David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第31回報知映画大賞~プレスブログ協賛

2006-11-04-Sat
報知映画賞というのがあります。日本の各映画賞のなかで、一番最初に決定・発表される賞です。毎年読者票を募り、その読者票と選考委員票とが対等の価値を持つ1票として評価され、受賞作、受賞者を決めるのはです。

ただし、特別賞はエニグモ運営のブログサービス『プレスブログ』の投票と選考委員の投票のみになります。ブロガーの間で話題になったものに、選考委員の投票を加えて映画作品または個人を【報知映画賞・特別賞】として表彰するという仕組みになっています。
 → 詳細はこちら

また、プレスブログに登録しキャンペーン期間中に投票すると、「報知映画賞・特選試写会年間パスポート」(年間上映12回)が当たるチャンス(抽選で25組50名様)もあるんですね。

では、わたしの投票。

1)「お勧め映画」
スーパーマン リターンズ 特別版
「スーパーマンリターンズ」
娯楽大作です。他のヒーロー・アクションがヒーローであること自体に悩んだり、ためらったりする中で、スーパーマンは迷いません。堂々と正義の味方をし、そしてそれを市民が称える。大リーグのスタジアムに墜落しかけた旅客機を無事下ろした所なんてものすごくいい気分でした。ヒーロー映画の王道を、変化球なしにとりあげて、そのまま描ききった。音楽もオリジナルのままだったし。とてもよかった。実際これ、「スクリーンで見ろ!」と薦めまくりました。

2)「最高の作品」
ナイロビの蜂
「ナイロビの蜂」
日本ではラブストーリーとして宣伝されてたようですが、重厚な社会派ミステリー、それも国際ものでした。確かに愛の話であり、それも、夫婦間の深い愛の話です。夫婦がお互いを守るとはどういうことか?というこもと突きつけられますし、守られているという自覚ができているか?ということも問われます。同時に、一方的にどちらかが相手を守っていれば、果たして守られていいる側はそれでいいのか?ということにも関わってくると思います。そういう深い愛の話です。同時に、国際社会派ミステリーでした。音楽もよかったですね。アフリカや南米を思わせる。今も残っています。

3)「すばらしい俳優」
プライドと偏見
キーラ・ナイトレイ
「プライドと偏見」です。やや評判倒れだった話題作の「パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト」のアクションも評価していいと思いますが、「プライドと偏見」の自立した才気あふれる女性はすばらしかった。

以上です。

プレスブログの「第31回報知映画賞協賛キャンペーン」のページはこちらです。なお、投票期間は 2006年11月1日(水)~2006年11月13日(月) です。

にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキング

COMMENT



コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/1188-18c6a91d

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。

2006年度 国内映画賞一覧

06年11月に幾つかの映画賞が発表され、2006年度の映画賞レースがスタートしました。07年5~6月くらいに発表されるであろう、日本映画プロフェッショナル大賞と日本映画批評家大賞まで、可能な限り多くの映画賞結果を調べていきます。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。