David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

深刻な医師不足に小手先の調整か?

2006-08-31-Thu
医師不足が深刻なようです。

医学部定員増員へ 医師不足10県、24年ぶり方針転換    

厚生労働、文部科学、総務、財務4省は31日、医師不足が深刻な地方の10県について、平成20年度から暫定的に大学医学部の入学定員を増やすことを正式に決めた。また、自治体からの要請に基づき緊急避難的に医師を派遣するシステムの構築など総合的な医師不足対策を盛り込んだ「新医師確保総合対策」を発表した。
   iza「医学部定員増員へ 医師不足10県、24年ぶり方針転換」全文を読む……

記事によると、これまでは医師が増えると医療費も増加するんで、医学部の定員を抑制してきたんだそうです。ところが、医師の都市部への流出・偏在が深刻なことから24年ぶりの方針転換を図ったと。

今度の入学生が医師になるのに、いったい何年かかるのでしょう。最短で8年くらいなんですかね。よくわかりませんが。10年かな。で

今回定員増になるのは、青森、岩手、秋田、山形、福島、新潟、山梨、長野、岐阜、三重の各県だそうで、これらの県は、平成16年に人口10万人あたりの医師が200人未満で、100平方キロあたりの医師数が60人未満だった。

東北はともかくというと、東北に悪いんですが、こういう話題になって東北が上がってくるのはわからないでもないんです。ところが、中国四国地方は入ってないですよね。九州も入っていてもよさそうなんでしょうが、というとやっぱり九州に悪いんでしょうけど、ま、しかし、一応そういう疑問が出ますよね。てのは、偏見なんでしょうか(気分を害したらすみません)。でも、岐阜とか三重とか、長野とかって、そんな感じはしないですよね。ところが入っちゃってる。山梨も。きっと、条件のいいところへ流出しちゃうんですよね。

ところが、愛知が入ってないんで、心配ないかというとそうでもないんです。検索するとこんな記事がありました。

深刻な東三河地域の医師不足!愛知県に対策を要望してきました

全国ネットのテレビでも報道されましたが、東三河、とりわけ奥三河で深刻な医師不足が起こっています。
新城市民病院が救急車の受け入れができず、設楽郡から走ってきた救急車が、豊川や豊橋まで患者を運ばなくてはいけないという事態まで生まれているんです。

また、産科医と小児科医の不足は、奥三河だけでなく、豊橋や田原の地域でも起こっています
  斎藤ひろむ・ブログの記事の全文を読む……

愛知もやばいんです。豊橋がやばいってことは、おそらく日本全国どこでも不足してるんじゃないでしょうか。こんな10の県だけでいいのかと思います。おそらく、小児科とか、産婦人科というような科目を限定したら、関東だって、関西だって、中国・四国、九州だって、よほどの都市部に行かない限りは医師は不足してるんじゃないでしょうか? 北海道も。

医師不足の原因は、「これまでは医師が増えると医療費も増加するんで、医学部の定員を抑制してきた」とあります。これって、なんなのでしょう。

社会保険庁は不正だらけで年金がやばいっていうのに、医療費の増加もこわいんで、医師の育成を抑制してきた結果だなんていうのに。いったい、この国の福祉というのは、どうなんているのでしょうか。少子化対策、高齢化対策の観点からいっても、非常におそまつですね。

まじ、「なんとかしてほしい」です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

COMMENT



コメントの投稿












※スパム対策のため、半角英数字のみのコメントは禁止設定してあります。
また、半角「-」の5文字以上連続もコメント内に書き込めません。



秘密にする

TRACKBACK

※この記事のトラックバックURL(コピーしてお使い下さい)
  
http://smartass.blog10.fc2.com/tb.php/1038-688612d4

※管理人が承認したトラックバックのみ表示します(12時間以内には表示処理をするつもりです)。

地方の医師不足 

ML(メーリングリスト)仲間の1人から、メールが入りました。要は、「秋田の病院で、働いてくれる医師を探している」というのですが、その責任者が、1948年生まれ団塊男性。鈴木医師。彼の人生の選択を、紹介したくなり、ここで引用します。 鈴木医師の経歴を簡単にまとめ
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。