David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画:「エラゴン~遺志を継ぐ者」~コロナで

2007-01-13-Sat
やっと、「エラゴン」見ました。というか、劇場で見るのが久しぶり。考えたら、「カジノ・ロワイヤル」じゃなかった、「武士の一分」以来か。

エラゴン 遺志を継ぐ者

おすすめ度の平均: 4.0
5 何よりも放映時間が長すぎないのがいいです!!
3 原作を読んでから見ると・・・
4 原作読まんとあかんかも


感想は、ま、こんなもの(笑)。別にどうってことはない。ただ、ドラゴンの空中戦が上手く撮れていたってことと、ブログパーツで見たときはちっともかわいいと思わなかったベビードラゴンが映画の中ではかわいかったってことぐらいですか。

あとはどうでしょう、明るく軽いファンタジーですよね。人が殺されても、なぜかあんまり悲しくないし、頑張ってるのもそれほどでもない。すっとストーリーに入れて、すうーっと話が進んで、すぅーっと終わる。特に感情移入するところもなければ、特に怖がるところもない、ま、こんなもの。別にどうってことはない。

じゃ、平凡でつまらない作品かというと、たぶんそうでもない。そこそこの水準にいってるできだと思う。ま、強いて言えば、メインの年齢層って何歳に想定してるの?って感じ。子どもが見ても全く問題がないわけではないが、さほど子ども向けではない。大人が見るには、ま、ちょっと子どもっぽい。十代がみるにはまじめすぎ(笑)。

というわけで、ま、一応見た。それなりにおもしろかったってところですね。続編が出ればもちろん「ぜひ、見たい!」って程度の水準ではあります。

ええと、見るまでちょっと疑問に思っていたのは、「タイトルの『エラゴン』って何?」ってことがあったのですが、これは、主人公の名前です。ドラゴン・ライダー(竜に乗る戦士)になる宿命を持つ男の子ですね。ま、「両親の謎」「従兄弟との再会」が今後の楽しみではあります。
 → 「エラゴン」公式ページ



ま、「愛ルケ」目当てで行って、時間の関係でこっちに変えたわたしに無理があったのでしょうけど。
 → 映画「愛の流刑地」公式ページ

『愛の流刑地』オフィシャルハンドブック
庄司 いずみ 太田 穣
講談社
売り上げランキング: 6162


にほんブログ村 映画ブログへ

COMMENT



どうも!

2007-01-13-Sat-22:59
この映画本当に評価がイマイチな方が多いんですよ・・・
僕は大満足でした・・・

ドラゴンに乗る疾走感とかが大好きになりました。
なにより驚いたのは、上映時間ですね!
ファンタジーは2時間半は当たり前な雰囲気がある中でこの時間はすごい!
2にも期待したいです。

☆ジグソーさん

2007-01-13-Sat-23:21
ちょっと、中途半端な感じはありますよね。ナルニアのように子どもよりにするか、リングのように大人よりにするか、なんかそういうところで。ドラゴンがよくできていたと思います。こういう、すばらしいドラゴンは、「ドラゴン・ハート」に出てきます。

続編を期待ですね。

コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/1307-678ed98c

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。

「エラゴン 意志を継ぐもの」

「エラゴン 意志を継ぐもの」(2006)《少年はドラゴンに命を与え、ドラゴンは少年に未来を与えた。》12/17新宿プラザにて観賞introduction監督:シュテフェン・ファンマイアーcastエド・スペリーアス 、 ジェレミー・アイアン...
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。