David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画:「ポワゾン」~DVDで

2006-09-21-Thu
「ポワゾン」の意味は「毒」ですよね。フランス語。スペルは「poison」。英語読みは「ポイズン」。どうやら、「その愛は毒(ポワゾン)。人生を狂わせ、心まで裸にする」ってことらしい。ジュリア(アンジェリーナ・ジョリー)が「毒」でありに魅せられた者たちの人生を狂わせる。そして、ジュリア自身の人生も……? ま、そういう映画ですわ。
ポワゾン
ポワゾン
posted with amazlet on 06.09.21
松竹 (2004/11/25)
売り上げランキング: 9,942
おすすめ度の平均: 3
4 キューバの風景がとてもきれいだが、アンジェリーナは・・・
3 アンジェリーナのファンだけど・・・
2 レスリング?


そこで思い出すのが、中学生の頃ホームズ読んでいて、どうにも理解できないでいた「毒婦」って言葉です。ま、中学生には無理ですよね。しかもド田舎の素朴そのものでしたから。「毒婦」を理解するなんてのは。大人だって、ほんとうの毒婦を知るのはそうとうなリスクがいる。できることなら知らないで一生を終えた方が幸せかもしれません。ジュリアは確かに「毒婦」です。

その毒婦を正式の妻にめとることになったのが、堅物(?)バーガス(アントニオ・バンデラス)です。もう悲惨です。気の毒です。でも、誰でもちょっとうらやましいかも~(笑)。特に男は(笑)。

これだけの衝撃を受けたのは、「カルメン」を見たとき以来です。ほんと毒だわ~(笑)。
carmen./カルメン 完全無修正R-18エディション
ハピネット・ピクチャーズ (2004/11/26)
売り上げランキング: 3,815
おすすめ度の平均: 4.33
5 小悪魔のようなマリア
4 官能映画ではありません
4 それでも、愛していました。


「ポワゾン」てのは邦題で、原題は「ORIGINAL SIN」(原罪)だって。すご~い。その愛に対して肯定度がかなり違うよね。「毒」ってのはやはり否定的じゃん。「それは毒」「毒だと承知で飲む」という感じかな。その分そうとうにおいしそう。おいしいけれど身体に悪いというか。

それにたいして「原罪」ってのはもはや避けられないわけでしょう。宿命というか、誰でも負うものというか。「やむを得ない」という感じですよね。甘くない。苦しいって感じ。相当イメージが違うな。すべてを滅ぼし、罰を受けようと、それを負っていかなければならない、生まれながらの罪でしょう。

「R-18」? とんでもない。20代やそこらではわからんでしょう(笑) 「R-30の毒」です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

COMMENT



コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/1068-3a05bbdd

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。