David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大エルミタージュ美術館展~名古屋市美術館で

2007-02-21-Wed
先日、名古屋市美術館の「大エルミタージュ美術館展」に行ってきました。
nagobi10.jpg

ベロットの「エルベ川から見たピルナの風景」のすばらしさに足を止めて見入りました。水面の輝きやそこに映る建物は印象的でした。遠景の細部まで描かれていて感動的です。

もう一つ「ダン・ウォードの干草、アイルランド」(ロックウェル・ケント)が非常に光ってみえました。きれいな逆光と茂みの色彩がとてもよかった。ほかにもいい作品がたくさんあり、ちょっとまわりきれないって感じました。美術館自体の広さは一緒なんですけどね。

地下では常設展やってて、赤瀬川原平の「零円札」のほか、まだ千円札の肖像が聖徳太子だった時代の「千円の模写」や梱包シリーズを拝んできました。

次はダリ展らしい。
nagobi02.jpg




ブログランキング・にほんブログ村へ

COMMENT



コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/1373-3f552833

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。

八女提灯の歴史について

こんにちはっ!!久しぶりの更新になりました。今回は八女提灯の歴史についてご紹介したいと思います。八女提灯が生まれた八女地方は昔から提灯を作るのに最適な環境にありました。火袋の材料である和紙、骨の材料である竹、加輪の材料である木材、蝋燭(ろうそく)の材料である

ダリ展に行きました。

ダリ展数日前ですが、天保山のダリ展に行きました。でも、元地元っ子の夫は、地図係の私の指示どうりに運転せずに迷ってしまい、すっかり疲れていたので、あんまり覚えていないそうです・・ひとり1,300円もしたのにー!きー!でも、あんまり印象ないってのもちょっと分か...
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。