David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画:「化粧師(けわいし)」~DVDで

2007-02-04-Sun
きれいで、やさしい映画です。
化粧師
化粧師
posted with amazlet on 07.02.04
東映 (2002/11/21)
売り上げランキング: 12388
おすすめ度の平均: 5.0
5 おだやかに
4 日本の化粧とは
4 涎が…☆(キラリ)


事前のイメージが全くなくて、時代背景も知らずに、勝手に遊郭かなにかに出入りする化粧師の、なんとなく時代がかった暗く、深刻な救いのない話かと、勝手に予想していましたが、そんなこと全然なかった。

時代背景は大正で、書店には青鞜が並んでいます。女性の人権、障害者や弱い人たちの人権、そうしたものを踏まえながら、化粧は顔を一瞬飾るだけであり、心まできれいにすることはできない。心をきれいにするのは本人の責任という、ま、それがこの作品のテーマですね。

しみじみとした、優しい、いい話です。

にほんブログ村 映画ブログへ

COMMENT



承認待ちコメント

2014-12-02-Tue-21:27
このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/1340-720e6f38

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。

化粧師 KEWAISHI

美しく 儚く切ない 粧し心   今頃と言われちゃなんだが、遅ればせながら「化粧師」を観て、こういう映画が邦画の素晴らしさであることを改めて認識した。心にじわりじわりと染み込んでくる映画。原作をあくまでもモチーフに留め、時代背景も江戸から大正に移し、...
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。