David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画:「ミリオンダラー・ベイビー」~DVDで

2006-10-21-Sat
ボクシングの映画です。いい話というか、嫌な話というか。

31才でボクシングを始めるのは遅すぎるのか? いや、一般的に遅いかどうかなんて関係がない。やりたいときがはじめ時、人生に遅すぎるなんてことはないのだという、妙におっさんに優しい言葉で、マギー(ヒラリー・スワンク)はボクシングを始めます。実際、わたしが合気道を始めたのも、ま、おっさんになってからです。

当初、名トレーナーのフランキー(イーストウッド)に何度も断られるが、ねばり強くフランキーのジムに通い、正式に「弟子」とは認めてもらえなくても自分なりの練習を続けます。まず、元ボクサーのスクラップ(モーガン・フリーマン)がマギーの熱心さに打たれて隠れてコーチをし、さらに、マギーの上達ぶりはフランキー認めら、コーチをしてもらえるようになるのですね。

家庭的に不幸で寂しい状況を乗りこえ、また、すばらしいフランキーのコーチングのおかげで、マギーもほんとうによく練習し、みるみる実力をつけていくのです。そして、ついに世界戦を向かえ、チャンピオンをも打ち破ることができそうなのですが、さて、……。

「ミリオンダラー・ベイビー」ってタイトルは、「百万ドルの価値のある恋人」なんてふうにとれるけれど、「(うまく育ったら)百万ドルを手に入れることのできるような赤ん坊」くらいの意味にもなるだろうし、「百万ドルかかるかわい子ちゃん」なのかもしれません。

 事故とはこんなものなのかも知れませんけれど、なんか、こういうアクシデントが決定的な力を持つ映画って、なんかしみじみ哀しくなりますね。結末はさらに言葉がありません。

ミリオンダラー・ベイビー
ポニーキャニオン (2005/10/28)
売り上げランキング: 268
おすすめ度の平均: 4.06
5 生きることの厳しさ。重くて、深い作品
5 人生は長さではなくどう生きたかに価値がある
5 極上のコラボレーション!


にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキング

COMMENT



ミリオンダラー・ムービー

2006-11-10-Fri-14:13
初めまして、達也です。
『ミリオンダラー・ベイビー』を観てしまいました。
あまりの素晴らしさに、しばし放心状態です。
それにしても、3人の演技と監督クリントの
志の高さに拍手です。
最後に明かされる『モ・クシュラ』の言葉に
救われます。
この映画、正に『ミリオンダラー・ムービー』です。

P.S トラバさせてくださいね

☆TATSUYAさん

2006-11-10-Fri-22:30
こんちわ。コメント&トラバありがとうございました。

TATSUYAさんの評価が高いのが、今ひとつです。全体的にはよくできた作品だろうと思うのですが、個人的には、ちょっとああいう結末は嫌です。確かに現実は甘くないとは思うのですが、あまりにも悲劇的すぎて。ちょっとね。哀しいです。

またよろしく。

コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/1158-898d4ad7

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。

『ミリオンダラー・ベイビー』は、ミリオンダラー・ムービーだ。

強烈なボディ・ブローの様な一本。 ミリオンダラー・ベイビークリント・イーストウッド (2005/10/28)ポニーキャニオン この商品の詳細を見る父親達の星条旗を観て、クリント・イーストウッド監督の勇気に感銘し、
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。