David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

槇原盗用疑惑(2)~和解ばかりが収束じゃない。

2006-11-09-Thu
松本零士の抗議を「女性セブン」がとりあげて話題になった、槇原敬之が「銀河鉄道999」の中の有名な一説を盗用したという件の続報ですね。(関連記事→「銀河鉄道の時間と夢~槇原敬之盗用疑惑」

その後、松本零士は「法廷にもちこまないので、一言謝罪をほしい」ということで少しトーンを和らげていたと思う。それに対して槇原敬之の所属事務所も受け入れるような感じで「まもなく本人がコメントを出すから」ということで、これは収束へ向かうだろうと報道されていたのですね。

別に、事を好むわけではないのですが、おそらくこれは著作権法上問題になるような「盗用」ということにはならないだろうとわたしは思っていました。法がどのように判断するか興味があったので、他人事ながらこのまま収束というのもちょっと残念だと思っていたが、その後槇原が映画映画「あなたを忘れない」の完成報告会見に出席したときに、すっきりと対応してなかったのが気になってはいました。(→iza!:「松本さんへの謝罪は?」に槇原敬之「…」

つまり、事務所は穏便にすませたいのだけれど、槇原敬之本人はそんな気はさらさらないということなのだろうかとか、それとも、ばかばかしいのであえて問題にしないということなのだろうかとか、ま、いろいろ思っていたら、ホームページにコメントが出ましたね。
 → makiharanoriyuki.com:楽曲「約束の場所」の歌詞に関して

松本氏が本当に盗作だとお考えならば、メディアを使って騒ぎ立てるのではなく、正々堂々 と裁判で決着していただきたいというのが、これも当初からの私の意向です。さもなければ、上記の事態に鑑み、公式な謝罪を頂きたいと考えています。今回松本氏が思い込みにより一方的に「槇原が盗作をした」との主張を始められたにも拘らず、何の謝罪もなく今回の騒動をまたもや一方的に収束なさるおつもりであるのならば、同氏のそうした態度は大変に不快です。
  全文を読む……


「盗用」を完全否定し、むしろ逆に謝罪を要求するとういう内容になっています。

まず、「盗用」という問題が一つあります。そして、「盗用」だとじゃないとしても、かぶっているんだから何か言えよと、松本は言うのですね。礼儀を守ってくれれば、そういう形でおさめてもいいからと。ここに「礼儀」というかマナーの問題があります。

ところが、槇原は盗用してないのにそういう決めつけはなんだというのですね。事実無根で不快だ。謝るのはそっちの方だろうと。「名誉毀損」という言葉は使ってないけれど、名誉を守るためにHPでコメントしたという格好です。

「うやむや」を否定しているのですが、すぐに法廷に持ち込むとも言っていないわけで、一応、ボールは松本側に投げ返されました。昨日(8日付け)の中日スポーツには松本零士のコメントが載ってましたので引用します。

槇原さんの、無断使用は明らかだ。証拠もいっぱいある。私は、彼がゴメン、とひと言いってくれればいいと思っていた。事態を複雑にしているのは彼の方で、この時期になってコメントを出してきたのも、なにか裏事情があってのことだろう。万人はだませても自分自身はだませないということだけは、肝に銘じてほしい
  中日スポーツ(11月8日)

あいかわらずというか、「証拠もいっぱいある」とか「裏事情がある(ま、言葉的には「表に出てない事情」はみんな裏事情でしょうけど)」とか言っちゃってます。「だます」とかいう言葉も。これって、やっぱり不用意に言葉を並べすぎだと思います。

松本零士も謝罪するつもり全くなし。ただ、「法廷に持ち込まない」と言っています。あるいはこれで、とりあえず収束でしょうか?

つまり、お互い和解はしない。相手の主張を認めない。自分の主張はする。だが、法廷に持ち込まない。という形での、ちょっとすっきりしない、少し無責任っぽいけど、双方のプライドは守るという、とりあえずの収束の形かもしれません。

とりあえず、冷却期間をおかないと双方ともに譲れないのでしょう。ちょっとお互い気分が落ち着いたときに、「あのときは悪かったね」「いや、こちらこそ」みたく言えるタイミングをみないとなんともならないゾという、とりあえずの一種の大人の解決なのかなと思ってみたりしました。

裁判では松本の「証拠」しだいかなと思っています。槇原に「証拠がいっぱいあるってんなら見せてみろ」と言って欲しいです~。smart assな。

ブログランキング・にほんブログ村へ

※J-castニュース:「槇原VS松本零士 「盗作」騒動泥仕合」にトラバしときました。

COMMENT



言って欲しいですね

2006-11-09-Thu-21:09
証拠、気になりますね。
そこまで言うからには、確信があるのでしょうね。
ただ、盗用したという証拠なので、どんなものなのかなーと、興味津々。
槇原が「あのフレーズは松本零士の作品から引用したんだ」と証言しているテープとか?
って言ってたって聞いたくらいじゃ、あそこまでは言えないですよね。
しかも、いっぱいあるんですよね...。
僕は、出人さんの記事(と、リンクしてある記事)しか読んでいないのであれですが、
松本零士が独りで騒ぎ立てているようにしか感じられないんですよね。
何がしたいのだろうと...。意図が汲み取れない。
槇原が言うように、きっぱりすっぱりまるっと決着を着けてもらいたいなー。

☆にいみちゃんさん

2006-11-09-Thu-22:37
松本零士が中日スポーツに寄せたコメントですが、わたしは、ベタベタ打ったのですけど、ホームページにありましたんで、アドレス紹介しておきます。参考になるかと思いますんで。
 → http://tochu.tokyo-np.co.jp/00/tkhou/20061108/ftu_____tkhou___001.shtml

ただ、わたしには、どちらも「裁判する」とは言っていなくて、お互いに「訴えるなら訴えてみろ。負けないぞ」とだけ言っているようにしか聞こえないのですけど、違うんでしょうか。つまり、どちらも、逃げるつもりはないけど、自分から行くつもりはないと言ってるレベルで、これではこのまんま、いわば双方の遠吠えで終わるのかなって思えてなりません。

証拠って^^;

2006-11-10-Fri-01:34
著作権で松本氏側が勝つためには、槇原氏が『999』を読んだ経験がある、という「証拠」が必要なんですよね。

専門用語では依拠性、というのですが。槇原氏が『999』を読まずにあの詩を書いていた場合、それがどんなにそっくりであっても著作権侵害は成立しません。

松本氏も、vs西崎氏でたしか最高裁まで行っているはずなので、著作権について知識皆無ではないと思うんですが。そのあたり解って言っているんだかいないんだかが、よーわからんのです。

☆麻生さん

2006-11-10-Fri-09:43
わかっているとは、ま、わたしには思えないんですが、中日スポーツでは「盗用」ではなくて「無断使用」と言ってるんで、いくらか気をつけてるかなとは思うんですが、「証拠がある」とか「だます」とか、追い打ちをかけるようなことを言っちゃているんで、なんだか言えばいうほど、槇原が裁判したときに有利になるんじゃないだろうかと思っています。

続報が楽しみ~(^^;

2006-11-10-Fri-19:23
松本零士さん。歳を取るごとに裁判も増えていますね。
以前に、宇宙戦艦ヤマト著作権について裁判をテレビ局としていました。
自分が作った作品でも、一度アニメ化されると著作権がテレビ局に移ってしまうことが不満に思ったのでしょうね。
 ヤマト。999。と来て、今度は、ハーロックかエメラルダスで問題告訴が来るのでしょうか?

法に詳しい方がおられるようなので

2006-11-11-Sat-02:35
もしも著作権で松本氏側が勝つためには、槇原氏が『999』を読んだ経験がある、という「証拠」が必要ということであれば、それこそ家宅捜索や知人友人の聞き取り等を含む身辺調査が不可欠ということになりませんか?個人でそれをしなければならないならば、若干酷に思えます。
一方、松本氏は長年件のフレーズを折に触れてこれこそ作品の根底にあるテーマであると語ってきた(例えばここhttp://www.pref.ehime.jp/guide/ehimail/vol12/taidan.html
そうですから、漫画以外のどこかで目にした可能性も否定できないのではないでしょうか。(いや、私も今回初めて知ったのですが(ホンマかいなと検索したらどうもホンマらしい、と)。
そもそもアートにおいて、過去に極めて類似する表現が存在したときに、「知らなかったんだから知ったこっちゃない」といった態度は法律論はともかく、アーティストとしてフェアと言えるでしょうか。
素人としては、知らなきゃ何やってもイイということになりそうで若干の危惧を禁じ得ませんが。
また、名誉毀損で槇原氏が勝つ可能性もお聞きしたいところです。

☆としやさん

2006-11-11-Sat-05:55
いらっしゃい~。

松本零士ってそういうところがあるんでしょうか? いろんなところでそんなこと言われてますよね。わたしは作品を読んだことがあるくらいで、詳しくは知りませんけれど。

ま、法に訴えて境界をはっきりしていくことも権利を守る一つの手段だとは思いますので、ま、その道筋をつけていくのも、それなりに価値ある仕事かもしれませんです。

☆だんきちさん

2006-11-11-Sat-06:26
仮に、偶然同じ表現もしくは類似の表現にたどりついた時に、それを盗んだということにはなりませんよね。そこは今さら言うまでもない。だから、個人でも行政でも、ある人物が盗んだと断定する証拠(「盗んだかもしれない」ではない)、その個人がそれを知っていたと信じるに足る証拠を見つけるしかないでしょう。

「999」を読んだ証拠がなくても、あるいは、槇原の他の作品について類似の手法が複数見られるということを証明していっても、うちも同じようにやられたんだ。と言って、この二つを示せば、あるいはいかるかとも思うのですが、いずれにせよ、松本零士が「証拠がいっぱいある」と言ってるんですから、出してしまえば話が早いんですね。

「名誉毀損」ですが、実際に盗んでいないのに「盗用」「盗作」「だましている」「証拠がある」などと言われれば充分だと思うのですが違うんですか? 松本側の指摘の言葉が少し不用意かと思うんです。

類似性は誰でも一応認めると思います。だから、創作者としての落ち度を指摘することくらいはできるかも知れませんけれど。

ま、週刊誌に載ってレベルで「素人が何を言ってもいい」レベルのもののような気もしますけれど、こういう騒ぎをおさめるには裁判しかないような気がします。ただ、どちらの判断が出ても、あるいは負けた側は「俺は間違ってない」と言い続ける気もします。

コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/1199-b7f13456

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。