David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画:「28日後...」~DVDで

2007-01-24-Wed
いつもはネタバレなしで書くのですが、これは一部ネタバレしていないこともないかと思います(といっても、たいしたことはないと思いますけど)。一応その点はご注意下さい。

28日後...特別編
28日後...特別編
posted with amazlet on 07.01.24
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2006/08/18)
売り上げランキング: 11705
おすすめ度の平均: 3.5
3 小粒だけど好印象
4 続編楽しみですね。


ゾンビというか、「バイオハザード」というか、性格に言うと死んだ人が生き返るとうのではんくて、病気が伝染し発病するのということなのですが、血液を通じてその病気に感染すると、人を襲うようになるのですね。その感染力は強く、そして発病は早く、症状は重いというか、激しいというか、映画の中で唯一有効とされているのは「感染したら、発病前に殺すこと」。それで、ま、「バイオハザード」のように、人が発病する前や発病後の人を撃ち殺すことになります。要するにそんな映画です。

「バイオハザード」が施設の中で起きた事故ですが、こちらはイギリス全土がゾンビ化してしまうという設定になります。生き残った男が、最初は何が起こったか理解せず、徐々に問題を理解するようになり、混乱しながら、苦しみながら、救いを求め、人と出会い、女と出会い、父娘で生き延びた人と出会い、闘いながらというか、逃げながら旅をしていくということです。

ゾンビではないので、さっきまで普通に生きていた人が感染すると、たちどころに発病し人を襲うようになるわけです。仲間であったものが感染した場合にはその時点で殺さねばならなくなるというわけですね。だから、逆に自分が感染した場合には「早く殺せ」と仲間に要求したり、自ら死を選んだりということになるのですね。

タイトルの「28日後」というのは、4週間後ということになりますが、この作品の中では、冒頭のある事件から病原菌が広がり始め、イギリス全土に広がるまでに時間であり、また、エンディングにも用意されています。

他のDVDにも時々あるしかけだと思いますが、DVD収録のストーリーは劇場公開バージョンとは違うエンディングになっています。そして、逢わせて劇場公開バージョンが収録されています。その両者を見比べてみると、制作者が望んだものというか、制作者のイメージにピッタリだったのは公開バージョンで、見る者が望んだのはこちらだったのかと思います。

にほんブログ村 映画ブログへ

COMMENT



苦手系です

2007-01-25-Thu-00:58
劇場で観ました。 
その一寸前に公開された 「サラマンダー」 も観てまして
なんとなく英国のイメージが暗いものに。

”別バージョン”があるとは知りませんでした
興味は惹かれますがアレを最初からみるのも何だか・・て感じですね
(あ、翌年公開された Dawn of the Dead も通じるものがありますよ)

☆danielさん

2007-01-25-Thu-22:14
おお、やりますね~。
これを劇場で。
となると、あの、ちょっと暗めの解決をごらんになったわけですね。
DVDバージョンはいくぶんハッピーエンドではありますよ。

「サラマンダー」は予告を劇場で見た記憶がありますので、そのお話であのころの作品なのかとよくわかります。

ま、こういう壮大な、壊滅的パニックものってのは、解決がいくぶんご都合主義的になることがあって、わたしもちょっとどうかと思うことがたびたびあります。そういうものって、小説というか、原作で読むとそれなりに、びっくりしても、映像だと拍子抜けってこともあるような気がしますよね。

これって ゾンビ映画を期待するとダメですよね

2007-01-31-Wed-01:29
コブタもこちらの作品 興味を覚え、劇場に観に行ったものです。
それに覚えば、、コブタが最近きになっている俳優さん キリアン・マーフィーとの出会いとなった作品でもあり印象は深いです。

この作品ゾンビといかに戦うかではなく、そういった極限の状態で人間らしさをもっていかに生きるかという視点で描かれれいたところは面白いなと思いました!

「HELP」ではなく「HELLO」という姿勢で、行動していく主人公がよかったですよね!

そういえば こちらの作品、、劇場では、、

2007-01-31-Wed-01:33
「28日後」 上映開始の28日後に、完全ハッピーエンドでないバージョンが公開されたみたいですね。

なので、みた時期によって 違うラストを楽しめるという 変わった上映の仕方をした作品でした。

☆コブタさん

2007-01-31-Wed-07:43
ゾンビ映画でなくて、人間がゾンビ(ゾンビ病)と闘う映画なんですね。なるほど。なかなか、そういうふうに入りこみにくかったんです。

上映開始から28日後にエンディングの別バージョンを公開したなんて、なかなかしゃれた演出だと思います。DVDだとその両方を見られるというのも、いい。

いつも見てます

2008-11-10-Mon-15:30
ちょくちょく見ています。いつもアップ感服します。私も努力しないと・・・。ここのところ寒くなってきたので体に気をつけて下さい。応援しています。

コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/1318-68394240

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。

●28日後(28DAYS LATER)

昨日「25時」の紹介したので今日はそのDVDの隣にあった「28日後」を紹介します。「28日後」はゾンビ映画としては異色な映画だと思います。この作品は 昏睡状態から目覚めた主人公を待っていたのは荒廃したロンドンの
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。