David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寂しい旭鷲山引退

2006-11-13-Mon
旭鷲山が引退を発表しました。

(11/13)大相撲・旭鷲山が引退へ モンゴル人力士の先駆けとして知られる大相撲東前頭10枚目の旭鷲山昇(33)=本名ダヴァー・バトバヤル、モンゴル出身、大島部屋=が、現在福岡国際センターで行われている九州場所の初日限りで現役を引退することが12日、わかった。13日午前、日本相撲協会に引退届を提出し、同日午後に記者会見する予定。今後は未定だが、角界には残らない
  全文を読む。

今朝のワイドショーでは「帰国し国会議員選挙に出る。知名度は抜群なので当選は間違いない」というようなことを言ってました。すごいプランです!

旭鷲山の一見卑怯な、無気力ともいわれる、おそらくは若手の見本としてはふさわしくない相撲。わたしは楽しみでした。もっと見たいと思います。残念です。

もちろん、幕内の全員がああいう取り方をするのは嫌です。横綱や大関もしないでほしいです。でも、相撲は武道であり、格闘技であると同時に、スポーツですから、ルールの中であれば何をしてもいい、野球であれば、盗塁であれ、牽制であれ、敬遠であれ、隠し球であれ、じらしであれ、ま、許されるわけです。睨んだって透かしたっていいんです。ルールの中であれば。

相撲の理想とか、究極の強さとか、これぞ相撲というのもあっていいのですが、勝負ってもっと泥臭い、必死のものでいい。一番一番に命をかけるというのもそれは正しいでしょう。いつか、痛めている脚を無理して出場し、悪化して(?)休場を続けた力士もいたと思います。15日間の場所を全勝するのがそれはすばらしいでしょうけれど、15日間をどうデザインし今の自分の力に見合った結果を残すのか、怪我をしないで戦い、最高の結果を残すか、そういう現実派の人がいたっていいと思うんですね。もちろん全員がそれでは魅力はありませんけれど。

平幕在位連続58場所の記録を更新中で、九州場所初日までで通算560勝600敗2休。三賞5度。金星5個。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ

COMMENT



コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/1205-d1f7d493

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。

突然の引退

旭鷲山が初日限りで引退を発表心臓病で苦しんでいました引退後は母国で政治家を目指すそうです

旭鷲山引退(九州場所2日目)

■旭鷲山(不戦勝)北桜□  今日、旭鷲山が引退した。技のデパートモンゴル支店の異

引き際は正統派だった旭鷲山

旭鷲山が突然の引退を発表しました。これまで当ブログ「野さいスープ」のことを、時々「旭鷲山ブログ」と形容していましたが、今後どのような名前で呼んだらよいのか困っています。ちなみに旭鷲山ブログというのは

大相撲九州場所 横綱、大関陣は連勝スタート!

大相撲九州場所 2日目を終わって、   横綱、大関陣が揃って連勝スタート...!

旭鷲山引退-大相撲九州場所2006・2日目

大相撲九州場所2日目。 旭鷲山が引退届けを提出、今日記者会見が行われた。 心疾患
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。