David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成18年度秋場所~七日目

2006-09-16-Sat
「横綱・大関の全敗はいつ以来か?」というのを調べていたら、過去に大関が6人だったことはないということが改めてわかった。(→wikipedia「大関」) 果たして、白鵬が横綱挑戦に失敗して、雅山が大関取りに成功すると、これまた史上初の6大関時代となる。5大関でさえバブリーのようにいわれているが、果たして6大関なんてことがあり得るのだろうか。ま、そういう心配しなくてもいいように、白鵬にはがんばってもらいたいところである。

安馬×岩木山○
岩木山と組んで、左に回ろうとしたときに、なんか左足の親指と人差し指(足だけど?)が、土俵に突き刺さるように立て曲がり込んだらしく、それが原因で膝から落ちてしまいました。そのまましばらくたてず、ケンケンをするように土俵から落ち、若い衆の肩を借りての退場となりました。全勝から1敗なんですが、不詳の具合では、このあと休場あるいは、騙しながらの出場となります。ここまできて休場はしたくないんでしょうけれど、なんとか明日から元気で出て欲しいと思っています。上位との対戦が残っていて、安馬自身も楽しみにしてるようだったの、ほんと元気でやってほしいです。


●玉春日×露鵬
露鵬落ち着いています。荒々しさも、怒りを顔に浮かべることもありません。今後が楽しみですね。

雅山×稀勢の里●
昨日朝青龍を倒した、日本相撲界期待の星との一番でした。雅山よくやったと思います。気分のいい勝ち方。娘さん達にもなにか報告していると思います。これで4勝3敗。あまりギリギリだと「6大関だしなぁ~」と言われかねないんで、「6大関になるけどなぁ~」と言わせるようにしないとダメだと思う。

白鵬×琴光喜
白鵬が今ひとつよくないということは言われていたのですが、ここに来て連敗です。今日の相撲だって、まわしがとれなくてというようなことを言っていました。届いたんだけど切れたようなこと。白鵬って確かにそういう自分の型になると強かったんですが、そうでなくてもしぶとく残して、よくしのいで、最後勝ちに結びつけたりしてたと思うんですね。そういう相撲じゃ「内容が悪い」と評価されているんでしょうか? ま、自分の形、白鵬相撲ってのができることがいいことなんでしょうが、けっこうどんな不利な体勢でも勝てるというのが白鵬の良さではないかと思うんですね。それでも勝ったらいいとおもうんですけどね。でも、あらためて解説者のいうことって侮れないと思いました。ま、そりゃそうなんでしょうけど。もう3敗めですので、優勝でもしない限り横綱は無理でしょう。

黒海×栃東
どんなにか栃東の膝が悪いんじゃないかと心配していたが、黒海相手にこういう有利な形で相撲をコントロールして、勝利を手にすることができるなんてなかなやるな。やはり、勝機が見いだせるから休場しないで続けているんだと思う。がんばれ! 栃東!!

●時天空×琴欧州
琴欧州の豪快な上手投げが決まる。時天空は土俵に叩きつけられる。膝の完治はまだなのかもしれないが、こんな動きができるのだからかなりいい。やはり。今場所は期待してよさそうだ。白鵬がもたもたしているようなら、先に横綱争いレースの有利に立つチャンスかもしれない。

●魁皇×玉乃島○
魁皇本日より休場。玉乃島不戦勝で初日。

●出島×千代大海
千代大海期待していいんでしょうか。確かに動きはいいですね。

朝青龍×把瑠都
朝青龍の朝青龍たるゆえん。スピード。把瑠都は相撲をさせてもらえませんでした。朝青龍の充実した顔と、把瑠都の呆れたような顔が印象的でした。

ブログランキング
にほんブログ村 格闘技ブログへ

COMMENT



コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/1083-c68a3f22

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。

大相撲秋場所七日目

日経新聞より愛子様の相撲観戦後のお言葉。>弓取り式も「きれいだった」と喜び、愛子様、グッジョーーーーーブ!!!!!!!!!!!!!オーガストが涙するようなお言葉を賜り、大変有り難く存じます。愛子様崇拝加速中です。昨日の横綱大関全敗にわーわー思っていたので

大相撲秋場所:7日目の主な取組結果

今日の中入り休憩時の企画は、5分24秒の“相撲界あの年・平成元(1989)年”♪ 真っ先に思い出されるのは、1/7(土)の昭和天皇崩御で 初場所初日が1/9(月)へ繰り延べになったことですが、 その初場所で平成初の幕内優勝となった北勝海に、 14日目に優勝を決めた一番で

本番は朝青龍の勝ち(秋場所7日目)

○朝青龍(押し倒し)把瑠都●  ついにこの日が来た。秋場所7日目にしてついに前頭

秋場所七日目、はやーい

今場所から変わったオープニング。ポワ~ンという効果音と共に画面に現われる。その直後に映った土俵上の様子を見ると、ちょうど北勝岩-猛虎浪戦の勝負が決まった瞬間だった。てことは、NHK地上波放送だけではなく、BSでも

大相撲秋場所7日目、白鵬の綱取り消える

 大相撲秋場所7日目。白鵬は琴光喜に敗れて3敗目。内容が悪いし、前半戦での3敗だ

白鵬、連敗・・・

大相撲 九月場所 七日目 [主な取り組み] ●白鵬(送り出し)琴光喜○ ○朝青龍(押し倒し)把瑠都● ●出島(押し出し)千代大海○ ■魁皇(不戦)玉乃島□ ●時天空(上手投げ)琴欧州○ ●黒海(寄り切り)栃東○ ○雅山(突き落とし)稀勢の里● ●安馬(肩透し)

「横綱」が称号に戻る日

 七日目は満員札止め。・幕下 もと十両の玉光国(西49)勝ち越し。前田(西18)も勝ち越し。八木ケ谷(東5)はもと十両の武州山を下して3勝目、霧の若(西5)はもと十両大雷童を下して五分、もと幕内玉飛鳥(東3)は若ノ鵬を破って勝ち越し、白馬(西2)はもと十両大翔大を下して五分

魁皇今日から休場……秋場所7日目

そんなわけなので今日の対戦相手だった玉乃島に初日が出ました。何かのキッカケにでもしてください。魁皇の休場はある意味ホッとしたわけで、ホッとしたついでにずっと琴光喜のモノマネしてたらウザがられました。北

出直し、白鵬-大相撲秋場所2006・7日目

秋場所7日目。 注目の対決一つ目、白鵬-琴光喜。あぁぁ~....やはり負けてしま

06秋場所7日目

大真鶴●{/v/}須磨ノ富士○ 押し出し北桜○{/v/}時津海● 寄り倒し 昨夜も美味しそうな手料理食べてましたね{/hiyo_en2/}安馬●{/v/}岩木山○ 肩透かし 膝からガクッと落ちたよ 痛そうだ・・・大丈夫かなぁ雅山○{/v/}稀勢ノ里● 突き落とし 立会いで圧倒!!白鵬●

秋場所七日目

中入りは平成元年の特集。今年が18年という現実にちょっとクラっとしてしまいました。現在の貴乃花親方貴花田が史上最年少力士として誕生したのがこの年。そして小泉首相が「感動した!」の名言を残した貴乃花親方が最後に優勝したのが5年前の夏場所。国技館にズラーっと並

2006年 9月場所 7日目

 7日目                         「相撲界あの年~平成元年~」【解説】正面(幕内)芝田山  向正面(幕内)千賀ノ浦【アナウンサー】正面(幕内)吉田賢東レポ:三瓶  西レポ:岩佐<副音声>マーク・シリング、マレー・ジョンソンお薦め..

大相撲平成十八年九月場所七日目

今日も色々と事件のあった日でしたね。 贔屓の安馬が土を喰らってしまい、幕内に全勝力士がいなくなりました。 これで、我こそはと立ち上がる力士が沢山出てくるのかな。 一敗に横綱朝青龍、関脇琴光喜、西前頭筆頭露鵬、東前頭六枚目安馬がいる。 二敗には大関琴欧州、
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。