FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

ペンギンにも性の悩み?

2005-06-08-Wed
北海道登別の水族館「登別マリンパークニクス」では、ペンギンパレードが人気なんですが、キングペンギンが同性同士でペアを作り、飼育員を悩ませているということです。 → ヤフーニュース・「<ペンギン>同性ペアが相次ぐ 北海道登別市の水族館」('05/06/08)

「登別マリンパーク」のサイトをみるとペンギンパレードってのが行われているんですね。これは、1日2回、数匹のキングペンギンが飼育施設を出て。列をなして広場を歩くってイベントです。サイトには写真があります。

で。記事によると「98年の飼育開始以来、雄の数が雌を上回る状態が続いており、現在は雄8羽、雌3羽、性別不明1羽の計12羽を飼育している」んだそうです。で、「'03年に初めて雄同士が交尾をした形跡が見つかり」、昨年は雌2羽が、今年は雄同士が同性ペアとなったようです。

ふむ。「雌同士の交尾の形跡」ってのは、なんなのかなぁ……。品性の下劣なわたしは、人間の女性を想像しついつい妄想を巡らしてしまうのですが、ま、12羽の中の3羽しかいない雌のうち2羽がペア作っちゃったら、残りは1羽じゃん。なんじゃそりゃ~、その1羽を巡る争いもなんか熾烈じゃん。

そんな中でやっとできたペアなんですが、館側は「同性ペアを引き離し、雌雄間でのカップリングを試み」ってなことをしていて、別室に隔離された雌雄のペアが交尾したというような成果もあったようです。

……気の毒の上にも気の毒ですね。無理矢理自然界から引き離され、雌雄のバランスが崩れてしまった環境に置かれ、その中でやっと巡り会った相手と、同性だから異常と決めつけられ。引き裂かれ、別の異性と強制的に隔離され、そこで性行為が行われた……うわぁ、泣ける……。それも、パレードで活躍してる、その名もキングペンギンですよ……。

高村光太郎の「ぼろぼろな駝鳥」という詩を思い出すが、駝鳥よりも何倍も気の毒です。「人間よ、もう止せ、こんな事は。」(高村光太郎「ぼろぼろな駝鳥」)

余談ですが、ちなみに、記事中にある「性別不明」ってところが少しばかり気になるのですが、さすが水族館のサイト、ペンギンの性別は難しく、どうやって識別しているかってこともサイト上で公開しています(同館→「サイトマップ」→「ペンギン館」→「ちょっとした話」で読めます)。

そうそう、ピーターよ。お前にはこんな思いはさせない。いい相手を探してやるからな。むふふ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

COMMENT



2005-06-08-Wed-23:56
もしかしてペンギンって外見上の差がないために雌同士でも交尾が出来るとか・・・

ペンギンの同性ペアの話を読んだあとに「ピーター」という名前を見ると、ピーター(池畑慎之助)のように思えてきました・・・すみません。

☆strangefruitさん

2005-06-09-Thu-00:35
ああ、なるほど。雌雄の性器に顕著な区別がなければ、するこたぁできるわけですね。

同性による擬似交尾でも、異性間の交尾でも、雌雄の性器に差がなければ、ことをなすのは問題ないわけですね。ああ、そかそか。

ピーター(池畑さん)は、どっちなんでしょうか。

コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/135-63ac3f51

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。
HOME