David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の森さん~「三文芝居」

2007-03-01-Thu

“みちのくおわび旅”の森進一に川内氏「三文芝居」

「おふくろさん」をめぐる“改作騒動”で、歌手の森進一(59)が2月28日、作詞家、川内康範氏(87)に謝罪するため青森県八戸市の自宅を再訪したが、川内氏は、すれ違いで上京していたことが1日分かった。川内氏はマスコミを通じ、森の謝罪旅を「三文芝居」と切り捨て、無断で自宅敷地内に入ったことに怒りを倍増させている。

  iza:全文を読む……

「おふくろさん問題」で、森進一が青森県八戸市内の川内康範の自宅を2日にわたって訪問したが、実際、川内氏は病気治療のため上京中で会おうにも会えない状況だったようだ。

ただ、実際は不在でなくても合う意思はないようだったのだけれど。実際、きじによると、手土産を置くためとは言え、無断で敷地内に立ち入ったことに関して怒ってもいる様子で、実際のところそうとうこじれているという感じである。

また、さらに、川内を東京で直撃したテレビ朝日の情報番組「ワイド! スクランブル」に対して、森への怒りをしたためた直筆の手紙を託したという。その記事によると、

 手紙の冒頭では、≪告ぐ! 我が真実、無償の愛は何があっても変わりなし≫と心血を注いで作詞した「おふくろさん」への変わらぬ思いを主張。マスコミが囲む中での八戸来訪を≪森進一の三文芝居≫と切り捨て、≪拙宅は無断侵入禁止の札が掲げおるにもかかわらず侵入した≫と激高している。手土産などは、家政婦が宅配便で森の事務所に返送したとし、≪これが私の返事です≫と修復不可能であることをうかがわせた。

ということで、なにをどう取り繕おうとしても、かえって逆効果という感じになってしまっている。

お気の毒という感じだ。こうして、毎日ボロボロになっている森進一を見て、視聴者は「バカめ、こいつ」とは思わないで(当初はそういう目で見ていたかもしれないが)、むしろ、同情が集まり、川内康範もいい加減許してやれ、森が気の毒だという風潮になる可能性もある。

人気低迷の森に対して、そこまで読んだちょっとした演出かもと思わなくもないが、それにしても、森もそのうちつぶれてしまうかもしれないなって、ちょっと思う。

ガンバレ! 森進一!! あきらめたらダメだと思う。



ブログランキング・にほんブログ村へ

COMMENT



いろんな出来事に

2007-03-07-Wed-23:37
出人さんは色んな出来事に興味があるのですね。
なんだかそこが面白かったです。
この出来事には私はまったく興味が無くて、
それよりも森進一整形…ってそこばかり気になって(って私は思っているのですけど違うのかな?)
なんだかいやらしい顔だなぁ。元の方が良かったな。昌子さんも実はこの顔が嫌になったのだったりして……など勝手な妄想をしてしまうだけです。
で、どうなるんでしょうね?(って興味もないのについ言ってしまう)

☆あふろやんさん

2007-03-08-Thu-06:34
お久しぶりです。お元気でしたか。

わたしは森さんには、あんまり興味がありません。これが、美女がお泊まりしたとか、宝石を持ち逃げされたとかだったら全然~。

著作権に絡んでるのが興味があるんです。

続報を整理したいです。

コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/1392-db3fdb24

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。

送り返された虎屋の羊羹

森進一が川内氏の自宅がある青森・八戸まで詫びに行った。暖冬といわれる今年の冬だが、森の来訪を断るかのように冷たい雪が降っていた。手土産に持参したのは虎屋の羊羹だった。玄関先でインターホンを鳴らせども中からの応答はなし。2日続けて訪問したが河内氏は不在だっ
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。