David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画:「あさき夢みし」~DVDで

2006-12-28-Thu
実相寺昭雄監督が亡くなったときに見つけて借りてきた作品です。マンガ家の大和和紀に源氏物語のマンガ化で同タイトルの有名な作品がありますが、全く関係がありません

なのに、同名というだけでAmazonへのリンクを貼りつけてしまうわけですが、一応説明しておきますと、大和和紀の「あさきゆめみし」は源氏物語のマンガ化ですので、舞台は宮中であるものの、そもそも作品では「いづれの御時にか……」と時代的なことは名言はされていませんが、書かれた時代とほぼ同時代と見るならば、10~11世紀ということになりましょう。まさに、清少納言や紫式部といった平安女流文学が開花した、優雅で美しい時代と言えばいいでしょう。源氏物語や枕草子と並んで、古今集の時代なのですね。
あさきゆめみし 美麗ケース入り 全7巻文庫セット
大和 和紀
講談社
売り上げランキング: 6248
おすすめ度の平均: 4.5
5 復刻の愛蔵版が、高く評価されて、感動よ再び。
5 1000年前の物語・・・
5 読まなきゃ!源氏物語。

一方、今回の中心である「あさき夢みし」は、Amazonの解説を読むと、13世紀の宮中という設定になっています。「1192作ろう鎌倉幕府」(「いいはこ」というのも最近あるようです)ということばがあるように、12世紀末に平安時代は終わり、13世紀はもう鎌倉時代なんですね。歴史の教科書でも、鎌倉幕府だの北条政子だ、あるいは、後鳥羽院だの、日蓮などが出てきます。つまり、華やかなりし貴族社会は凋落傾向にあり、台頭する武士たちに利権をしだいに浸食され、苦悩する民衆たちを救済すべく新宗教が興ったということなのですね。

そうした13世紀の、勢いを失った貴族社会。華やかな平安時代をふりかえりながら、昔はよかった、すばらしかったと嘆きながら、依然として権力にしがみつき、愛欲と因習とプライドの中でもがき苦しむ貴族たちを描いたのが、「あさき夢みし」ということになるのだと思うのですが、ちょっと、わかりにくいです。その実験的な陰影の美しさというか、映像や音響効果でイメージは伝わるのですが、もう少し人間関係を説明的に語ってくれるシーンがないと、ちょっとわたしのような人間には楽しむところまではいきません。

あさき夢みし
あさき夢みし
posted with amazlet on 06.12.28
ジェネオン エンタテインメント (2003/12/21)
売り上げランキング: 44624
おすすめ度の平均: 5.0
5 素晴らしい明暗のコントラスト
5 宮廷から修行へ。元寇のときの精神世界の陰と陽。


キャストは贅沢な感じです。今ではもう大物になった俳優がたくさん出ています。詩人の大岡信が脚本というのが、なんとなく妙になっとくしたりします。映像的や音響的な効果で幻想的なムードを演出している一方で、散文的な説明が不足していると感じさせる点など、ああ、詩人に本を書かせるとこうなっちゃうんだよねってところで納得したくなります(別に批判じゃなくて)。ちょっと文学的に言えば、新古今集の幽玄や余情妖艶の世界を映像化したってことになってくるんでしょうか。

蛇足ですが、両作品のタイトルは「いろは歌」の末尾のフレーズ「あさきゆめみし ゑひもせす」から来ていると思うのですが、どちらの作品も「いろは歌」の「あさきゆめみじ(はかない夢は見まい)」ではなくて、「あさきゆめみし(はかない夢を見た)」という意味で使っているように思われてなりません。これも批判じゃなくて。
 → 「いろは歌はどんなことを歌っているか?」のページ


古今集・新古今集
古今集・新古今集
posted with amazlet on 06.12.28
大岡 信
学習研究社
売り上げランキング: 19699
おすすめ度の平均: 4.5
5 気楽に読めます
4 毎日の生活で忘れたもの


にほんブログ村 映画ブログへ

COMMENT



コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/1284-0ae66ffb

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。