David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の森さん~青森で門前払い

2007-02-28-Wed
まさか、これがシリーズ化するとは思わなかったな~(笑)

「森進一、青森まで行って門前払い」

歌手森進一(59)が27日、青森県内の作詞家川内康範氏(86)の自宅を訪れたが、面会できなかった。

   ライブドアニュース:全文を読む……


かなり深刻です。森進一サイド。たしか、川内康範は「おふくろさん」だけでなくて、自分の歌は一切歌わせないという主張だったのですからね。

川内さんは、この問題については10年ほど前から森さんに伝えていたとして、「やっていることは作家同士なら盗作と同じなんだ。人間として失格」と森さんを激しく非難。「僕の志と違ったことをやる者にはオレの作品は一切歌わせない」と森さんに言うと、居直って「結構だ」と言ったという。
   ライブドアニュース:全文を読む……。

で、川内康範作詞の森の歌ってどんなのがあるかと、森進一のホームページを探してみると、いくつかあります。

おふくろさん

昭43 「花と蝶」
昭44 「花と涙」「恋にもたれて」
昭46 「おふくろさん」「小鳥と少年」
昭46 「火の女」「二人のいのち」
昭56 「命あたえて」「愛と憎しみと」
 参考:森進一ホームページ EP・LPライブラリー

「おふくろさん」だけでなくて「花と蝶」もだめなわけです。「花と蝶」などは「森進一の三大名曲」に数える人もいますんで、とても残念ですね。

これらを「全部歌わせない」と川内が言っているんで、JASRACも当然その意を汲んで使用許諾を与えないものだとばかり思っていましたら、どうやらそうではないという意見がありました。

川内康範氏はおふくろさんその他の歌詞をJASRACに権利委託していると思われる(そうでないと現実的にレコード出せないし)ので、作詞家本人が歌わせないとがんばってもJASRACに金さえ払えば誰でも自由におふくろさんを歌えます。逆に金を払わなければ川内康範氏本人ですら公けの場で歌うことはできません。これが悪名高いJASRACの権利委託です。

   たけくまメモ:「森進一はどうするべきか」のコメント欄より。発言者はでかいのさん

つまり、強行すれば、森も歌えないわけではないようなのです。しかしながら、もちろん、そんなことをしてもなんの解決にもならないどころか、事態は悪化する一方なのです。

というわけで、ますますドロ沼っぽい展開なんですが、ま、おかげで、こんなふうにいろいろと勉強になります。がんばれ! 森進一!

ええと、こんなのもあるのですね。ちょっと欲しくなったかも~(笑)


ブログランキング・にほんブログ村へ

COMMENT



コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/1390-7a88ff6d

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。