David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教育偽装6~必修科目未履修よりもいじめと自殺

2006-11-02-Thu
「教育偽装」などをシリーズ化して楽しんでいたら、「出人さん、子どもの自殺はどう思うの?」とメールが来た。

ふっと思った。そうか、現在の教育問題を考えるときに、「いじめと自殺」の方が大切な問題なのか……と。それを、興味本位に「必修科目未履修問題」をとりあえげていたわたしは、お馬鹿だったんだろうかと一瞬ヒヤリとした。

一応言いわけがましく書いておくと、「必修科目未履修問題」は「現時点で、全高校の1割が関係する」(→参照記事「必修科目の履修漏れ、全高校の1割に 文科相答弁」)非常に広範囲に及ぶ、「事件」だということである。この記事の中で伊吹文科相は「必修科目の履修漏れ、全高校の1割に 文科相答弁」と述べたともある。

そうなのだ。他県のことはともかく、わが愛知県では、現時点(10月31日)までで教育委員会が一応ファクスや電話で調査を実施し10校で未履修が明らかになっていたが、他校でも未履修があるとの情報が寄せられていることから、立ち入り調査をすることを決めた。(→中日新聞の記事「全県立高対象に立ち入り調査へ」

そうでもしなければ終わらないだろう。おそらく実際のところを考えると、「事なかれ主義」という言葉もあるように、この問題に限らず関係者は面倒なことにはなりたくないと思っているに違いない。つまり、学校はバレたくない、役所(教育委員会、文科省)はこれ以上数を増やしたくないと思っている。生徒や保護者はこの時期に補習なんてまっぴらだと思っている。「なんとかうまくやって進学に有利にしたい」という思惑で一致していたのが、同じように「このままうまく切り抜けたい」という思惑で一致しているわけだ。だから、みんなで渡り始めたこの赤信号をなんとか渡りきりたいと思っていると思う。

たしかにそうなれば都合がいい。しかし、2月ごろになって発覚した場合にどうなるのか。秋に発覚した学校がきちんと補習をやって卒業を認定しようという時に、また、補習の時間の上限をめぐって救済策を国のレベルで検討してしまっている(→関連記事)わけだし、校長の中には自殺した人までいるという重みがある。今まだ隠していて、補習が間に合わない中で発覚してしまったら、生徒はもちろん、学校だって救われない。

まだほかにもあるんじゃないか?」、「うちもバレたらどうしよう……」では次に進めないのだ。うちのブログもこんな騒ぎはもうやめたくなってきた。政府も救済策を検討して、ちょっとよくわからないが、「上限を70時間として、50時間以上+レポートでも可」としたようだ。それはけっこうなことだ。(→関連記事

「補習やりたくても先生がいない」(→関連記事)という混乱もあるようだが、方針が決まればいろいろつじつまを合わせていくことはなんとかなる。出口が見えれば、ま、不平不満を口にしつつ、災いを転じて福となすこともできるのだ。

高校がせねばならないのは「補習」ではなくて信頼回復なんです。

●関連サイト
 → "必修科目逃れ”Wiki~高校リスト
 → 奥村弁護士の見解「「必修逃れ」の刑事責任」


「いじめと自殺」は追記にします。

にほんブログ村 ブログブログへ

さて、「いじめと自殺と報道」。

こんなに子どもの自殺が続くのは、ちょっとマスコミが扇情的にとりあげすぎという気持ちがあります。自殺するほどまでに追いつめられたら子どもさんはかわいそうで、気の毒なんです。そして、その苦しさから逃げ出すと同時に一気に解決するリミット技を出そうと思うのではないでしょうか。でも、変身もできないし、突然のステージアップも、特殊アイテムもない。命がけでマスコミを利用して、一気に逆転しようとしている、そんな気がします。

あるグループでいじめられたAさんは、だったら他のグループに行けばいい。他のグループがAさんを入れてくれたらそれで解決なんですよ。いじめじゃなくて、仲間はずれ、仲違いで終わる。もちろん自殺はしないですむでしょう。

【転部】野球部でいじめられ、うまくいかなくなったら、バスケ部へ変わるって無理なんでしょうか? もちろん、今さらレギュラーにはなれそうもないし、第一野球が好き、そんなことは考えられないことなのかもしれません。それはつまらないことであるいは誤りかもしれませんが、でも、そうしないと不登校になるかもしれないし、自殺が待ってるかもしれない。「不合理だ」「わたしは悪くない」「いじめる方が悪い」「学校がなんにもしてくれない」と言うよりは現実的な解決じゃないでしょうか。そこを「お前は間違ってないんだから」などと励ましたらどうなるの?

【不登校】いじめが理由で不登校になる子っていますよね、きっと。いじめ問題が不登校問題に変わっただけ? でも、その解決のための転校って解決もいちおうあります。地域にもよるのでしょうけれど。「不登校」だって、自殺よりは何倍も現実的な解決です。

以前NHKラジオで心理カウンセラー内田先生(だったと思うけど)がおっしゃってました。「不登校できる子は、学校にいかなくていいって言ってもらえている子です。やっと言えるような時代になったんです」みたいなことを。

【格差社会】勝ち組、負け組、格差社会、教育への競争原理の導入、その中に出てくることって、「負けられないというプレッシャー」ですよね。「必修科目未履修」だって過度な競争原理から来ていることなんです。それが制度を追いつめていったんですね。

「部活を変わる=負け組=人生の終わり」、「不登校=負け組=人生の終わり」。こんな図式の中で苦しんでるんです。こんな解決策はいじめから逃げることだ、いじめに負けることだ、負け組への第一歩だってことになったら、もう終わりじゃありませんか? 「そんなことでは決まらない」と誰か言ってあげてください。逃げることを認めてあげてください。一時的に。

【一発逆転】一度も仲間はずれにされたことがない人っているんでしょうか? 友だちに失敗を笑われたことのない人っているんでしょうか? いないと思いますよ。そのときにどうしたらいいか、ささいな仲間はずれ、ささいなからかいのうちから、なぜ仲間はずれなのか、なぜ笑われるのか、どう対応したらいいかを考えたいですね。それで軌道修正できることもあれば、でも、不幸にしてだめなことも、ま、ありますよね。

そこで「逃げだす」選択肢を持たないで、がんばっちゃうと悲劇が待っているかもしれません。自分の力ではどうにもならない。なんとかして、自分の苦しみをわかってほしい、つらい気持ちをわかってほしい、そして、自分の正しさを認めてほしい。誰かに。この誰かは、子どもなら「友だち、家族、先生」だと思うんです。

「友だちも、家族も、学校も……」って時に、命がけで出す究極の禁じ手が「自殺」なんじゃないでしょうか。マスコミが動く、学校が動く、親が動く、友だちが同情してくれる。そして、いじめっ子たちをこらしめてくれる。謝罪してくれる。負け組から一発逆転勝ち組へ、なんとなくそんな気持ちが、自殺が連鎖を助長しているような気がしてなりません。

【報道なのか糾弾なのか】マスコミの取り上げ方、ネットもそうかもしれません。非常扇情的にというか、表層的に断罪し、糾弾する感覚があるんです。

イジメは悪いことで、それから自殺へ追い込まれるのはお気の毒です。そういう悲劇を繰り返さないためには、マスコミは原理原則的な糾弾に終わらず、現実的にどうしたら子どもを守れるかということを、提案的に扱ってくれたらいいじゃないでしょうか。

【教育改革】ちょっと極論を言うようですが、ま、ブログですからいいでしょう。「義務教育に競争原理を導入」ということが盛り込まれたときに、「子どものリストラ」が起きたりしないでしょうか? 競争原理にとって不利な要素になる子どもの排除、学校の目標からみて負要素になる子どもの悲劇ですね。お前はもう負け組だって。

実はすでに始まっていて、一部の私立校が義務教育段階から選抜をして、競争に堪えうる子だけを入学させエリート教育をする。それを公立でもやるというわけでしょう。もう避けられないのでしょうか。

COMMENT



きょうは、子ども

2006-11-02-Thu-11:36
きょうは、子どもがメールしたかった。

☆ピーター

2006-11-03-Fri-21:52
いつでもいいよ~メールして。

コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/1183-4cef2b56

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。

「中2イジメ自殺 」 一連の報道から

2006年10月11日に福岡県の三輪中学校の生徒が「イジメが原因」との書置きを残して自殺した。直後の報道の加熱は病的なものを感じさせられ、しかも、あきらかに偏った方向に世論が進んでいくのを危惧せざるおえなかった。なによりも、どのような理由があるにしろ、命 ...

イジメを助長する行為

七田式で右脳開発へようこそこういうのはイジメ、もしくは「イジメを助長する行為」とは言わないのかな? http://www.youtube.com/watch?v=W6GowET2vGs お笑いなら何でも許されるわけではないし、そもそも、なにも面白くないぞ。これを笑っている人間の神経が...

いじめで自殺するぐらいなら・・・・ってこれはちょっとやりすぎでしょ 

確かに、目には目を・・・という言葉がありますし、いじめる側に何らかの問題があるのですがちょっとこの文章は過激ですね。イジメ自殺が社会問題となっている。新聞でもテレビでも識者と称する恥知らずたちが、おためごかしの助言を垂れ流して小銭を稼いでいる。イジメに..

「いじめ」は国民病?  任意整理 時事速報

「いじめ」は国民病?  任意整理 時事速報いじめの問題が後を絶たないですが、命を絶ってそれで終りという悲しい現実が社会問題としてあります。借金で死ぬ人人間関係で死ぬ人死が本当の解決じゃない事わかってるけど、なんで、安易に大切な命を絶ってしまうのか・・・・

債務整理 時事速報 教育の問題は教育で解決する!

債務整理 時事速報 教育の問題は教育で解決する!義務教育と受験との間にある問題はなぜ起こるんでしょうね?私が思うに、真の教育が存在していないんだと思いますね。試験のための勉強が優先で、実際に学んだことが使えない学生がそこにいるわけです。じゃぁ、何が起こる

反日デモと戦争といじめと

心に残る出会いのエピソード反日デモの報道を知って思ったのは結局ああゆう集団心理って戦争している人の心理と一緒なんじゃないだろうか?って事。デモ中に暴動を起こして人や車を襲ったりするのは虐殺を行った日本軍の兵隊の心理に似ているような気がする。つまりもし彼ら
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。