David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「品格」(笑)

2006-11-29-Wed
誤解されるといけないんで、最初に書いておきますが、わたしは「蹴手繰り」は歴とした相撲の技であり、決まり手であると信じています。実際に廻しをつけて相撲をとったことがないので、本当のところはわからないのですが、「蹴手繰り」とてそれなりの習熟とコツを身につけなければ決めることのできない技だと思います。

この技自体のどこが品格がないのか、わかりません。手でなくて足を使うからかですか?(笑) そもそも横綱審議委員会は、女性を男性より品格がないとし、外国人を日本人より品格がないとし、左手を右手より品格がないとしてる方々だから、ま、脚を使う技を手を使う技より品格がないと考えていらっしゃるのかもしれませんです(笑)。

それじゃぁなんだ、そもそも、横綱の「横」という漢字に品格がないとわたしが指摘してさしあげましょう。ちょっといくつか言葉を挙げますよ。「横やり」「横恋慕」「横しま」「横車」「横暴」「横着」「下手の横好き」そして「横審」……「横」がつく字は、品格がないどころか、邪悪でさえある言葉が並ぶありさまです~(笑)。

と、思わず悪態をつきたくなるくらいの横審の叱言です。そもそも、一人横綱でずっと角界を支えてきた朝青龍をどう考えていらっしゃるのでしょうか?

思うに「品格」なんて言葉はちょっといやらしい。仮に8人の「有識者」がいて、「あれは品格がないんじゃないの?」と一人がいいだしたとします。「有識者」なんてものは、そもそも誰かが「品格がない」と認定したことを否定できない種族なのです。「わたしは別に構わないと思うけど」と反論しようものなら、「まぁ、○○さんともあろう方が、見損ないましたわ~」などという、排他的な下品な論調で攻撃されかねません。「有識者」たるもの、こういうことがたまらなく嫌なので、誰かが一人が「あれって横綱としての品格がちょっとね~」と言いだした段階で、そこで全員思考停止してしまいかねないのです、情けないことに。ほんと、そんなんじゃダメダメです。

横綱審議委員のメンバーをみてやりましょう。こんなすばらしい方たちです。

石橋義夫(共立女子学園学園長・理事長)
井手正敬(JR西日本取締役相談役)
内舘牧子(脚本家、小説家)
内山斉(読売新聞グループ本社社長)
海老沢勝二(前NHK会長)
大島宏彦(中日新聞社最高顧問)
六代目澤村田之助(歌舞伎俳優)
鶴田卓彦(日本経済新聞社相談役)
船村徹(作曲家)
松家里明(元日本弁護士連合会副会長)
山田洋次(映画監督、脚本家)


あれ~、安全よりも経営効率を最優先した結果の悲惨な大事故を起こして辞任なさった井出商会の会長や、不祥事の連続から、社員や組合からの辞任コールに堪えられず、未練たらたらの見苦しいさまを見せるだけ見せて辞任なさったエビジョンイルような、ほんと品格のすばらしい方たちが参加していらっしゃるんですね。まずもって、横審委員自身の品格を問題にしていただきたいと思います。他人様の品格をあれこれいう前に、自分たちで自分たちの品格をなんとかしろって(笑)。--と、すみません、またしても悪態をついてしまいました。

もっと一人横綱で角界を支えてきた朝青龍を評価してやってください。昨年の記録の更新といい、本年度も年間最多勝と言い、全勝優勝といい、すばらしいじゃないですか。横綱なら正々堂々正面から受け止めろって? どうして? 横綱が作戦を立ててはいけないんですか? どうして木偶の坊のように、いつも真っ正直に立たなきゃいけないんですか? そこを教えてください。

そもそも、そういう人でないと横綱にしていけないんなら、なんで朝青龍を横綱にしちゃったのですか? これじゃぁまるで、嫁の来てがないから不承不承嫁にもらって、あとで嫁いびりしてるみたいで、見苦しいですよ。「品格の自爆」です。朝青龍の品格って、横綱になってから低下してますか? むしろ、よくなってきていると思います。じゃ、品格ある横審の方たちは、いったい何をみて彼を横綱にしてしまったのでしょうか? そんな横審の責任はどうなのでしょうか? その責任をどうやって果たされるのでしょうか? 品格のある責任の取り方を、ぜひみせていただきたいものです--って、全く。ああ、またこうなっちゃった~(笑)。

どうしてこう「品格」を問題にし出すと、そういうことを言い出す人間の品格を疑いたくなってしまうのでしょうか。我ながら、とほほです。(笑)

わたしはただの1ファンです。もちろん横綱に品格があった方がいいと思います。でも、それは「勝負」以外の場面での話でいいと思っています。

相撲は武道です。そもそも命がけのなんです。品格もへったくれもない。ルールのある勝負です。横っ飛びに飛ぼうが、逃げまくろうが、ルールで許されていることは何をしてもいいんです。逃げるのはだめだろうって? 馬鹿な。それで勝てるなら越したことはありません。争わずして勝つ、それぞもっとも品格ある勝ち方かもしれませんよ。

それでも無様だってんなら、「大関以上は番付下の相手に変化を認めない」とルールで決めたらいいんです。それで品格が保たれるなら、内緒で「横綱心得」というのを作って(学生時代の生徒手帳みたいにさ)、そっと書いておいたらいいんです。「(これは内緒だが)変化はだめ。蹴手繰りもだめ」って。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ

これ、まっとうなご意見だと思います。
 → サンスポ:「横審の批判はまとはずれだ」

・「蹴手繰り」と言えども、難しく、修練のいる技で、誰にでもできるものではないということ。
・平成14年秋場所13日目、貴乃花は千代大海と優勝を争う一番で、まともに変化して勝った。12勝で復活した場所後の横審は「相撲界のカリスマだ。地力、気力、責任感がある」と散々ほめあげ、変化の「へ」の字も出なかった。

という指摘をなさっています。

何より、貴重なのは最後の指摘。
・「こういう負け方をしたら悔しいだろう」と、横綱が伸び盛りの若手にたたき込んだと思えば、それでいいことではないか。

というか、ここで一方的に横綱を叩いて、稀勢の里を擁護する形になってしまっては、稀勢の里のためにもならないと思います。これをいいことに、稀勢の里はますますバカのように真っ正直に突っ込んでいく相撲をとり続け、同様に変化にやられ、調子を乱して行く。

そうではなくて、「これも技術のうち、相撲のうち。自分の相撲を取りきることも大切だが、相撲の深さ、広さ、恐ろしさを考えろ」と稀勢の里に教え、対応できるように育てなければならないと思いますね。

「変化がダメ」「逃げるのがダメ」というのは、「品格がないからダメ」「みっともないからダメ」という見る側の論理でなくて、「結局負けるからダメ」という戦う側の論理で証明して欲しいと思います。

COMMENT



横からチャチャを入れる不審な委員会かw

2006-11-29-Wed-21:00
前にも言ったかもしれませんが、ただの変化ならボクも横審と同じように文句を言ったと思いますよ。

なぜならそこには強さを競うという気持ちがないからです。

でも朝青龍はとっさに思いついて蹴手繰りを狙ったワケですよね。
これって立ち合いのスピードとか反射神経の良さがなければできないことなんですよ。

そこには朝青龍なりの「強さを競う」気持ちがあったんだと思います。だからこそ、本人終わった後も別に反省する様子もないようですし。集中力も最後まで切れませんでしたしね。

いかにもバカ正直っぽい稀勢の里に決めたのも良かったですね。
「相撲にはこういうこともあるんだよ」という教育のようにも思えます。少なくとも鳴戸部屋では教えてくれませんねw

朝青龍は相手より素早く反応し、しかも何でもできることが持ち味の横綱なんだから、「まずは受けて立つのが横綱」なんて言ってたら、個性を殺してしまいますよ。

安芸乃島はかつて、力士は昔より弱くなったと言われるが、少なくとも立ち合いの当たりに関しては今が歴史上で一番強いと言っていました。

当時より若干軽量化した感のある幕内ですが、相変わらず一か八かの鋭い当たりの連続。受けて立って故障者続出の現状を見ながら相撲を取っている朝青龍は賢いと思います。

まあ、朝青龍が優勝記録を更新するのが先か、ヤツらが鬼籍に入るのが先か、見ものですね。

☆mimuraさん

2006-11-29-Wed-22:23
さすが~。わたしのように、「ルールで許されるんだった逃げたっていい」っていう極論とは違いますね。見識がある。

正面から突っ込んでくるに蹴手繰りをかますのも、変化をするのも、胸を合わせて来る相手に廻しをとられないように腰をひいたり、押っつけたりしぼったりして差し手を殺すのも、わたしには等しく、技術と経験がいると思います。突いてきたり、当たってくる相手を変化で交わしたり、蹴手繰りをかますのを「品格がない」と指摘なさるのであれば、同じく「おい、横綱、廻しをとりにきたのに腰を引いて逃げて、品格がないぞ。ちゃんと(廻しを)とらしてやれ」と指摘して欲しいです。

突きたい相手には突かせ、当たりたい相手には当たらせるなら、廻しの欲しい相手には廻しを与えないと、「品格」が偏ってやしませんかね。なんて思うわけです。

ま、「蹴手繰り」という言葉自体が品格がないとおっしゃった方もいらしたようだから、そんなら「横綱」の「横」という字も品格がないんで、「正綱(まさづな)」に改めましょうって言ってさしあげたいものです。

「横柄」「横領」「横取り」……つくづく、「横」には品格がありません。

横綱審議委員会を廃止すべし

2006-11-29-Wed-22:48
全く同感です。
私が書きたくても語彙不足にして書けなかった事が書いてあると思って拝見していました。以前から横審は無益だと主張してきましたが、ここまで有害とまでは想像つかなかったです。

☆YOSHIさん

2006-11-29-Wed-23:12
こんばんわ~。

「ちょっと悪態つきたくなった」気分で、承知で極論書いてますんで、ま、なんというか、多少割り引いてお読み下され~。

有識者けっこうなんだけど、この中に、実際に相撲をとったことのある人、格闘技をやったことのある人が何人いるのか興味があります。

大勢の人の見ている前で、連日、真剣勝負の相撲をとり続けるということがどれほど大変なことだと、どのくらい理解して言っているのか、わたしが一番疑問に思うのはそこです。

100キロを優に超す巨体どうしが、裸でぶつかりあい、度突き合い、投げ合う。擦りむくくらいなら軽い方ですって。捻挫、骨折、脱臼、打撲……。逃げるな、交わすなって簡単に言うなって思いますよ。マジで。

「玄人ファン代表」感覚なんでしょうね。

2006-12-02-Sat-05:40
 「ずっと相撲ば見てきた じっちゃ ばっちゃ はきっとこの相撲ば見だらこう言うだろうべな」・・・みたいな事を代表して言うのが横綱審議委員会のお仕事なのだと思ってました。

 「逃げるな、交わすな」って簡単に言う多くの人たちが見てるワケですから、その人たちの代表という位置づけで良いのではないでしょうか?
 あれでお金貰ってる(?)んでしょうから、それはちょこっとムカつくところなのですが。

 ・・・それどころかファンは叱咤激励の意味も、もちろん嫌味も込めて結果だけを捉えて「まったく立場が分かってない」とさえ平気で言ってのけますから。
 勝負の世界は残酷です。

 そして、出人さんの仰るとおり相撲は武道・・・格闘技なのでしょうけれども一方で伝統芸能でもあるわけですし。
 
 お互いに怪我しないように、ここらで当たってここらで受けて、お互いに力出し合って きれいな相撲 を取りましょう。という武道の本質とは対極のご指導はあると思います。

 そういうのを「くだらねえこと言ってんじゃねえよ、土俵で強いのが一番なんだよ!しゃらくせえ」と言わんばかりに、因循をバッサバサと斬り捨てるかのごとく自由奔放に暴れ回り、さらに結果を出し続けるが故に朝青龍は痛快無比な大ヒールでいられると思うので、横綱審議委員会をなくしてはいかんのだと思います。 

 他の方々のコメント・トラバ・・・あらら~最近じゃ横審がヒールなのね・・・そっか~

 土俵外との戦いすらも土俵上でやってるから朝青龍はカッコ良いと思うのです。ハイ。
 
 それにしても、見事な けたぐり でした。

☆フクフク丸さん

2006-12-02-Sat-07:58
「玄人ファン代表」というか、「最も口うるさいファン代表」なのかもしれませんね。自分たちより口うるさいファンはいないんだって感覚で、これ以上うるさくいってくるファンの防波堤になっているのかもしれません。

強烈なクレームがきたときに、「はいはい、みなさんのご意見はわかっております。横審の方々からもしっかりとお叱りを受けました」と謝罪できる、お札代わりくらいにはなるかもしれませんので、それなりに協会も使い道はあるのかも。

横綱はヒールでいいと思っていますが、あまりに魁皇が人気で、九州場所の朝青龍が気の毒なんで、ここいらで横審が大ヒールになって、人気のない朝青龍にいくらかエールでもやってほしいという、親心の演出だとしたら、横審も心憎いと思わないでもないのだけれど、そんなことはありそうにない。

コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/1234-baccc5f7

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。

横綱の蹴手繰り

「蹴手繰り」とは――立ち合いの瞬間、体を開いて相手の足を内側から外に蹴り、肩などをはたくか手を手繰って前に倒すこと。ウチダテ女史のように「横綱として品格がない」とか「蹴手繰りは品がない」―とは言わない

横審が注文

サンスポ記事上にもあるように、横審から稀勢の里戦のけたぐりで勝った一番にクレームがつきましたねまぁ横綱が変わって勝つのはどうかと思うけど・・・立会いの駆け引きもあるんだしねそれと立会い前の所作にも文句言ってるけど これは問題ないですよねあれは朝青龍の独特

批判するのなら、降格させなさい。

大相撲場所後、定例となっている横綱審議委員会が開かれ、例のけたぐりでの勝利について、 『横綱の品格の面からみて、してはいけない。  委員全員が同じ意見だった』との意見。ちなみに、横綱審議委員会とは、横綱の昇進を事実上決定する委員会であり、日本相撲協会は..

横綱審議委員会って何様!?

 感情にまかせて一気に書いてしまいました。 <大相撲>朝青龍のけたぐり「品格にか

[大相撲] 朝青龍のけたぐりは品格に欠ける?

横綱審議会が、九州場所で朝青龍が繰出したけたぐりについて、「品格に欠ける」と小言を言っているとのこと。引用記事の内舘牧子委員の発言に至ると、小言を通り越して、朝青龍にいちゃもんをつけているようにも思えます(^^; 北の湖理事長が苦笑いなのも仕方ないか・・・・

蹴た繰り

九州場所が終わってからは、たまったスケジュールをこなしてヒーヒー言ってました。明日からは高知に出張。気が重い~・・・横審が、横綱の稀勢の里に対する「蹴た繰り」について品格がないと苦言を呈したそうですが、「品格」という言葉って重いですねえ~今回の「蹴た繰り

こんな遅いタイミングのけたぐりは決まらねぇよ!(でも一応けじめでけたぐりについて)

何やら盛り上がっていたので、一応ボクも横綱朝青龍のけたぐりについて考えをまとめず、羅列します。ゆえ長文です。文中にリンクが貼ってますが、それは過去に野さいスープ上で述べた自分の発言とつながってる
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。