David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吉岡しげ美って森田童子じゃん!

2006-10-02-Mon
わたしは自分はクルマではカー・ラジオ派で、それもNHKラジオ第1派。政治討論やってればそれを聞き、料理番組やってればそれを聞く。落語や漫才は目的にたどり着いても話が終わるまで聞き、なぞかけ問答も好きで、夏休み子ども電話相談室も大好き。もちろん、大相撲も好き~。月曜の歌謡ドラマも結構楽しみだったりする。俳句や短歌教室みたいのもおもしろい。でも、だめなのは、浪曲だとか、のど自慢かな。ああいうのはちと苦手。浪曲は楽しめるようになりたいと思うのだけれど。

先日、たしか9月29日か30日の午後だと思うのだけれど、「クラッシック調の曲というか、西洋伝統的曲調というのか、そうしたものに、日本語の詩を載せて歌う」(ってことだと思うんだけど、音楽は詳しくないからわからない)という手法の歌手が出演していた。ヨシオカシゲミという人だった(ラジオでは字がわからない。家に帰って番組表を検索して吉岡しげ美だったことを知る)。
わたしが一番きれいだったとき
吉岡しげ美
インディペンデントレーベル (2003/07/01)
売り上げランキング: 224,259
おすすめ度の平均: 5
5 雰囲気がいいです

NHKラジオでは、その吉岡しげ美が茨木のり子の「わたしが一番きれいだったとき」を曲に載せて歌っていた。音楽の術語を知らないので、書けないのだけれど、わたしが思ったのは、これ森田童子じゃん! ひょっとしたらそういう言われ方、吉岡しげ美には不本意かもしれない。でも、わたしの中ではもう、そう。誰がなんと言っても(笑)。森田童子は吉岡しげ美になっていたんだ……という確信というか、狂信に近い思いがある。(笑)

吉岡しげ美のコンサートが近くに来たら絶対に行くぞ。行って質問してやる。「あなたの正体は森田童子だろう!」って。
狼少年~ウルフ・ボーイ
森田童子
ワーナーミュージック・ジャパン (1993/04/10)
売り上げランキング: 300,217
おすすめ度の平均: 5
5 たとえば僕が死んだら そっと忘れてほしい


「吉岡しげ美 コンサート」でググる。

ブログランキング・にほんブログ村へ

思うに二人の類似性は文学と音楽の邂逅ということがあるのかもしれない。メッセージ性の強さというよりも、叙情詩と音楽が邂逅している。そして、詩を楽曲の一部としているのではなくて、詩の世界を重視して、それでいて楽曲が楽曲を主張するというか。そんなことなのかと思うがわからない。

COMMENT



コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/1123-f1cc6142

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。