David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「睡眠ダイエット」宣言

2006-09-08-Fri
3つの質問に答えてみてください。別にコメントに書く必要はありませんけど(笑)

最初の質問。

睡眠時間は何時間ですか?
 ア 9時間以上
 イ 7時間以上~9時間未満
 ウ 5時間以上~7時間未満
 エ 4時間以上~5時間未満
 オ 4時間未満

わたしは、「ウ」ですね。午前1時~2時の間に寝て、朝6時半~7時の間に目を覚ましますから。

じゃ、次の質問。

肥満ですか?
 ア 太りすぎ
 イ やや太りすぎ
 ウ 適切
 エ やや痩せ気味
 オ 痩せすぎ

わたしは「イ」です。持ち前のポジティブ思考(?)で選ばせてもらいましたけど。

最後の質問。

睡眠時間と肥満は関係すると思いますか?
 ア 関係する。
 イ 無関係。
 ウ わからない。または、興味がない。



はい。OKです。そこで、昨日見つけたこんな記事です。

寝不足がデブを招く!
 「肥満は、睡眠習慣が影響しています。それは、さまざまな疫学調査によって明らかです」
 こうきっぱり断言するのは、国立精神・神経センター精神保健研究所老人精神保健研究室の白川修一郎室長。睡眠研究の第一人者である。
 白川室長によれば、米国で行われた疫学調査では、睡眠習慣と肥満の関係がはっきりと出ている。
 たとえば、コロンビア大学が32歳~59歳の男女8000人を対象に行った調査では、「7-9時間」の睡眠時間の人に比べ、「4時間以下」の睡眠の人の肥満率は73%。「5時間」の睡眠の人は肥満率が50%。
 「つまり、睡眠時間が5時間以下の人は、肥満している人が多いのです」

  夕刊フジブログの記事の全文を読む

記事によると、単なる統計だけでなくて、睡眠不足だと「食欲亢進ホルモン(血中グレリン)が増え、食欲抑制ホルモン(血中レプチン)が減る」傾向にあるそうです。そして、寝る直前にまで食べる傾向になり、さらに、寝不足で日中身体がだるく、運動量が低下。エネルギー代謝が落ちるため、食べたものが身体にたまりやすく燃焼もされにくくなる。結果として、肥満へのスパイラルに入り込んでしまうんだそうですね。

これは、わたしはそういう傾向にありました。もっとも今では、けっして運動不足ではありません。ただ、「睡眠不足」「寝る前まで食べる」という生活習慣は見直せていませんね。あ~ダメだわ~と思いましたが、待てよ、ということは、寝ると痩せるってことですよね~(笑)。

そこで、「睡眠ダイエット宣言」です。記事によると昼寝もいいらしい。じゃ、「昼寝ダイエット宣言」もできますよね。

もう、今までの常識は古い! 食事制限も、運動も必要ありません。どうして痩せないか? それは睡眠だったのです! どうです、今日から始めませんか? あなたも睡眠ダイエットを!
 一 いつもより30分早く寝ましょう!
 一 寝不足の時は15分間のプチ昼寝をとりましょう!
 一 寝る前4時間は何も食べないようにしましょう!


こんなんで、うまくいくかな……。でも、試してみても損はなさそう(笑)。

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

COMMENT



コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/1057-15f45aa2

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。

▼ 隠れ糖尿病の恐ろしさ

糖尿病はさまざまな病気の原因となることが多い。 脚の切断, 失明, 腎不全といった合併症を引き起こすことにある。 だが, それ以上に注意が必要なのは 「隠れ糖尿病」と呼ばれる糖尿病予備軍である。 この予備軍,心筋梗塞や脳梗塞を起こすリスクは 通常の人に比べて2倍~3倍
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。