David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画:「g@me」~DVDで

2007-01-01-Mon
ストックホルム・シンドローム」というのがあります。「犯罪被害者が、犯人と一時的に時間や場所を共有してしまうことによって、過度の同情さらには好意等の特別な依存感情を抱いてしまうこと」(→wikipedia)です。不思議な心理状態で、題材として興味深いからでしょう、たびたび映画や小説、ドラマなどで取り上げられています。

この作品でも誘拐犯である青年(藤木直人)とその被害者(仲間由紀恵)とが恋に落ちてしまうのですね。まさにストックホルム症候群なんです。どういう過程で二人が知り合い、誘拐することになり、想いを寄せ合うようになっていくか。そして誘拐の是非と恋愛の行方とはどうなっていくのか、というような感じで、一風変わったラブストーリーとしても楽しめます。

同時に、「g@me」というタイトルにわかるように、誘拐犯の青年があたかもゲームのように楽しんでいるかのように誘拐事件を着実に成功させていくのですが(「誘拐もの」の多くが被害者や刑事側のドラマをとりあげることが多いのですが、本作はメインが誘拐犯とストックホルム症候群状態の被害者にあるのがおもしろいですね)、当然それは恋愛の進展ともからんでくるわけで、よくある「恋かけひき」みたいなゲームの匂いもあります。そして、東野ミステリーですから、ほかにもなにかゲームめいたトリックがあるかもしれません(ネタバラシはしない方針ですので)。
g@me. プレミアム・エディション (初回生産限定版)
ポニーキャニオン (2004/05/14)
売り上げランキング: 17969
おすすめ度の平均: 4.0
2 演技が下手!!
4 罠の中に罠,ゲーム感覚の誘拐劇
4 二転三転と展開が変わる


原作は東野圭吾で原題は「ゲームの名は誘拐」です。「手紙」(→記事)とか、「変身」(→記事)とかに続いて見ていたのですが、記事に出来てませんでした。
ゲームの名は誘拐
ゲームの名は誘拐
posted with amazlet on 07.01.01
東野 圭吾
光文社
売り上げランキング: 26120
おすすめ度の平均: 4.0
4 助走から着地まで、完璧に「決まった」作品。
4 一揆読み!
5 ゲームには頭のキレの良さがポイント!


映画のできばえてきにはおもしろくできてると思いますよ。藤木と仲間の軽いタッチの演技が、映画というよりはテレビドラマみたいな感じと言えば言えなくもないんですけど、これはこれでいいのではないでしょうか。いつごろの作品なのかあれですが、仲間由紀恵が若々しくかわいい感じです。藤木直人もいい男~(笑)。

原作者の東野圭吾も出ていますんで探してみましょう。


にほんブログ村 映画ブログへ

COMMENT



明けましておめでとうございます・・・

2007-01-05-Fri-02:48
今年もどうぞよろしくお願いします~♪

私も藤木直人好きです!ステキです!早速DVD探してみます!

☆ぷりとちさん

2007-01-05-Fri-08:47
あけましておめでとうございます。
今年もよろしく。

藤木直人好きだったのですか~。なら、いいでしょう。
あの爽やかな笑顔が画面いっぱいですよ。

意外にミステリ的にもいける作品だと思いますしね。

コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/1225-9f09b8ee

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。