David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画:「笑の大学」~DVDで

2007-01-31-Wed
くだらないけどおもしろい! 役所広司が叫ぶ台詞なんですけど、おもしろい作品にできあがっていると思いました。ちょっと、Amazonのレビューは辛口~。
笑の大学 スタンダード・エディション
東宝 (2005/05/27)
売り上げランキング: 21508
おすすめ度の平均: 4.5
4 権力と自由
5 摩訶不思議な笑い
5 くだらないけど面白い!それだけではない


昭和15年の東京です。浅草で劇団「笑の大学」で台本・演出を担当している椿(稲垣吾郎)は、芝居上演許可を得るために警察に通っているわけです。舞台のほとんどが検閲官向坂(役所)と椿とが、取調室で体面するという形で展開します。

警視庁保安課検閲係の向坂の仕事は、戦況厳しくなりつつある中で、上演前の芝居の台本について検閲し、戦意を喪失させるような、あるいは風俗を壊乱するような、ま、不適切である箇所をチェックし、許可を与えたり、一部削除、一部修正などを指摘したり、そして場合によっては不許可とするわけです。作家たちはそこで「指導」を受け、めでたく許可を得る者、渋々修正に応じる者がいるわけです。--江戸川乱歩も萩原朔太郎も、こうして検閲と闘ってきたのだなぁと、ま、思います。「怪人二十面相」なんて、もうタイトルから影響を受けていまして、検閲を受けたものかどうか忘れましたが、本当は「怪盗二十面相」にしたかったものが、時局柄「盗」の字がふさわしくないということで「怪人」になったそうです。朔太郎の処女詩集『月に吠える』は、「風俗壊乱」ということで発禁、「愛隣」「恋を恋する人」の二編を切り取って出版するということになります。ああ、こんなこともあったのかと想像しました。また、戦時下イメージというのは、わたしは疎開とか空襲とかそうしたものがどうしても中心になる傾向にあるのですが、戦争が深刻化する前までは内地は、それなりに豊かでいいものもあったんだとしみじみと思います。

閑話休題。さてこの映画、もともとは三谷幸喜の演劇を映画化したものということですが、これは二人芝居だったんだということがよくわかります。幕数はわかりませんが、この取調室の一場で、椿の仕事ぶりや、劇団の様子、実際の舞台などが再現されるというしくみになっています。

「笑の大学」というのは作品のタイトルであり、作中では劇団名になっているのですが、まさにこの取調室が、二人にとってのそれぞれの「笑い」について学ぶ場となっているということですね。向坂はそれまで、おそらく「笑い」などということにマジメに考えたことなどなかったと思うし、笑うことの幸福、笑わせることに難しさ、楽しさなどについて考えたことはなかったのですね。椿の方は椿で、笑いの求道者というとあれですけれど、上演中止に追い込もうとする向坂の無理な条件をなんとか台本に反映し、笑えるものにしようとするわけです。堅物向坂は笑いについて知り、椿はさらに笑いについて、広く、深く学ぶ……みたいな、そんな「笑の大学」になっているのですね。

取り締まる側といやいや取り締まられる側、厳しく検閲しなければならない側と自由に書きたい側、そうした二人の立場を時に乗りこえそうになりながら、また、元に戻りながら、壁を越え交流していくようなそんな展開が、なんとも愉快で楽しいです。そして、いささか感動的な結末へと進んでいきます。おもしろい!



にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキング

COMMENT



舞台向き

2007-01-31-Wed-09:07
わたしも、これはDVDで見たんですけど、ちょっと失敗だったな~と思いました。

これは舞台向きの題材ですね。
台詞のやり取りが面白くて、クスッとくるところ、笑いが出てしまうところがたくさんあるのですが、
これが映画だと出てくる人物が二人なので、シーンとした中でのやり取りに終わってしまうのがもったいないと感じました。
同じ掛け合いでも、お客さんの笑いが間に入ると役者の方も乗ってくるという、喜劇ならではの舞台と客席との交流というか。
それが映画だと(特に家で一人で見るDVDでは)感じにくいんですよね。
昔のアメリカのホームドラマのように、笑い声を入れるとか?(^^;
吉本新喜劇が、テレビでも必ず舞台で上演されたものを録画して放送するのも、そういった理由かもしれませんね。

ストーリーは、笑いあり、ほろっとさせるところもあり、上下関係だった二人に友情が芽生えたり、とても面白いと思うのです。
「ぜひ、これは舞台で観たい」そう思わせる映画でした。

なんて、出人さんのブログでレビュー書いちゃった(^^)

☆木蓮さん

2007-01-31-Wed-12:00
舞台のよさは、観客の笑いがあるところですよね。
たくさん笑えるところがあったのに。
これをみて、舞台見に行こう!って気持ちになるといいと思います。

いいコメントありがとう!

2007-01-31-Wed-17:49
木蓮さんのレビューいいですねv-291
私も思った程ではないと思っていたので(^-^*)(・・*)ウンウンと思って読みました。有頂天ホテルもイマイチ盛り上がりに欠けたように感じだし、三谷幸喜さん自身が見てて私は笑えるのですが・・・(^-^) 彼のエッセイの方が笑えたりします。関係ないけれど、彼のお母様はとっても美形です。

出人さん! まえ 記事にも載ってましたが・・・
ブログペットのフラッシュ背景は使えないんですよね~!? (×_×;)

☆ノエルさん

2007-01-31-Wed-23:14
有頂天ホテルは爆笑しましたけどね。わたしは。

ま、今どきのテレビ世代は、演劇見に行っても、拍手さえようしない人もいて、映画だと、声出して笑う客も珍しそうで、ま、そのあたりが、観客としてまだまだだなと思います。

お二人のことをいってるわけではないのですが、そのわりに、レビューが辛口だったりします。なにをどこまで期待しているのか~って感じです。

あ、ブログペットね、だめなところが多いと思います。

ちょっと裏技考えてみましょうか?

コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/1333-f2172259

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。

映画版「笑の大学」

「笑の大学」  監督:星 護  出演:役所広司、稲垣吾郎、高橋昌也ほか  原作・脚本:三谷幸喜一人は笑を愛した一人は笑を憎んだ二人の友情が完璧なコメディを創り上げた              <パンフより> 舞台で有名な作品だが、残
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。