FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

(元)大関貴ノ花の逝去に思う、大相撲の今。

2005-05-31-Tue
(元)「大関貴ノ花」(二子山親方)が亡くなった。新聞・ワイドショーでは特集が組まれている。

貴ノ浪の断髪式に来たときの、二子山親方の相貌を見て多くの人は驚いたに違いない。あの「角界のプリンス」といわれたすっきりした面影とはほど遠いものだったからだ。口腔底癌、それが二子山親方が闘った最後の強敵だった。

中学記録を持つ五輪候補にも名を連ねた水泳選手が、「水泳では飯が食えん」と角界入り、既に横綱を引退しした兄の先代二子山親方に弟子入りした。そして、最年少での十両昇進、良きライバル輪島とのそろっての大関昇進、あの北ノ湖を優勝決定戦でやぶっての初優勝、千代の富士に敗れ引退を決意したと言われる一戦、若貴の入門から兄弟横綱の誕生へという親方としての手腕など、ワイドショーは「貴ノ花」の、人気と努力、そして成功のストーリーを映し出した。

そして、同時に、結婚から幸福な家族生活、若貴の確執、親方自身の離婚という、なんともいたたまれない家庭崩壊の姿を合わせて報道している。確かにワイドショーのワイドショーたる所以であるなと思わせた。ま、わたしもそれを見て、ちゃっかりこれを書いているのだけれど。

それにしても、このワイドショーの中で貴ノ花の相撲として放送された取り組みにおける、貴ノ花の時代の立ち合いの高さはなんなのだろう。貴ノ花-高見山戦にしても、貴ノ花-北ノ湖戦にしても、今なら注意を受けそうな立ち方である。仕切りから立つときだが、わたしが見た限りでは手をついてない……。そのまんま、すっと立って肩から当たったって感じである。

軽量の貴ノ花が相手であるが故に、高見山も北ノ湖も作戦としてそれなりの立ち方をしたのだろうか……。

……最近の力士は怪我が多い、ウェートばかりやって基本がなってない、まだひよっこだ……現役力士に対する親方などからのキツイ注文や厳しい批判はよく聞くが、同じ目で自分たちのビデオを見てみると果たしてどうなるものか、いささか興味深い。

わたしの知り合いでアマチュア・ボクシングを習っている男がよく言っているのは「公開している技術は進歩する」ということである。将棋でもなんでもいいのだが、いくら必勝戦法と言われても、研究されることによって打ち破られる、そういうことがボクシングにも当然あるというのである。もちろん、格闘技の場合は「技術」だけでなく、個人の肉体的な強さや運動能力にもよるので勝敗は一概には言えないが、「技術」はそうして進歩していくというのである。

こういうことを思うとき、大相撲はどうなんだろうか? と思う。外国勢ことにモンゴルの力士たちが強いのは、精神的なハングリーな面もあるのだけれど、彼らがそれまでの日本の相撲にはなかった「技術(モンゴル相撲の技術)」をなにかしら身につけていてということはないのだろうか? その「技術」の存在に気づかずに、ただ日本の相撲の伝統的な戦い方、技術だけを受け継ぎ、親方に言われるままに取り組んでいたのではダメなのではないかということだ。……(そんなことはプロだからとっくに気づいていて、きっとなさっているんでしょうけれど。)

貴ノ花の冥福を祈るとともに、彼の愛した大相撲がいっそう発展することを願ってやまない。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ ※相撲関連のブログが少ないので、susanさんのブログ大相撲Diary「名大関よ、さらば」の記事にトラックバックしました。

COMMENT



2005-05-31-Tue-12:34
自分のブログでもこのこと書こうと思ったんですけど、タイミング的に。。。相撲はたしかに手をつく立ち会いが基本なんだけど、貴ノ花が現役のときは一番そこが甘かった時代。それがあまりにもひどくなっていたので、(おっしゃる通りです)今の「手をつく立ち会い」を徹底化したのは昭和59年のことです。
だから、今あれを見るとお粗末に見えるかもしれないんですが、個人的には手をつく立ち会いを徹底させるよりは、何でも良いから立ち会いに合わせて立つ方が相撲活性化につながると思ってます。あの腰の高い立ち会いのメリットは、立ち会いの変化などに対応しやすいことや、立ち後れによる一方的な敗戦が少なくなると言った点が上げられます。
手を突く立ち会いは、まさにその逆。最近の力士はすぐ前に落ちるようになった、とか、勝負があっけなくなったと言われる一因は、立ち会いの「正常化」にある気がします。
だから相撲内容の活性化のためには、手をつくことよりも、相手と合わせることを第一にした方が、盛り上がると思うんですけどね。
貴ノ花と言えば、大鵬に引導を渡した一番とか、北の富士との突き手かばい手、初優勝、高見山とのマゲの差で敗戦、千代の富士との世代交代の一番などが有名ですが、個人的には関脇時代の輪島との熱戦がベストバウトです。あんなにすごい取組なのに、勝負時間が長いことと、あと輪島が協会を離れたとかいろいろあってでしょうが、あんまり放送されたことがない。
あの一番こそ相撲の醍醐味なのに。。。
あれを見た人は、今の相撲も注目したくなるくらい影響力があると思うんですが。。。

2005-05-31-Tue-13:12
さっそくどうも。

こういう玄人はだしのレスがほしかったんです。ありがとうございました。

貴ノ花と輪島って、なんかひたすら「つり」をやってましたよね。「つり」を外掛けでこらえて、また「つり」返してみたいに。

2005-06-17-Fri-12:49
トラックバック有難うございました。
mimurastepさんの言う通り、あの頃は手を着かない立会いが主流でしたね。大まかに言うと、手を付く→手を付かない→手を付くという風に変化してるそうです。私が生まれる前の時代なので伝聞ですけどね・・・。互いの呼吸が合ってれば手を付かなくても良いというのが個人的意見です。

稽古方法ですが、部屋によって自由にやっていいことになってるのでいろいろ取り組んでる部屋とそうでない部屋とにわかれてますよ。プロのトレーナーと栄養学や運動生理学などを勉強してる部屋もあります。ただ、筋トレに夢中になるあまり昔から受け継がれている四股や鉄砲など相撲の動きが組み込まれた稽古をおろそかにしてしまう力士が一時期増えてしまい、近代的なトレーニングを嫌う親方もいます。うまくバランスが取れてれば良いんですけど難しいようで(^_^;)

長文失礼しました<m(__)m>

☆SUSANさん

2005-06-18-Sat-02:16
コメントありがとうございました。今年は「名古屋場所を見に行く」を目標にしていますよ。もうじきです。

コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/106-3a3b14f7

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。
HOME