David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TBスパム対策その後~<日別集計>

2006-12-23-Sat
まず、「FC2ブログの変更点、管理者用お知らせ」ブログから。

「コメント投稿の際の確認画面について」というお知らせ記事(12/22)によると、

最近スパムコメント(大量の迷惑コメント)の投稿が頻繁に発生しており、その対策の一環としてコメントの際に確認画面を挟む仕様に変更しました。この確認画面が発生する条件はコメント内にURLが含まれる場合になります。

ということです。

実際は、コメント内にURLがなくても、URL枠やメール枠にアドレスが書かれていれば作動するようです。いずれにしても、これは、コメントの書き手が確認するためという理由よりは、スパムコメントへの対策を講じたということです。

こういう機能について「不要である」というユーザーの声に応じて、例によって選択制になっています。手順は、「管理画面>環境設定の変更>ブログの設定」のページで、真ん中あたりの「コメント・トラックバック制限の設定」の枠の中の一番下「コメントの確認の設定」でコメント確認画面で「確認する」「確認しない」を設定できます(わたしには「しない」という選択肢などはあり得ないと思っているのですけど~)。

また、合わせて将来的に「画像認証機能等」の設置も検討されているようです。こうしたものも確かにスパム対策としては有効ですが、たとえば視覚障碍者がブログを読み書きするような場合には、大きな障害となることも危惧されますので、導入に関しては慎重に検討していただけたらと思います。>FC2ブログ

さて、次に先日対策しました、TBスパム対策の導入の成果をちょっとまとめておきましょう。それは「最新トラバURIを非公開ダミー記事へのものに置き換えておく」といういささかトリッキーな方法です(関連記事:「こんなTBスパム対策」

この方法は17日の夜導入したのですが、非公開記事にもかかわらずこんなにTBが来ます(多いのは「ゴルフ関連」「DVD関連」「ハンゲーム関連」でした)。
tbsp1.jpg

これだけ効果があれば、この方法を捨て去るのはもったいないのですが、ちょっと異論もこちらで出ていますので、わたしは、少し変更して、RDFの最新TBのコードについて「<%topentry_tb_no>」でなくて、あえておかしい「<%topentry_no>」に変更してみたいと思います。これによって、今回表にまとめたような、いくつTBスパムがついたかということを確認することもできなくなりますが、そのぶん削除もしなくてよくなるはずです。

アクティブユーザーの集計については追記します。

にほんブログ村 ブログブログへ
ブログランキング


act061222a.gif

ブログファン(http://www.blogfan.org/)の集計しているブログのアクティブユーザー数を元にしたグラフです。

12月6日ころに発表になった「Web of the Year 2006」のブログ部門をアメーバブログの受賞(FC2ブログは僅差2位)の効果があらわれているのかも~って思いたくなるようなグラフではありますね。気になったので、アメーバ・ブログの最近のお知らせを眺めてみたのですが、「スキン(テンプレ)の更新」がらみのお知らせと、メンテ関連のお知らせ以外がほとんどで、大きく機能アップとしては「インポート機能の追加(12/13)」くらいのものですね。

混雑していて閲覧すらできないほど人気のアメブロですんで、ま、ハード的な補強さえすれば、どんどん使いやすくなりユーザも集まってくると思うのですけどね。それにしても、わたしが勝手に「gooの壁」と呼んでいる「1日3万名の更新」を突破してきましたので、いよいよTOP5への挑戦ということになりますね~。

COMMENT



2006-12-23-Sat-19:12
その後、その記事(ダミー記事)のトラックバック受付を不可に設定してみたところ、応答はこのようになりました。

<response>
 <error>1</error>
 <message>Error:forbidden trackback!</message>
</response>

これなら受け付けたと誤解してしまうこともないと思いますがどうでしょうか。

☆高樹ひろむさん

2006-12-23-Sat-20:27
いろいろとありがとうございます。

要するに、
本当の最新トラバURIを表示させない代わりに、
 1)でたらめの数字や文字を書いておく。(高樹さんの当初の方法)
 2)人に分かり、ツールにわからない文字列。(名鏡さんの推奨)
・この二者は実際大差はないわけが、「2)」の方が幾分人にわかりやすそう。
 3)最新記事のURIを書いておく。(今回現在わたしがとっていて、故意か偶然かわからないけれどすでにいくつかのテンプレで採用されている)
・ツールにはわからず、おそらく人にはわかる。
・「1)」「2)」と違うのは、毎回同じものではないということ(意味があるかどうか不明)。
・「1)~3)」とも、実際トラバは不成功。

これに対して、実際トラバさせちまおうってのが、
 4)ダミー記事のTB-URIを表示させる。(高樹さん推奨)
・ツールも人もわからない。
・トラバは成功するが、実は非表示。
とういことですよね。

そして、「成功させる」と、どの程度がツールによるスパムなのかがわかるので(この方法の有効性がわかる)わけです。ただし、削除しなければなりません。

で、
 5)ダミー記事TB-URIを表示させた上で、トラバ受付不可にする。(今回提案)
・ツールにも、人にもわからない。
・トラバ不成功
ということで、削除はしなくてすむようになるということです。そして、相手にもエラー表示が出るということで、「騙す」ということにはならないというわけですね。

これでもいいとは思います。というか、特に「1~3」でも、「5」でもいいかなと思います。「4)」はやってみて、実際削除が面倒くさいと思いました。

コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/1273-82942ebe

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。