただろうと思います。きれいごとではいかない。そうした事実を書くことは、時に、平凡すぎてつまらないということもあるんですね。そして、時に映画は、作り物の方がおもしろく、また、感動的なこともあるわけなのでしょう。

ま、そういうものを踏まえてうまく作ることが、もちろん映画としては大切なんでしょうけれど、なんかそういう限界とかありのかなって思います。

歴史上の一個人の心の問題や、生きがい、人生というものに光を当てたときにあるいは実在の人物のドキュメントはおもしろいかもしれませんが、こういう大きなことを成し遂げた英雄は、その大きさを描きつつ、個人の内面の苦悩とか人間的薄汚さを描き、それでいて、その人の威光を損なわないというのは、非常に難しい作り方を要求されるのではないかと、ま、そんなことばかり思いながら見ていました。

映画の感想としては、なんだか、「流れがぎこちない」ってのがあるかな。もうちょっと1シーン1シーンをゆっくり撮り込んだらどうなんだろって思いました。もちろん、わたしはよくわからないんですけどね、そんな印象でした。そして、もっともっと、少年時代のエピソードとか、とったらどうなんだろうとも思った。映画の時間じゃ自ずと限界なのかもしれないけど。

そうそう、若村真由美は新妻の役から、老け役まで上手にやってたと思います。

そうそう、どうでもいいけど、こんなページがあった。



にほんブログ村 映画ブログへ

COMMENT



コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/1402-1075cee7

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。