David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

K-1WORLDGP2007(横浜大会)

2007-03-05-Mon
K-1はショーとして見せることを前提として、それもかなり前提として試合を運営しているのですね。

実際の会場でもたぶんこの順序で運営されたのだと思いますが、TVでは「K-1へビー級王座挑戦者決定戦」といううたい文句で「ルスラン・カラエフVSバダ・ハリ」「武蔵VS藤本祐介」が連続して放映されました。

今回はTBSでないフジ系だったのですが、テレビでは「カラエフとバダ・ハリとの因縁」が取り上げられていました。それは、前の対戦のときに(パンチを打たれて)腰をついたバダ・ハリにカラエフの蹴りが入ってのKOという展開だったことです。バダ・ハリはこれを卑怯だと言っていました。倒れている相手への攻撃は認められてないはずだと。確かにルールではそうなんですが、モーションに入っていたら止められないということもあって、実際かなりレフェリーやジャッジは臨機応変の判断が迫られるのでしょう。このときはカラエフの勝ちで、試合直後のバダ・ハリはやり場のない怒りから、いろんなところに八つ当たり、会場を壊している様子までテレビでは放映されました。自分の勝利を卑怯者のように言われておもしろくないのはカラエフも同じです。次やっても同じだと吐き捨てます。

その二人が対戦する! こういうのおもしろいです。やる気満々で闘争心をむき出しにする試合というのは、ま、ひじょうにわかりやすくおもしろい。そして、試合は始まりました。バダ・ハリは慎重のように感じました。逆に、挑発に乗って前面に出てるのはカラエフかなって。どんどん蹴りやパンチで前に出るのを、バダ・ハリは後ろへ避ける感じです。攻勢のカラエフ、守勢のバダ・ハリという感じもするのですが、はやるカラエフ、いなすバダ・ハリという感じでもします。そんな展開で2ラウンドまで来て、カラエフほ左の低い軌跡のフックがカラエフの顔面にヒット。ダウンとなります。そのままKOとならず、立ったバダ・ハリに一気に決めようと大振りに左を打ってくるカラエフを、内側から速い右ストレートカウンターが決まったという感じです。なんだろ、派手な試合も結局勝負は基本って感じですかね。番組のつくりとはうらはらに、バダ・ハリって結構冷静で、カッカ来てたのはカラエフだったのでは?って思います。また次も見たいですね。

ところが、続く藤本対武蔵。これは「ヒーロー武蔵のスパーリングパートナーだった藤本の武蔵超え」ってアングルです。そのとおりの試合でした。ペースというか、流れは武蔵だったんだろうと思います。藤本は勝ちたかったので、やけくそにというか、やみくもにいつものような大振りをしなかった。むしろローキックを打っていくという戦略的な展開です。それに対して武蔵はいつもの武蔵だったと思うんですね。「負けない武蔵」です。外国人との対戦では五分五分の内容だったら判定で勝たしてもらえるってくらいのことはK-1の日本人選手にはあると思うんです。それに甘えたらだめですけど、どうしてもそういう地元有利みおたいなところって、判定ではありますよね、特にプロでは、K-1に限らず。

ところが今回はそうじゃなかったのですね。藤本は日本人で、おまけに延長の前に「こんな消極的な試合では、初代ヘビー級チャンピオンにはふさわしくない。両者失格にします」なんて角田審判部長(?)が出て来て発破をかけたんです。これは要するに武蔵の守り勝つという戦法を否定して藤本の得意な殴り合いをしろってことなんです。今まで積んできたローキックの伏線が生きて、左ハイキックが見事に武蔵にヒットして、一発で沈めました。

これって、冒頭に書いた「K-1はショーとして見せることを前提として試合を運営している」ってのが、勝敗に影響した格好の例だと思います。それを批判しているのではありません。プロレスなんてモロにそれをやっていて、わたしはそういうプロレスが好きですから。しかしそれは「命がけでやる格闘技」とは、ひょっとしたら正反対のところにあるのかもしれません。
 →ヤフーニュース「武蔵KO負け、“日本人最強”藤本がバダ・ハリとヘビー級王座決定戦へ=K-1」

「学生相撲出身の野田貢がアビディに判定勝ち」「K-1で2戦めの澤屋敷がバンナに判定勝ち」ってのいう感じで、ニューヒーロー誕生なんて感じなんですけど、これも営業的には非常にいいですね。今後楽しみです。でも、アビディはなんだか太ってて身体重そうなところに、野田が相撲的な、身体全体で押してくるような、時には頭を当ててくるような(実際野田はバッティングで出血)展開だったし、バンナは蹴りは全く出ないし、左前腕には大きなテーピングだったし、澤屋敷はアウトボクシングで勝ったって感じ。二人とも金星も金星なんでしょうけど、ちょっとなにか、うまくいきすぎなのがアレ。すんません。
 → 「波乱の始まり…学生相撲出身のホープ野田貢がアビディを破る金星!」
 → 「バンナ撃破!ヘビー級に新ヒーロー」「3・4谷川EPがバンナを破った澤屋敷を絶賛!ホンマンはハワイで復帰戦濃厚」

最後のセフォーとシュルト。テレビ的にはファンタジェスタでカリスマ性のある、人気のセフォーと、強いけれども強いだけで、おもしろみがなく人気の薄いシュルトとの対戦という感じでした。なんか、シュルトに人気がなく、客が喜ばないのはプロとしてはダメみたいな感じさえある紹介でした。だからファンはセフォーを応援するという感じの。

ファンは好きなほうを応援したらいいのです。別にどっちを応援するかなんてことをテレビに教えてもらう必要はまったくない。そして、わたしはK-1は、そんな、ただでかくて強いだけの、地味なシュルトを大切にしてほしい。むしろそれを利用して、たぶんシュルトには気の毒だけど、一種のヒールになってほしいですね。誰がいっても勝てない、そういう絶対的な強さを持つ、憎まれ役。大相撲で言ったら、そういう無敵の大横綱みたいな存在になってほしいんです。

確かに、K-1トレカ(なんてのがあるかどうかは知らないけど)なんかは売れないかもしれない。ブーイングが多いかもしれない。しかし、人気があるものが強いんじゃなくて、強いものが強いんだ。強いものが勝つんだっていう、そういう象徴としてシュルトにはずっとチャンピオンであってほしいです。お客は正直ですし、子どもは正直ですから。本当に強ければ、根強い人気が出ます。実は、セフォーがダウンを奪ったときに、実はわたしもちょっと期待したのだけれど……。
 → 「シュルトがK-1スーパーヘビー級初代王者に、GPと合わせ2冠達成」

「人気か実力か」「ファン本位か選手本位か」、八百長疑惑報道のされている大相撲でもそうなんですけど、真剣勝負っていったって、お互い生身の人間だし、体調もあるし、人生もあるわけなんだから。理想と現実というか。

●シリル・アビディVS 野田貢○

○グーカン・サキVS天田ヒロミ●

○アレキサンダー・ピチュクノフVS堀啓●

○ザビット・サメドフVS中迫強●

●ジェロム・レ・バンナVS澤屋敷純一○

●チェ・ホンマンVSマイティー・モー○

◇へビー級王座挑戦者決定戦
●ルスラン・カラエフVSバダ・ハリ○

◇へビー級王座挑戦者決定戦
●武蔵 VS 藤本祐介○

◆スーパーヘビー級王座決定戦
○セーム・シュルトVSレイ・セフォー●


にほんブログ村 格闘技ブログへ
ブログランキング

COMMENT



コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/1400-2f7576e7

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。

悶絶KO続出

【K-1】不倒王チェ・ホンマンがマットに沈んだ!マイティ・モー烈KO勝ち何と言っても、今回はこの試合が1番燃えたね 現王者シュルトもレミーも、バンナさえも倒せなかった、あの憎きチェをKOだよ、KO 無敵のサモアンフック ひっさびさに鳥肌立ったね(^皿^)
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。