David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成18年度秋場所~十三日目

2006-09-23-Sat
十三日目は三敗にかろうじて引っかかっていた力士が全滅。二敗で一人残っていた安馬は結びで朝青龍に破れて、ついに朝青龍と二差。白鵬と雅山の再挑戦の場所、把瑠都上位挑戦の場所、露鵬出直しの場所は、どうも、例によって「終わってみれば朝青龍」ってことになりそうです。ほんと、朝青龍の速さ、完璧さにはうなります。

結びの二人と、ここにきて気持ちが切れ、足の調子が悪いんじゃないかと心配な白鵬をのぞいて、どうも他の力士たちは、お互いに食い合ってるって感じで、いったい誰が好調なんだとか、次にイクんだとか、そういうのが見えない感じですね。露鵬や黒海がいいと思えばダメ、稀勢や安美錦がいいと思えばダメで、琴光喜があれかと思えば勝って。結局どういうことかというと、若手もベテランも大差がないということになってくるかもしれません。

普天王×黒海
普天王負けちゃいましたけど、よくなってきてるんで、来場所期待です。ま、黒海も期待。え? もう来場所の話(笑)

稀勢の里×岩木山
この対戦はおもしろいですね。岩木山の体当たりというか、ぶちかましを稀勢の里は避けませんからね。

露鵬×琴光喜
露鵬はなかなか上手がとれず、琴光喜にうまくとられました。土俵に追いつめられて一瞬とれたようですが、すぐに切られたし。やっぱり、まわしをとれせないようにうまく取られると露鵬は勝てませんね。

雅山×玉乃島
雅山勝ちました。よかったです!

●栃乃洋×琴欧州
栃乃洋の強烈なすくい投げを残しながら、琴欧州が体をあびせるように上手投げ。琴欧州はめでたく勝ち越しです。

白鵬×千代大海
大海に悪いですが、誰が大海の勝利を予想したでしょうか? そのくらい白鵬が悪いです。心まで折れてしまったのかという感じです。言ってないと思いますけど、どこか悪いのでしょうね。右膝かどこか。ま、もうゆっくりやすんでやり直せばいいでしょう。

安美錦×栃東
相撲の上手い二人の対戦。こちょこちょって感じで、栃東の勝ち。こういう相撲もあるという感じでした。

朝青龍×安馬
白鵬がしたように安馬につきあった相撲にはしてくれませんでした。朝青龍は立つと、さっと左上手で、しめこみの後ろの結び目あたりとってそのまま身体を寄せ、体を浴びせる感じで寄り倒しました。全く危なげがありません。

ちょっと話は変わりますが、今場所から相撲記事にはにほんブログ村というランキングのサイトの「格闘ブログ」のバナーが貼ってありましたが、この夏、カテゴリをさらにサブカテゴリ分けという企画がスタートし、わたしは「だったら相撲のサブカテ作ってよ」というような提案をしたら受け付けてももらえました。

しかし、なかなか返事がなかったので、「せっかく作るなら、秋場所中に公開してよ」とお願いしました。そうしたら、最初は「無理」という返事だったのですが、なんと13日めの金曜日にメールがあっって、対応してもらえたようです。ということで、今まで格闘ブログのバナーから「相撲」のバナーに変えました。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
ブログランキング

COMMENT



コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/1098-bb7d01dc

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。

秋場所十三日目

1敗朝青龍関、3敗安馬関となり横綱が限り無く優勝に近付きました。○春日錦 - ●十文字(9/22 NHK「大相撲中継」より)両者負けられない状態ですが、十文字関は春日錦関の叩き込みに足がついていきませんでした。●豊真将 - ○土佐ノ海(9/22 NHK「大相撲中継」より)

大相撲秋場所:13日目の主な取組結果

幕下以下各段の優勝力士が決まることの多い13日目♪ 幕下では、2年前の高校横綱で、全日本選手権でも3位入賞を果たした 期待の大器・澤井(西6枚目)が7戦全勝で優勝し、来場所の新十両も濃厚(^^)v 高校時代からのライバル・栃煌山(=影山)ともども、 早く角界を背

あまかけるりゅうのひらめき……秋場所13日目

影山に続いて澤井もクル━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!!! 澤井が幕下全勝優勝!来場所はとうとう関取?

秋場所十三日目、まだ終わってませんが

秋場所もいよいよ大詰め。幕下、三段目、序ノ口で優勝が決まりました。すべて7戦全勝です。 幕下:澤井 三段目:若三藤 序ノ口:倉園澤井キタ━━(゚∀゚)━━!!影山には一歩遅れましたが、来場所ついに十両昇進です

秋場所:13日目

白石負け越してたぁ~。 澤井は7戦全勝で幕下優勝。立合い高かったね。いや相手が低すぎたと言うべきか?

勝ち越しの目標達成

 十三日目、幕下以下各段の優勝決定日。・序ノ口 全勝の倉園(西2)が魁ノ浜(西34)を下して優勝決定。・序二段 まず全勝どうしで栃ノ心(西49)が土岐皇(東78)を破る。三段目の全勝池原と当たった時大竜(西15)も勝ち、栃ノ心と時大竜で千秋楽決定戦。・三段目 全勝の池原(東

大相撲平成十八年九月場所 十三日目

今場所の行方も大変煮づまって来ました。 今日は一敗の横綱朝青龍が只一人二敗の安馬を蹴落として、他の力士との差を星二つとしました。 明日千代大海に勝てば優勝決定。 其の他の取り組みで記憶に残ったのは、大関栃東が今場所好調の安美錦(過去対戦成績三勝二敗)に勝

安馬敗れ、朝青龍が18度目の優勝…大相撲14日目

大相撲秋場所14日目(23日・両国国技館)――朝青龍が2場所連続、18度目の優勝。一人、3敗で追っていた安馬が栃東に敗れた時点で、千秋楽を残して横綱と2差以上が確定したため優勝が決まった。 しかし、朝青龍は乱暴な相撲の末、千代大海の素首落としに前のめりに
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。