David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成18年度九州場所~二日目

2006-11-14-Tue
黒海×魁皇
魁皇は表情がいい。サポーターも例の大きな絆創膏もないし。なんか勝って当然って顔してる。白鵬休場の場所の主役は朝青龍と自分しかないという確信をしている感じだ。協会としても魁皇に勝ってもらわないとという気になっているだろう。旭鷲山が引退を発表したこの日、そう言えば魁皇も1年くらい前、引退だとかなんとか言っていたなということを思い出す。われわれは土俵上の力士を、わずかにテレビを通して見るだけなのだけれど、なにか、力士一人一人の人生や考え方、勇気、心構えまで見るような気がする。それにしても、魁皇は調子がいい。いつだったか、こんなふうにどんと胸で受け止めていたときに、胸を痛めてしまって後半ボロボロになった時があったので、好調はいいことだが、ま、油断せず、ぜひ、賜杯を狙ってほしいものだ。

朝青龍×普天王●
テレビではVTRで昨年普天王が盤石朝青龍を下した一番を流している。その時の場内の盛り上がりは爆発的である。九州場所は普天王にとっても地元の場所だ。なんとか土俵際へ押し込み、その再現かと期待をさせたが、しっかりとひきつけられて朝青龍が逆に寄り切った。勝敗は朝青龍で力も上だと思うけれど、一応相撲になるので、普天王には今後とも期待。

雅山×岩木山●
とりあえず、雅山は今までのようなプレッシャーは感じてないようなんで、なんとなく期待。ただ、好調かどうかを見極めるほど見てないんでわからないけれど。

安美錦×琴光喜
毎場所10日目までは大関相撲をとる琴光喜。今場所も快調のようです。琴欧洲も元気だけに相乗効果でいってほしいです。

千代大海×琴奨菊●
ご当地九州勢同志の戦いです。千代大海はいつもの軽いつっぱりがトントンと決まって、土俵際までさがったとことろはたいて転がしました。アナが「千代大海の相撲です!」と誉めるように言っていたのが印象的。

安馬×露鵬
今場所の安馬はどうなんでしょうね。露鵬はあいかわらずいいと思います。変化のない、小柄な安馬をすんなりと遠い上手をとって転がしました。

上位陣は2日とも安泰です。

平成9年九州場所で横綱貴乃花、大関武蔵丸・貴ノ浪・若乃花が2連勝して以来9年ぶりなんだそうです(横綱曙は休場)。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
ブログランキング

COMMENT



コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/1207-9281ee5b

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。

大相撲九州場所:2日目の主な取組結果

今朝の旭鷲山電撃引退の報にはビックリでしたが、 1年前から心臓を患っていたとは…ねぇ(;o;) 今日のモンゴル勢隆盛の礎を築き上げ、 “技のデパート・モンゴル支店” の異名ともども、 記憶に残る力士になることと思います… …15年間、本当にお疲れさまでした&#639

大相撲平成十八年十一月場所二日目

今日も、横綱はヒヤッとさせる場面を残しながら、あれよあれよと言う間に体制を作り直してしまう、手品師のような技を見せてくれました。 昨日と言い、今日にしろ、ホント、この横綱は見せてくれます。 その他、今日の取り組みから記憶に残ったのは、先ずは安荘富士対白露

2006年 九州場所 2日目

 2日目 「新三役紹介 安美錦」【解説】正面(幕内)音羽山 向正面(幕内)尾上【アナウンサー】正面(幕内)藤井康生花道レポ西:岩佐 東:刈屋<副音声>【実況】ヒロ・モリタお薦めのブログ⇒贔屓力士別リンク 取り組み結果幕下 幕下以下の詳しい解説は、あみだ..

九州場所二日目

何と旭鷲山関が引退。しかも心臓が悪いとのこと。残念ですけど、一番とるのもかなりキツいんでしょう。今後の人生、元気に頑張って欲しいものです。いろいろプランが出てるようですがまずは健康で。○安壮富士 - ●白露山(11/13 NHK「大相撲中継」より)安壮富士関、今

九州場所2日目

今場所十両になっちゃった若の里 さすがこの位置では負けないね 2連勝!大真鶴●{/v/}栃栄○ 押し出し  真鶴どうしたんだ?連敗スタート旭鷲山 今日限りで引退 突然なことでビックリしました心臓の病気が原因だそう 引退会見の時、師匠にもお辞儀して礼儀正しいね

九州場所:2日目

旭鷲山が引退を発表。心臓病を患い、ここ1年ほど苦しんでいたようです。

2006年大相撲九州場所2日目

旭鷲山が電撃引退、政治家に転身へ2006年11月13日(月) 10時0分 日刊スポーツ <大相撲九州場所>◇初日◇12日◇福岡国際センター モンゴル力士のパイオニア的存在の東左前頭10枚目旭鷲山(大島=33)が、13日に引退届を提出することが12日、分かった

二日目!!

魁皇、2勝目+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚ えー、今日は通院やら校了前やらで、相撲をまったく見れてませんorzということで、結果だけでも。そうそう、今日のお昼すぎ、ユキマニ&相撲ファンのてむさんから、

突然旭鷲山が引退したので、北桜不戦勝で初日。自分より後に入った力士が辞めての不戦勝というのも…

 「終わってみれば朝青龍」と言うが、そもそもの始まりは旭鷲山である。 平成4年3月、モンゴルから6人の若者が大島部屋に入門した。その中で最初に関取・幕内・小結に昇進。在位のほとんどは平幕であったが、その後続々とモンゴル力士が入門する先駆けとなった。 日本国
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。