David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「おふろさん問題」長期化というより既に根深い?

2007-02-24-Sat
森さん、ホテルまでいって門前払いだったようですね。

森進一、押し掛け謝罪門前払い「謝りたかった」

森、門前払い-。代表曲「おふくろさん」の冒頭のせりふをめぐる問題で、作詞家の川内康範氏(86)から“歌唱禁止令”を受けた歌手、森進一(59)が23日、川内氏が滞在する都内のホテルへ謝罪に訪れた。アポなしで、1時間ほど粘ったものの結局会えずじまい。やむなく手紙を置いてきたという。森サイドは会えるまで毎日足を運ぶ覚悟を示したが、川内氏は同日中にホテルをチェックアウトした。
    全文を読む


門前払いどころか、同日中にチェックアウト、疾風(はやて)のように去って行かれてしまったのではないでしょうか。

問題の歌詞部分について、もうちょと知りたいなと思っていたら、見つけました。ここ(http://www.youtube.com/watch?v=vOyRGDrcBsU)で見られるようです。

おそらくこないだの紅白歌合戦だと思うのですが、イントロが流れ、森がせり上がりで登場します。次のような台詞というよりもう歌だと思いますが、ま、それが始まります。「いつも心配かけてばかり いけない息子の僕でした 今ではできないことだけど 叱ってほしいよ もう一度」という(詞・保富康午)。これで全文です(それにしても「だから、叱ってやってんだよ、ボケ~」って思わず川内康範が突っ込み入れてきそうな詞ですね(笑))

そうして森はステージ前方に歩みだして、おそらくここでイントロも本来の「おふくろさん」のものが始まっていると思います。それにあわせるように画面にスーパーで字がかぶります。「おふくろさん 詞・川内康範 曲・猪俣公章」 そして「森進一(39回目)<鹿児島県出身>」と出て、森は「おふくろさんよぉ~ おふくろさん 空をみあげりゃぁ~」と歌い出すのですね。

ま、たぶん、このイントロの前の「台詞」の部分については「演出としてやってます」というのが、森や猪俣公章の言い分だろうと思います。「改変」でなくて「あくまで演出」で、やっていけるという判断をしているのだろうと思います。

ま、川内康範も伊達に月光仮面ではありませんので、ま、そのあたりのボーダーみたいなことは心得ていて、もう「新たなアレンジは感動的でいい」ってなことを言って、別段そのできぐあいを問題にしていない。あくまで作品的なデキのよしあしではなくて、何? 対応というか、手続きというか、人間性を問題にしてるんでしょうか?

「(森さんは)嘘八百をならべているのだから、そんなヤツと会ってもしかたない」「(解決策は)もう無い」そして、「表立って(訴訟を)やるつもりはないが、僕の歌を(森さんが)歌ってはいけないとジャスラックに届けている」と話した。
  → ライブドアニュース:「森進一は”人間として失格”?」

って言ってるんですね。

あ~、ということは、もう、JASRACには川内サイドから話が合って、JASRAC側は森に歌わせないということのようです。ってことは、「これから」でなくて既に今もう森進一は歌えない状況下にあるものと思います。だから、慌てて謝罪にってことなんですね。

で、ライブドアニュースの元はJ-CASTニュースなんですけど、そこのスタッフがJASRACに取材していて、こんなくだりがあります。

さて、完成してヒットした歌の冒頭に、違う作詞家のセリフを付け歌うと著作権違反になるのだろうか。弁護士によって違反、違反とはいえない、など2つに分かれているが、ジャスラック広報はJ-CASTニュースの取材に対し、著作権法20条に「同一性保持権」があり、著作者人格権侵害にあたるのだという。

「川内先生が作品を改変することに同意していないため、著作権法違反にあたります」
なのだそうだ。
   → J-castニュース「セリフ付「おふくろさん」ダメ 森進一もう歌えない?」


ここに、「さて、完成してヒットした歌の冒頭に、違う作詞家のセリフを付け歌うと著作権違反になるのだろうか。弁護士によって違反、違反とはいえない、など2つに分かれているが、」とあります。これ、微妙じゃないですか? 実際、上で紹介して紅白の映像(http://www.youtube.com/watch?v=vOyRGDrcBsU)を見ても、著作者のクレジットは、問題の「セリフ」部分と、本作との間に入っていて、そのあたりのところを「一応分けて扱ってます」と言えそうというか、言い逃れできそう、というか、すでにそう言い逃れをしてるんじゃないかって気もしてます(邪推ですね)。

だから、やっぱり、「嘘八百をならべているのだから」という川内康範の言葉になってくるのでしょうかね。

単純な行き違いなんてことではなくて、なんとなくそうとう根深いもののようなきがしてきますね。それにしても「嘘八百をならべて」の真意を知りたいものですね。具体的に何をさしているのか……。

ところで、とばっちりでもないけど、ここに登場してきた「保富康午(ほとみこうご)」って知ってます? 「ググると、へぇって思いますよ。あの平井堅が歌った「大きなの古時計」の訳詞者で、「ドカベン」「キャプテン・ハーロック」その他アニメ系の作詞でもかなり活躍してるようです。「大空魔竜ガイキング」もそうみたい。

▼「保富康午」


ブログランキング・にほんブログ村へ

COMMENT



コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/1381-edc15fb8

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。

どうでもいいけど森進一のおふくろさん

泥沼化をしてきた森進一と作詞家のおじいさん、作詞家の川内康範氏(86)とのいざこざ事件。歌唱禁止令なんて、あるのですね。森進一、森昌子と別れて印象悪くなった上にまたこんな問題を暴露した形で、印象度、下がる一方です。作詞家のおじいさんが亡くなったら、歌え..
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。