David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成18年度秋場所~十四日目

2006-09-23-Sat
結びの一番は座布団が舞い飛びました。もの言いがついているのがわからないほど、座布団が舞い、朝青龍も気づかずに花道に下がりかけるほどでした。

控えから安馬が栃東に破れるのを見て、優勝が決まった朝青龍が、こともあろうに、千代大海に勝ったのですから。直前の白鵬の相撲を見ながら、解説者が誰が終盤5敗で来る白鵬を予想したでしょうというようなことを語っていましたが、それと同じくらい、誰が、朝青龍が千代大海に負けるなどとことを予想したでありましょう。なにしろ、昨日安馬が朝青龍と当たることになって、対戦の終わっていた栃東以外の3人の大関のうちで誰がはずされるかというときに、結果的には琴欧州だったのですが、「千代大海をはずす方がいい」という声も何人かから聞きましたから。……なんて、なんか勝った千代大海が気の毒になるような言い方ですが、いい相撲でした。そんな下馬評というか、事前の予想に反する、いい相撲、そして千代大海の勝利でした。わたしも驚きの目を持って見ながら、「いけ、あきらめるな! もう一本行け!」と、思わず千代大海を応援していました。

引いて、土俵際まで下がったときはダメだと思いましたが、あきらめずに、また行きました。そして、また危うげでしたが、また行きました。朝青龍はちょっと取り乱したのか、ひだりからぶん殴るような張り手を千代大海に見舞っていきましたね(笑)。おもしろ~い。ええと、よく似た殴り合いみたいな展開は、今場所の白鵬×雅山で見たと思うのですが、それよりももっと二人とも闘志を感じ、わくわくしました。

もの言いは「朝青龍の髷に千代大海の手が」というものでした。髷を手で握っていたかもしれません。髷をつかまないように手を握っていたかもしれません。もう、そういうところはわからないのです。このくらいギリギリのところになると、もの言いできちんと判定するのがいいです。ただ、ま、勝負審判に師匠がいるのは、やむないこととはいえ、ちょっとアレですけどね。

稀勢の里×安美錦
安美錦の外掛けで安美錦10勝目~。

雅山×露鵬
雅山勝ち越し。露鵬が土俵下で憮然としているのが印象的。気持ちもわかる。どうせなら前半戦で当たりたかったぜ~と思っているのかも。だって、なんか、のびのびしちゃってますから、雅山。大関に上がりたいでしょうけど、ま、ものは考えよう。「大関にあがりたい」ではなくて、「のびのびとりたい」がいいと思います。結果大関にしてくれるんならそれでいいし、ずっと関脇だって、自分の相撲がとれれば、その方が楽しいと……、ま、そう思えたら楽なんでしょうけどね。

黒海×琴光喜
黒海やっと勝ち越し。三役前後って実力が伯仲してるってことなんでしょうね。

安馬×栃東
いい相撲だったと思います。安馬みたいな小さい相手は、栃東の技が通じるというか、うまくとれると思います。結果はもちろんいろいろですけどね。栃東9勝目。

白鵬×琴欧州
人気力士同士の対決だけど、今ひとつ。白鵬はあんなことで負けてはいかんと思うが、やっぱ精神面であと思います。ま、そこはみんな理解するでしょう。少し休ませてあげたいですね。

朝青龍×千代大海
負けたあとに、がっかりした顔をしない朝青龍が好き。悔しさに目を潤ませながら、新たに闘志を秘めるような朝青龍が好き。もっと、もっと、朝青龍をこういう顔にしてやってください。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
ブログランキング

COMMENT



2006-09-23-Sat-21:12
こんばんは。
ご指摘の点、まだわかりません。なかなか見えないのです。
朝青龍のあの顔が好きなのですかぁ。なるほど。私とは間反対ですね。私は負けた後の朝青龍の今日のような顔をみると、逆方向に進むんです・・・。人それぞれで面白いですね。

☆Gacktohさん

2006-09-23-Sat-21:23
そうですね。

Gacktohさんと話していると、「闘志の出し方」「感情(怒りや悔しさ)の出し方」という点について、いつも逆だなと思いますね。

相撲というのは様式美でもあるので、なんというか、そこから逸脱するのはよしとしないのが、理想であり、また、主たる理念でもあるべきですよね。

だから、そういうことがわかっていながらも、押さえきれない感情の表出に人間らしいというか、弱いわたしとの共通点を感じるのかもしれません。

あの表情こそ朝青龍の向上心だと思います。

コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/1103-f6e6d018

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。

2006年 9月場所 14日目

 14日目                         「どうなる終盤戦・きょうの一番!」【解説】正面(幕内)武蔵川 向正面(幕内)浜風【アナウンサー】正面(幕内)刈屋富士雄<副音声>【ゲスト】デビッド・シャピロ 【実況】マレー・ジョンソンお薦めの..

大相撲秋場所:14日目の主な取組結果

昨日、玉春日が13日目にして今場所の連敗を12でストップさせましたが、 何と!!上には上がいるもので(^^;) 十両の武雄山が14日目を終わっても、未だ勝ち星なしの14連敗真っ只中(ToT) 今場所も残すところあと1日… 果たして崖っぷちの1勝を挙げることができるのでしょう

秋場所十四日目

千秋楽を待たずして横綱が優勝を決めました。●琉鵬 - ○里山(9/23 NHK「大相撲中継」より)十両の里山関、中に入ってしぶとく捻りや投げで新入幕の琉鵬関の体勢を崩し寄り切りました。●春日錦 - ○潮丸(9/23 NHK「大相撲中継」より)速い出足で十両の潮丸関が一気

朝青龍、連覇!18回目のV!-秋場所14日目

朝青龍が14日目に優勝を決めるのは珍しくないけど、負けて決まるのは珍しいんじゃないかな?千代大海に負けたが、すでに競争相手の安馬が敗れていたため、土俵に上がる前に優勝が決まっていた。安馬は実に良くやった。彼は平幕なんだからね。優勝争いを演

秋場所十四日目、ドルジ優勝

相撲を見たあと飲みに行って、酔ったまま書きまーす。☆豊桜今場所は十両の取組をほとんど見てなかったので知らなかったけど、豊桜が時間一杯の塩のときに、おまじないをしていたらしい。指で虚空に「三役」と自分の

燃えよドラゴン……秋場所14日目

<十両> 隆乃若-龍皇 今日は右ヒザのサポーターを外している隆乃若。

平成18年秋場所 14日目

雨がね。降りまして。前半の取り組み、ほとんど見られなかったーー。(涙) 里山の相...

朝青龍が13勝目、白鵬は8勝に終わる…大相撲千秋楽

大相撲秋場所千秋楽(24日・両国国技館)――前日、18度目の優勝を決めた朝青龍は、白鵬を寄り倒して13勝2敗とした。 綱取りが期待された白鵬は結局8勝止まり。 琴欧州は千代大海を寄り切り、ともに10勝5敗。安美錦は11勝で来場所の新三役を確実にした。三賞
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。